LAL vs. PHI:レイカーズがおよそ1ヶ月ぶりに連勝!

December 17 [Mon], 2012, 16:47
現地時間16日(日)に行われたロサンゼルス・レイカーズ対フィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦は、コービー・ブライアントが34得点、メッタ・ワールドピースが19得点、16リバウンド(キャリアハイ)、ドワイト・ハワードが17得点、11リバウンドを記録したレイカーズが111-98で勝利した。クラークス

クラークス CLARKS ナタリー 黒レザー (CLARKS 111547G NATALIE) メンズ(男性用)

爪先からかかとまで、ぐるりとクレープソールが包み込んだユニークなデザインは、歩くほどに真価を発揮します。また他のモデルと比べ細身でシャープな為、一味違ったファッションにも、もちろんベーシックなファッションにも対応できるはず。クラークス「ORIGINALS(オリジナルス)」シリーズの中で、異彩を放つ人気の名品のひとつです。


徐々にではあるが、攻撃の形が出来つつあるレイカーズ。この日は第4Q序盤に91-82とされ、二桁あったリードを詰められる展開に。だが、9-3のランで再び安全圏に得点差を広げて勝利。11月16日から20日の間に記録した3連勝以降としては、初の連勝となった。クラークス

ブライアントは、「全員が自信を持って、お互いを信頼し合ってプレイしている。上手くプレイ出来ているし、コミュニケーションも円滑。チームに向けられる質問や疑問は理解しているけれど、必ず自分達の時期がやってくる」とコメント。CLARKS

更に「序盤にリードを広げることができた。セカンドユニットがステップアップしてくれたおかげ」と語った。

敗れたシクサーズでは、ニック・ヤングが30得点、エバン・ターナーが16得点、タディアス・ヤングが14得点を記録。CLARKS
今季初となる3連敗となった。

タディアス・ヤングは、「とにかく練習を続けて、勝利の流れを取り戻さないと」と語り、ニック・ヤングは、「相手は終盤に3Pを多く決めた。相手を称えるべきだね」と、試合を振り返った。CLARKS
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/collectiondoor/index1_0.rdf