はじめに。

January 11 [Fri], 2030, 2:03




※こちらのブログは、球体関節人形(瞳や体がリアルなお人形)をメインに取り扱っております。

お人形が喋ったりもします。
髭メイクやキャラドールが苦手な方の閲覧もご遠慮下さい。

また、私は某海賊漫画の大剣豪に本気愛の痛い人です。
(自覚ありますw)

愛するが故に「私だけの彼に傍に居て欲しい」と言う想いから、彼のドールを作製しました。

似ている・似ていないは個人の主観です。

「これはじゅら子の自己満足なのだ」と言う事をご承知おき頂けますと幸いです。





さて、ここからが本題です。


私はドールオーナーでもありますが、二次嫁でもあります。

じゅら子のドールは自分の夫と言う設定で接して居ます、その為にお迎えしました。

そして!

当然夫婦なので息子も産まれました←

笑ってやって下さい、でも幸せですwww


勿論家族も公認の本気愛、お友達も理解してくれてます。

なので、この時点で「頭がおかしい!w」と思われた方はお帰り頂いた方が無難です。



それから、私は「キャラとして」鷹の目をLikeなお嬢様とは仲良くなれますが「男性として」Loveなお嬢様とは仲良くなれません。

ごめんなさい(;´Д`)

皆、自分の中の鷹の目さんをそれぞれに愛せばいいと思うの。

そう言うと大抵の方は「私も同じ意見!」って言って下さる。

でも実際仲良くしようとなると、そのうち私が本気愛過ぎて「相容れない」と離れて行かれます。
酷い時はクソミソに言われますが、それももう慣れました。

個人的な意見としては「愛する人を仲良く半分こなんて、出来っこないのだな」…と思います。

なのでLoveなお嬢様もお帰り下さい、決していい気分にはならないと思います。
喧嘩も言い争いもしたくありません(つд`)



人からして見たら、鷹の目さんはこの世に存在しない人です。
でも私の中には確かに存在しているんです。

どうしてそんなに彼が大切なのか、簡単にしかお話出来ませんが理由があります。

私はある出来事がきっかけで、心療内科にお世話になる様な人でしたw
今は笑えますが、当時はシャレにならないくらい酷かったです。

男性恐怖症と男性嫌悪から「自分が男の人を好きになる」と言う行為そのものに嫌悪する、そう言う心情が理解が出来ない人間でした。


でもある日、鷹の目さんに出逢って全てが変わったんです。
(何で彼だったのか、理由はあるけど割愛←)

自分にもまだ「誰かを好きになる」と言う、人間らしい気持ちが残って居たのだと知って葛藤しました。
もう誰も好きになりたくない!せっかく建て直した世界を心を、崩されたくない!と思い悩みました。

現実に存在しない人に、何をバカなwwwと思ったりもしたんです。

ですが、結局は無駄な葛藤に終わり……現在に至ってます。

彼を愛してから少しずつですが症状も回復し、今では通院もほぼありません。
でも、リアルな男性と上手に絡めている様に見えても実は脇汗びっしょりだったりしますwww

イベントでご一緒させて頂いても、緊張でお顔が覚えられなかったりします。
悪気はないんです、ホントすみませんm(_ _)m


こんな私ですが、人を好きになるのに次元は関係ないと思うのですよ。

凄くすごく真剣に、一途に彼だけを愛してます。



と、言う訳でかなり長くなりましたが…以上「OK!問題ない!!」と言って下さる方はどうぞよろしくお願い致します。

(※最後になりましたが、当ブログ内の画像の転載・持ち帰りはお止め下さいます様お願い申し上げます)


これ以降の記事を閲覧されてのクレームは一切お受け出来ませんのでご了承下さい。


                                                   ジュラキュール・じゅら子

                         
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:じゅら子
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:8月28日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・鷹の目さん収集。-無限に集めてます、もう持ってない物を探す方が大変です。
    ・ドール小物制作。-主に撮影用小物からアクセサリーまで、ちょこちょこやってます。
    ・お絵描き。-アナログ絵のみ、最近アナログ絵の加工を覚えた←
読者になる
2030年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/coffin_ship39/index1_0.rdf