シンプルストキャス手法(SS手法) 

2012年03月11日(日) 20時24分
難しい考え方はいりません。
たった2個の指標だけ使うだけの手法です。
難しい理屈もいりません。
単純で平易なシンプル売買ルールがよいです。
あとは実行するだけです。
誰でもできる簡単な手法であります。

◎ 5分足を使う。1分足でもよいです。
◎ ストキャスを使います。
◎ MT4を使う。MACDなどを使うのなら他のチャートシステムでOKです。
◎snake(期間24)を使います。(MACDでもよい)

設定方法
ドル円(USD/JPY)やEUR/USDなどスプレッドが安い通貨で。
5分足チャートを表示させる。1分足でもよいです。
ストキャス(Stochastic)を使います。

%K 5
%D 3

に設定します。
80−20ラインに設定する。
snakeは24に設定します。
スネークの代わりにMACDでもよいです。MACDはデフォルト設定を使います。

売買ルール


ショートのケース

ストキャスの2本線(%K、%D)が80ラインを越えて%Kラインが%Dラインを下抜けした+スネークが赤でショートする。MACDならショートサインを確認です。
逆に20ラインを割り込みかタッチで%Kラインが%Dラインを上抜けしたら決済とします。


ロングのケース

ストキャスの2本線(%K、%D)が20ラインを割り込み%Kラインが%Dラインを上抜け+スネークが緑でロングする。MACDならロングサインを確認です。
⇒逆に80ラインを越えたかタッチで%Kラインが%Dラインを下抜けしたら決済とする。

ストップは設定しない。あくまでも80−20の設定ラインで決済とします。
指標発表時間はトレードしない。それ以外の時間はOKです。

これまでストキャス1個のみのやり方ですが、トレンド追従指標のスネークも使うので弱点を克服した感じになります。
トレンド追従型の指標であればスネークでなくてもよいです。
MACDなんかでもかまいません。

アドバイス
怖いのであれば1枚からスタートさせます。
慣れるに従い、枚数を増加させればよいです。
最初はデモ口座かペーパートレードでやりましょう。