ションボリに弱い私 

March 04 [Sun], 2007, 23:26
私もつくづく押しに弱い女だなぁと・・・反省というかあきらめ?
押し+どうしても駄目でションボリってパターンに弱いんだなぁ
もっと、こう、抵抗力をつけないと。
燈子にシャメ送ってとせがまれ愛犬とシャメ撮って送って、風呂はいるって言ったら裸送れとせがまれ足で勘弁しろといったらションボリするし・・・
う〜・・・どんな羞恥プレイだよ
無理だって。羞恥羞恥
いつも見てるんだからいいじゃんって言ったら
いつも暗いしドキドキしてるからまともに見れてないって言うもんだから、ちょっときゅんとしたとか絶対言えない。
結局のところ背中送ってそれで返信こなくなったんだけど・・・来ないのはこないので心配。・・・ションボリされるのは本当に苦手なんだ。
余裕に見える燈子が羨ましかったけど、余裕じゃなかった・・・の、かな。ごめんなさい。

今日は本当は私の方がしょんぼりしてたと思う(わからないけど)
バイトが休みで用事も無かったから、まぁ入れようと思えば入れれたんだけどそろそろ疲れがたまってたみたいでずっと寝てた。それでけっこういろいろ考えたんだ。
まず私と燈子の関係について。不毛だよな・・・・と小一時間。。
出会いが出会いだったけど、私は・・・いったいなにがしたいのだろう・・・。最近は人を好きになるという感情が良くわからなくなってしまっているんだ。というかもともとわかってなかったのかもしれないけれど
燈子とエッチして、一緒にいるのは心地が良いけれど、どこか寂しい。
私は彼女と何がしたいのか・・・そして何を求めているのか何をしてあげられるのか
ただ、今は・・・私がそばに居てあげないと崩れそうな気がしたから・・・心地よさだけに全て委ねて流され流して。
私は何がしたいのだろうか。
たまに、疲れる。けど、彼女からメールが来ればうれしいし、なんだかんだ言っても実際に会って触れ合えば、すべて馬鹿らしく思える。
自分ではわからないが思いのほか溺れているのは私の方なのだろうきっと。

きっかけ 

February 10 [Sat], 2007, 21:52
私と燈子が出会うきっかけとなった日



学校が春休みになり実家に帰ってきた。
暇でしかたがない。
私は変化を望むが変化を恐れ結局最後は不変を望む。
が、しかし暇とはおそろしく私を変化の波へと飲み込もうとする。

暇に飲み込まれるとろくなことがないと毎回学習している。だからバイトを始めることにした。
面接は受かった。しかしバイト開始まであと5日もあった。
やはり、暇なのだ。

友人Y(彼女の実家は県外・・・しかもかなり遠い。飛行機だ。・・・で只今春休みのため実家に帰省している)から電話が来た。内容はというと、


「あたしさーこっちっで春休み2ヶ月半だけの彼氏3日以内に見つけるわー」


・・・・どうやら決意表明らしい。さすが、クラブNO1のお姉さまは言うことが素晴らしいわ。
私はその一言にとてつもない変化を感じ無意識に影響を受け動いてしまった。

電話を切った後とある出会いの掲示板に書き込みをした。
そこを見てメールをくれたのが燈子だった。

テストテスト 

February 09 [Fri], 2007, 21:51
てーすとー
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:流花
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・アート
    ・映画
    ・ファッション
読者になる
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる