骨折ではなく捻挫。 

2006年11月04日(土) 20時15分
 
 
先日、ある人が、 【 うつ 】 の治療(リハビリ)について、
『 骨折で喩えるなら、骨がひっついた(ひっつきかけた?)状態。
  んなもんで、鍛錬やら何やらかんやら…云々 』
と、アドバイスしているのを知りました。


これは、間違えた認識だと思います。

確かに 【 骨折 】 の リハビリであれば、
骨が癒合していれば、どんなに痛かろうと、
ガンガン鍛錬し、筋力の増強を計るのが望ましいことでしょう。


仮に 【 うつ 】 を、整形外科領域の疾患に喩えるなら 
【 捻挫 】 が、妥当だと思います。


捻挫の治療は、『 痛みが完全に無くなるまで 【 安静 】 』 が 基本です。

痛みは本人にしか分かりませんから、
【 痛くない 】 と 思って 動かしてみても、 【 痛い 】 と 感じたら、
もう 動かしてはいけません。

本人が 【 まだ痛い 】 と言っている段階で、
ガンガン歩いて、ガンガン鍛えるっ!!
と、言っている人がいたら、これは大きな問題でしょう。


ましてや、他者が、
『 それくらいの痛みは 我慢しなければいけない 』
などということは 口が裂けても 言ってはいけないのだと思います。


生真面目な 【 うつ 】 の人は、
『 これくらいの辛さは 我慢しなければ… 』
と、考えて、無理をしてしまいます。

これは、【 捻挫 】 の患者さんが、
『 これくらいの痛みは 我慢しなければ… 』
と、我慢して歩いているようなもので、
せっかく 良くなりかけていた 【 捻挫 】 は、間違いなく悪化します。

【 うつ 】 が 長引く人は、きっと 【 捻挫 】 も 長引くことでしょう…


本人にしか実感できない 【 痛み 】 【 辛さ 】 を、
『 それくらい我慢しなさい 』 と 言っている素人さんを見るにつけ、
僕は とても 腹を立ててしまいます。

【 うつ 】 も 【 捻挫 】 も 回復するには長い時間が掛かりますが、
悪化するのは あっという間です。


安静にしてくれない 【 捻挫 】 の 患者さんは、
患部を ギプス固定してしまうのが 常です。

そうすれば 動かしたくても 動かせない。

けれども、
『 心をギプス固定することはできない 』 わけですから、
むやみに 横槍を入れて 治療の邪魔をして欲しくなかったりするわけです。


… … せっかく良くなりかけていたのに … …


いい加減にしてくださいっ!! と 言いたくなってしまうのでした。


 

小石が投げられ、雪崩がおきて。 

2006年10月20日(金) 1時54分
 
 
いろいろと、疲れましたが、
いろいろと、転機が訪れているようです…

『 機を見るに敏 』 という言葉があります。

昔、僕がお世話になっていた とある病院の院長先生が
焦って行動しようとする僕を 笑いながらたしなめ
【 待つ 】 ということの重大さと、
いざというときに 即断即決できる準備をすることの大切さを
この言葉を用いて 教えてくださいました。

【 焦りは禁物 】 であるけれど、
【 機を見るに敏 】 ではありたいとか、
なんだかんだと、考えていたりするのでした。


今僕は、大きな流れの中にいるのだと思います。

その流れに乗って、僕は何処へ行くのでしょうか?


僕も イイカゲン いい歳なのだから
『 風の向くまま、気の向くまま 』
という 生き方もできないような気がします。


僕の世代の人たちは、それぞれに そう思っていることでしょう。


誰かさんの投げた小石が 大きな雪崩を起こし
その雪崩に乗って スノーボードをしようとしている大人が約二人います。

ひょっとしたら【 子供心を忘れない 】 という点で、
意気投合しているのかもしれません。

僕のできること。
その人にできること。
誰かさんにできること。

僕にしかできないこと。
その人にしかできないこと。
誰かさんにしかできないこと。


それぞれの糸が紡ぎあって、紐となり 綱となり…


この流れが、いつか面白い実りとなって、
何がしかの功績になれれば嬉しいのですけれど^^;


さて、いかがな運びとなりますやら^^


羅生門。 

2006年10月11日(水) 5時37分

それにしても…。


黒澤監督の映画に 【 羅生門 】 という映画がありましたけれど、
同じ事象を見聞しても、認識が異なることの不思議ということが、
とてもよく 描かれていた名画だったと記憶しています。


同じ事象を共有したのだとしても、その認識が違っていれば、
前提となる認識が異なるのだから、
なかなかに、コミュニケーションということが難しい…というか、
あるいは、不可能であるのかもしれないと思ってしまいます。


そして人は、記憶の改竄と言うことを、してしまいますので、
自分にとって都合の良いように、
あるいは、自分を追い詰める形で、
記憶の改竄をしてしまう可能性が、充分にあるわけです。


ときには、
僕自身が戸惑ってしまうような認識の相違であったり、
事象に対する記憶の相違があったりするわけですけれど、
そんな場合、『 どちらの認識が正しいか? 』 
という、水掛け論になることも、シバシバあって、
そんなとき、僕は、とても疲弊してしまいます。


基本的には、水掛け論は不毛であると考えている僕としては、
極力、水掛け論は避けたいと願っているのですが、
避けられない水掛け論をせざるを得ないこともあって、
やるせない気持ちで、水掛け論をしていたりします。


不毛だと考えてしまう水掛け論は、
できるだけ避けたいという気持ちがあって、
いつまでたっても 水掛け論にしかならない場合、
僕は コミュニケーションを諦めてしまい、
そのような関係では、信頼関係などが生まれることは、
まず、有り得ないと考えてしまったりするのですけれど、
それが、治療関係であれば、
治療ということは困難だと痛感してしてしまいます。


『 治療ということは、元の状態に復する事である 』
と、基本的に考えていて、
『 元の状態より、より良い状態になることは、成長である 』
と、以前に書いたような気がします。【 参照 】


いずれにしても、よりハッピーになるためには、
治療であろうと、成長であろうと、どちらでも良いわけですけれど、
ご本人が、【 何とかしたいっ! 】 と、思ってくださらないと、
問題は解決しないと思っているわけですが、
問題解決思考でなければ、きっときっと、問題解決には至らない思います。

問題を解決するために、僕なりに頑張っているつもりなのですけれども…。

なかなかに、難しいものですねえ…。


 

約束と契約。 

2006年10月05日(木) 2時24分
 
 
というわけで。

僕は、なるべく 【 約束 】 を、守りたいと思っています。
けれどけれど、いつも 【 約束 】 を、守っているかと言うと、
恥ずかしい話なのですけれど、
『 常に 約束を守っているっ! 』 とは、口が裂けてもいえません。

しかしながら、 【 契約 】 は、覚えている限り守っているつもりです。

『 【 約束 】 は、お互いが 【 守りたい 】 
と 思っている場合に守られるものであり、
【 契約 】 は、お互いが 【 守りたい 】 
と 思っていなくても守らなくてはいけない 』
と、勝手に考えていたりします。

たとえば、男女関係の場合、
【 恋愛関係 】 は 【 約束 】 であって、【 契約 】 ではない。
婚姻関係なら 【 契約 】 であって、 【 約束 】 では済まされない。

【 婚約 】 は、ビジネスで言うならば、
【 契約 】 の 一歩手前というところでしょうか。
契約書を作っていて、まだハンコは押していない状態という感じで^^;


【 契約 】 の 方が、 【 約束 】 よりも、 
【 拘束力 】 が、大きいとは思います。
けれどけれど、 【 約束 】 だけで、成立している関係の方が、
良い関係なのだと僕は考えていたりします。

友人関係などは、ほとんどが 【 約束 】 で、成立しているものであり、
決して 【 契約 】 ではありません。

あくまでも、お互いが 【 守りたい 】 と、思っていて成立しているのだと思います。

ですから 【 約束 】 を、あたかも 【 契約 】 のように押し付ける関係は、
すでに友好関係が崩れていると思います。
逆に 【 契約 】 を、
『 守りたくなくなったから、守らない 』 というのも、どうかと思います。

逆説的に言えば、 【 約束 】 は、
『 守りたくなくなったら、守らなくてもいい 』 と、
チャランポランな僕は考えていたりします。

守りたくない約束を守ることは、とても苦痛ですし、
約束を守り続けていると言うことは、
【 守りたい 】 
と、お互いが思っているということなのだと考えていたりするのでした。


そんなわけで、僕は 【 約束 】 だけで成立している関係は、
【 契約 】 で成立している関係よりも、より大切に考えています。

【 約束 】 を、いつまでも 【 守りたい 】 と、思える関係は、
とても素敵で、美しい関係だと、心から感じていたりします。

と考えると、20年以上 【 約束 】 だけで、 
【 契約 】 以上に大切に守り続けられている友人関係に、僕はとても感謝していて、
その関係に 【 契約 】 が、絡んできたとしても、
絶対に壊れることはないと確信できたりもするのです。

【 絶対 】 なんていう言葉は、ほとんど使わないのですけれど、
【 絶対 】 という言葉を、信じられる関係は やはり素晴らしいのだと思います。

【 絶対 壊したくない関係 】 での 【 約束 】 は、
『 絶対に守りたいっ! 』 とか、決意していたりするのでした。

記念日。 

2006年09月18日(月) 5時07分
 
 
さりとて僕は、記念日と言うものに拘らない人間なのですけれども、
今日という日は、忘れられない一日になることでしょう。

【 個性 】 という言葉がありますけれど、
鮮烈な 【 個性 】 を 垣間見た時、心が震える感覚があるものだと思います。

いえ、万人にあるかどうかは別にして、僕にはあります。

自らに厳しく、甘えることも無く、(( 本人は 甘えていると思っているようですが
かといって本人は 【 努力 】 が足りないと、心から思っているようすで。

そのような人に出会うと、心から尊敬してしまいます。

その純粋さ、直向さに触れると、心が洗われて、自分も頑張らなくては、
と、刺激を受けて、疲れも癒されるという感じでしょうか。

この記事には、きっと続きがあります。

その昔、脚本に書いた台詞を、抜粋して載せたい気分になりました。

現在、脚本を捜索中です。

脚本が見つかったら、抜粋して載せるつもりですけれど、
つまらない台詞だったような気もしてきましたけれど、
あまりにも つまらない台詞でしたら、載せられませんけれど、
脚本が見つかったら、もう一度、検討したいと考えます^^;

… 10年以上に書いたものだから … 
拙い文章なんでしょうねえ^^;

いえ… 今も 拙いのですけれども。

シャーロック・ホームズの冒険 

2006年09月16日(土) 1時55分
 
随分ご心配をおかけしましたけれど、だいぶ回復いたしました^^

どうも みなさま ご心配をおかけしました^^;

そして なにより ご心配くださって ありがとうございますTT


さて、僕は、
シャーロック・ホームズ先生を、
こよなく尊敬しているわけですが。

… まあ … 200年も前の書物ですし、
いろんな名探偵もたくさんいるわけですけれども、
やっぱり 【 ホームズ先生 】 を 超える名探偵は居ないと思うわけです。

ホームズ先生のスゴイところは、なんと言っても
【 拡散的思考 】 と 【 収束的思考 】 の 共存と、
両者の、実に適切な使い分けにあると思ったりするのですね^^


ホームズ先生は、事件があると、まずは徹底的に 【 拡散的に考える 】 ようです。
いわゆる 彼の言う 【 想像力 】 というやつでしょうか。
『 グレゴリ警部は、かなり有能だが、想像力に欠けているのが残念だ 』
と、ホームズ先生が言っていたような気がしますけれど、
とにかく、既成概念だとかなんだとかには、一切縛られず、
ある程度の時期までは、トコトン 【 拡散的/想像的 】 に 考えている感じです。

そうこうしているうちに、明瞭な事実が増えてくると、
【 拡散的/想像的 】 な 思考が 絡み合って 一つの方向性を示唆し、
その後は、極めて 【 収束的/証明的 】 な 思考へと切り替えていき、
【 ある結論 】 の 証明をし事件を解決するという感じなのだと思います。


僕は、そんな思考形式を 好ましく思っていて、
とにかく徹底的に 【 拡散的/想像的 】 に 考え尽くし、
状況に応じて、 【 収束的/証明的 】 に 考えるように努めていたりするのですが、
なかなか、ホームズ先生のようにはいかないことも多くて 歯がゆいばかりです。

どちらかといえば、僕は拡散的思考を得意をしているようですが、
僕の共同研究者は、収束的思考の方が得意なようです。

その両者を併せ持って 
どちらにも卓越しているホームズ先生は、やっぱりスゴイなあ…
と、やっぱり 心から 尊敬してしまったりするのでした^^;


けれどけれど ホームズ先生は 架空の人物ですから、
きっと おそらく コナン・ドイルが 拡散的に考えることが得意で、
ホームズ先生のモデルである ベル博士が 収束的思考に秀でていて、
ドイルとベル博士の 融合として ホームズ先生が誕生したのかな…。
とか、想像の翼を広げてみたりします。


なんとかいつか、ホームズ先生のようになりたいものだと思うのですけれど、
なかなか それは いろんな意味で難しいのだと思いますけれど、
でも なんとか 頑張ろうと思ったりするのでした^^;

極限。 

2006年09月14日(木) 3時02分
 
さて。

ぶっ倒れてしまいました。

最近、随分疲れていたのですけれど、
こないだの日曜日の夜から、体が動かなくなってしまいました。

日曜日の夜は、もう本当に、
『 明日… 動けないかも… 』 と、半泣きになっていましたけれど、
月曜日を、ヘロヘロ状態で過ごし、
火曜日を、ヨタヨタ状態で過ごし、
水曜日を、爆睡状態で過ごし、
少しなのか、かなりなのか、気力体力ともに回復しました。


日曜日の夜、倒れたと書きましたけれど、
倒れるまで、3日間、まったく食事を取っていなかったことに、
あとで、気が付いたりしたのですけれど、
よい子は決して真似をしないでくださいね^^;

随分長い間、ブログの更新をしていなかったので、
この勢いを借りて、ちょこちょこっと アトヅケ日誌を書いてみようと思います。


それにしても、ホント、無理は禁物ですねえTT

みなさまも、決して無理はなさいませんように^^;


 

愛。 

2006年09月08日(金) 4時00分
  
 
さて。

いきなり 【 愛 】 ですけれども、
『 愛とは何か? 』 と よく訊かれたり、考えさせられたりします。

僕はシバシバ、補完愛と、共鳴愛に分けますけれど、
もちろん、それだけで済むような 単純なお話でもないわけで…。

そこには トキメキだとか 尊敬だとか 安心だとか 
無償だとか 下心だとか 同情だとか 可憐だとか
なんだかんだと いろいろな要素が ゴチャゴチャと絡み合ったりしていると思います。


愛を アガペーと フィリアと エロスに 分けてみたりだとか、
いろんな思想だとか カテゴライズなんかがあったりしますし、
愛と恋は どう違うのだろうかとか 真剣に議論したりすることもあったりなどしますけれど…。


『 一緒にいて 居心地がいいなら いいんじゃないですか? 』
とか、答えてしまったのですけれど、
これはチョット、答えになっていないような気もしますけれど、
…けれど、こうとしか答えようがなかったりするのでした。


もし よろしければ そのあたり ご教授くだされば 幸いです。


そんなあたりを ディスカッションできるように 
掲示板など作ってみようかと思ったりするのでした。


それにしても 
恋は 心が変になると書く。 
愛は 心を受け容れると書く。
と言うのは とても 言いえて妙だと思ったりするのでした。


 

一周年。 

2006年09月03日(日) 3時47分
 
  
一年がたちました。

あっという間だったような、とても長かったような、不可思議な一年でした。


それなりに頑張れたような、今ひとつ頑張りが足りなかったような…
微妙な感じですけれど、まあ、頑張ったということにしておこうと思います^^;


ホントに 色々な人の助けを受けました。
本当にありがとうございます。
そして、これからも、よろしくお願いいたします (( 他力本願

こころ30年計画の2年目ですけれど、今年は安定をテーマにしたいところです。


そのためには、まず、自分の心を安定させなくては…。


それから、来年初頭には、劇団を発足させるつもりですので、
その筋の方は、どうか、ご協力のほど、よろしくお願いいたします^^

まずは、実験的に劇団を作って、ある程度 できる状態になったら
名称を変更して、本格的に 旗揚げするつもりですので、よろしくです^^


 

評価者。 

2006年08月24日(木) 3時29分
 
 
学生の頃と、社会人になっての大きな違いのひとつに、
『 自分を評価する評価者を 自分で選べるか否か? 』
と、言うのがあると思います。


学生の頃は、教師だったり、教授だったり、学校だったり、
自分のことを評価してほしい人とは限らない人が評価者だったりもするわけで。

僕の場合は、学生の頃、
『 この人に 評価されたいっ!! 』 と 思えるような教師もいなくて、
『 劇団員に評価されたいっ! 』 とか、『 観客に評価されたいっ! 』
『 友人に評価されたいっ! 』 とか、思い続けて居たわけですけれど、
それでも 卒業させてもらったりしたわけですので、
それなりに、評価していただけるように、
猫をかぶっていたり、タヌキをかぶったり、トラのように睨んだりしたのでしょう。


でもって、社会人になると、
自分を評価をしてくれる人を恣意的に選べるという、
とてもアリガタイ状態になったりするような気がします。


僕が、僕自身を評価してほしい人を勝手に決めれるわけで、
それが、自分の選んだ教授であったり、友人であったり、
そういう状態になると、自然に頑張れたりするのが不思議です。
… 不思議でもなくて、 それが アタリマエなのかもしれません^^;


自分の中に、自分のことを評価してほしい人に存在してもらって、
その人なら、今の自分の行動/思考を、どう評価するだろうか?
と、考えながら、日々を送ることで、なんとなく、
自分自身を律することができたりするような気もします。


『 この人に評価してもらいたいっ! 』 と 思える人に出会えることは、
とてもとても 幸運なことなのだと思います。


… もう少し ストイックにならなくては 
ちょっと 高い評価をいただけないような気がしますので、
ストイックに、頑張っていきたいとか 考えている今日この頃なのでした^^;



 
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cocoro556
読者になる
Yapme!一覧
読者になる