絶対の0%。 

2005年06月10日(金) 1時57分
人に優しくするなんて、呪うのに比べればなんて簡単な事か。
人を労るなんて、憎む事に比べればなんて簡単な事か。
絶望の味を知ってしまったら。

後悔の苦さをもう一度味わう位なら、恋も愛もときめきもいらない。
私の中のどこかがそうやって悲鳴をあげている。

十重二十重に心の襞の奥に塗り込めても瞑い穴は未だ塞がらない。
気を抜くと次の瞬間には一歩も踏み出せない底なしの深淵が周りを浸食していこうとする。

だから、私は独りでしかいられない。
絶望を上回る希望を求め、それに縋れる日を夢見たい。
全ての可能性を失った絶対の0%の悪夢から解き放たれる日を信じたいのだ。

TESTテスト 

2004年06月16日(水) 14時14分
本文テスト本文テスト本文テスト
本文テスト
本文でどんなことができるかのテストです。

にゃんこー 

2004年05月18日(火) 22時48分
なにげにオッドアイのシロさん。
可愛いです。

にゃんこー 

2004年05月18日(火) 22時03分
平気で我が家に入るシロさん。
大胆です。

にゃんこー 

2004年05月18日(火) 22時01分
最近の我が家のアイドル、シロさん。

愛犬。 

2004年03月31日(水) 18時07分
タケさんの愛犬、オスカル。

桜 2。 

2004年03月24日(水) 0時53分
朽ち折れた可能性という名の大樹の前で途方に暮れる事しかできない。

人の愛し方も、己の存在意義も何もかも忘れてしまった。

それでも私は、生き続ける。

貴女が望まなかった夏もまた越えていこう。

桜。 

2004年03月24日(水) 0時43分
桜が、また咲いた。

もうすぐ1年。
桜のように散っていった貴女。

あれからずっと貴女を想う日々が続いている。
何度、自問自答しただろう。

答えなどあるはず無いのに。
あるのはただ、絶対の0%。

箱根・乙女峠にて。 

2004年01月18日(日) 11時47分
箱根に来て疲労困憊で帰るの巻。

やはり、飲み過ぎはいけません。

尻。 

2003年08月13日(水) 22時29分
後姿。
P R
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cof
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

最新コメント
アイコン画像づら
» TESTテスト (2004年06月23日)
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/cof/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる