睡眠中は刺激

March 04 [Mon], 2013, 14:03
睡眠の目的は、心身の休息、
記憶の再構成など高次脳機能にも深く関わっているとされる。

下垂体前葉は、
睡眠中に2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する。
放出間隔は睡眠によって変化しないが、放出量は多くなる。

したがって、子供の成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は睡眠時に特に促進される。
その他、免疫力の向上やストレスの除去などがあるが、完全に解明されていない部分も多い。

睡眠中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、
移動や外界の注視などの様々な活動も低下する。

一般的には、閉眼し意味のある精神活動は停止した状態となるが、
適切な刺激によって容易に覚醒する。

このため睡眠と意識障害とはまったく異なるものである。
またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、
睡眠中に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。


布団圧縮袋
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:きんさん
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/coderop/index1_0.rdf