コーヒークロロゲン酸とは?

October 20 [Tue], 2015, 4:39
コーヒークロロゲン酸とは、生のコーヒー豆に含まれるポリフェノールの一種で、体の中の余分なものを分解・燃焼しやすくします。しかし、コーヒークロロゲン酸は熱に弱いため、焙煎済みの普段飲んでいるコーヒーにはほとんど含まれていないのです。それを生のコーヒー豆から抽出し、熱によるクロロゲン酸の損失をおさえ配合したコーヒーができたそうです。ホットでもアイスでも飲めるおいしいと評判のコーヒーです。さらに脂肪の燃焼力を高めるためにコエンザイムQ10とL-カルニチンも配合されています。この3つの相乗効果で体の余分な脂肪などを分解・燃焼させをます。

口コミでは、このコーヒーをしばらく飲んでいると体がぽかぽかしてくると言われていて、冷え性にも効果的かもしれません。他にもお腹の調子がよくなってベルトの穴が一つ小さくなった方もおられました。おいしく飲むだけなので、きつい運動はしたくないという方にもおすすめです。
愛飲者の方の話では、おいしくて甘く感じてブラックで飲んでおられる方もいるようです。ブラジル産の厳選した豆を使用し、独自の焙煎方法で豊かな風味と甘さを出しているそうです。フリーズドライ製法で、一度コーヒーを凍らせて細かく砕き、真空状態にして水分を蒸発させる製法のため、スプレードライ製法よりも風味を保てるそうです。


このコーヒーでダイエット効果を強く引き出すためには、運動の約30分前にコーヒーを飲んで脂肪を燃焼しやすい状態にしておき、脂肪燃焼しやすいウォーキングなどをすると効果的なようです。

食後に飲むと消化を促進させてくれるので、上手に活用してくださいね。他にも利尿作用がありむくみを解消してくれるので、手や足のむくみが気になる方、お試しください。さらに、コーヒーを飲むと糖尿病のリスクを低下させると言われています。

年齢を重ねていくと、代謝が悪くなり、脂肪が溜まりやすく痩せにくくなります。L-カルニチンはアミノ酸の一種で、体内に豊富にあると余分な脂肪が燃焼され、太りにくい体になります。このコーヒーに配合されているのでコーヒーをのんで、体に溜まった脂肪を分解・燃焼させて太りにくい体をつくりましょう。ただ、適量は3杯くらいと言われていて、くれぐれも飲みすぎないように注意してくださいね。







このコーヒーの詳しい情報は↓下記の画像をクリックするとご覧いただけます。



P R
カテゴリアーカイブ