休職に至る経緯 その1

2005年11月25日(金) 21時32分
もともとドジなうえに失敗すると自分を責めすぎる傾向があり
二十歳前後(就職してすぐ)の頃、失恋と仕事のストレスが重なって
鬱状態(今よりひどかったかも?)に陥りつつ、実家から無理やり職場に通っていた。

はじめは鬱なんて言葉すら知らず、自分が病気だと気づくのに時間がかかった。
新聞の生活面に、鬱のチェックリストが載っていて、やってみたらまんまと当てはまり
自分は「鬱」らしいと認識した。
しかしその後も精神科に抵抗があってなかなか行けず
頭の中で「死ね死ね」と声がする
(というか自分で自分に向かって心の中で言い続けてしまう)
ような状態のまま、だましだまし出勤していた。
まともな状態ではないので、当然トラブルを起こしまくって問題児となっていた。
クレームの電話に耐え切れず泣き出すことなんて当たり前だったし
トイレに閉じこもって30分間なき続けることも珍しくはなかった。
周りは本当に困り果てていたと思う。それでも「まだ若くて未熟なんだ」
という捉え方をされており
病気とは誰も気づかなかった(少なくとも指摘する人はいなかった)。家族でさえも。

当時(今から7〜8年前)は、現在ほど鬱についての認識は
世間に広まっていなかったし
精神科にかかったり、せっかく就いた仕事(地方公務員)を
辞めるなんてことになったら
親がどんな顔をするか・・それを恐れて、
毎日死にたい気分を抱えて出勤するより他に方法がなかった。

このブログの趣旨

2005年11月24日(木) 12時09分
高校を卒業してから就職してかれこれ9年目であり
年齢も27歳と立派なオトナになっているはずが
中身的には圧倒的にコドモであることを自覚せざるを得なくなりました。
このままではいけないので、勉強のノート代わりにブログを使っていこうかと。
細かい話はおいおいしていきます。

休職開始

2005年11月23日(水) 13時08分
一昨日から正式に休職することになりました。鬱で。
最近多い、ありがちな話ですね。
疲れない程度に更新していきたいと思います。
復帰するための休みです。寝ます。
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:codomootonaka
読者になる
Yapme!一覧
読者になる