水の森、5区。全国区...!? 

October 28 [Sun], 2007, 21:41
この週末は久しぶりにいろいろありまくりでしたが、そして明日もいろいろですが、とりあえず今日のこと。




SPI模試をうけ、



「どの会社にも受かる気がしねぇっっっ




と社会の厳しさを思い知らされながら帰宅。




ほうとう1人前を買い、家にあったわずかな食料と共にすべて土鍋へin
味噌がない以前にだしの素を入れすぎて、だし味のほうとう完成…
テレビをつけると大学女子駅伝の中継してた。




「そいや仙台でやるとかCMしてたなぁ。知ってるとこいろいろ映りそうだし見よっ





箱根駅伝は正直、興味がなくて毎年見てないんですが、女子はどうやら昨年から杜の都駅伝になったらしいじゃないですか





そんなミーハー心だけで見ていると…。




「あ、ここあそこだー
「仙台のバスだーうけるー





さっそく興奮




「ところでどういうコースなんよ



検索・・・カタカタ。





・・・・・・



てか、めっちゃ近所じゃね?








むしろ、家の前じゃね!?





おいおいおーい
めちゃくちゃ水の森界隈じゃないですか
春の私のジョギングコースだよ!てか、通学路だよ(笑)てか、毎日通る道だよ(汗)
大体、昨日2度も電話したのにうちの人何も言ってなかったよ







私:ねぇ、ひょっとして駅伝うちの近く通らない!?



母:そうだよ。



私:応援してる!?してないんならちょっと沿道出てよ!もうすぐだよ!



母:出がけだもん。今「山田電気」




・・・。おい、つっこみ処ありすぎだろ!!






(あえて何もつっこまず)




私:知ってたら何で見なかったの!?



母:だって全国放送って知らなかったし…。



親、市民ハーフマラソンあたりと勘違いしてる…
駅伝だよ!?、駅伝。去年もあったのに…。





母:なんだぁ。全国って知ってたら出かけなかったのにぃ交通規制始まる前に早々お出かけしちゃったよ。」






今まさに自分の母校の看板を通り過ぎ、いつもの坂は2つめの難所として紹介され、かなり見慣れた風景が次々と映しだされる難関第5区。





大興奮の私に対し、どんどんがっかりさせられる母メール・・・。
自称スポーツ鑑賞大好きじゃなかったのかよorz




一位の立命館がダントツであまりに早かったから、じっくり映される機会は残念ながらあまりなかったけど、それでも春のジョギングコースが難関として紹介されてて自分がその区間走ってる気になったり(笑)、選手を追うカメラのバックがもろ、家の前でテンションあがりまくり!
一人で(泣)

この感動を誰とも共有できず残念でしょうがない。
でも、初めてちゃんと駅伝見て、駅伝自体にもかなり感動しました…




でも、駅伝の選手の早さが改めて分かりました…。私のコースの2倍の距離だったのに、私のタイムの半分で走ってました。あの距離をあの時間で……あらためてすごい。




新記録でまくりだったけど、仙台走りやすいのかな(笑)
来年も見よう
そして、ビバ杜の都

なんとかまんを求めて… 

October 22 [Mon], 2007, 16:44
今日は本当に久しぶりにユースのメンツとあいました
卒業アルバムの写真撮りだったのだ………
卒業……


先週末就活への気合い入れのために髪を黒くし、服も一昨年の春旅行のときと一緒……
もっと21っぽいスタイルにすればよかった…orz


髪を黒くしたら、予想以上に大出費だった
一見さんだからすすめを断れなくて、あれやこれやとしてもらったら…
髪痛んでたから満足してるんだけど、さすがにプラス3千円は出せませんでした
とりあえず就活へのやる気は出た…かな




先週末はかなり気分↑↑になるが届きまして、憂鬱だった今週末が一気に楽しみっっ今週はわりかしハードな一週間になりそうです




最近眠れません
新聞屋のバイクの音が聞こえる時間まで目が覚めててしまいます。
そのせいか体内環境非常に悪いです…代謝も悪いし
今週末は体内環境正常化なのにー(笑)




明日のレジュメやりたくなくて仕方がない…
今頃眠いし
ゴマキ弟って結婚してたのしかも2児の父
いろんな意味でおいおい………


ブログ書くぞーと張り切って始めた割に書くことない
なにか思いついたらまた書こう

Fruits&Passion 

October 21 [Sun], 2007, 22:39
とある土曜の情報番組を見ていたら、


「今日はプランタン銀座リニューアル特集でーす



銀座………もっと予算も距離も身近なスポットやってくれよと思いながら洗濯物を干そうとしてると



「まずはここ!日本初上陸Fruits&Passionでーす」




ふーん…なんか聞いたことあるな、でも日本発上陸だし、コスメ事情とかめっぽううといここさんが知ってるなんてなぁ



・・・なんかモントリオールでしきりにこの店見た気が……




「このお店はカナダ発なんですよねー





・・・やっぱり



それにしても、銀座なリッチなお店だったかしら…??
私のイメージはなんかボディショと雰囲気似てて、どこかに買い物に行けば必ずあると言っていいくらいやたらと店が展開してて…て感じです。
ちなみにほとんど入ったことなかったですなじみのあるボディショの方に…。てほどボディショにも行ってなかったけど。あちらはボディショより落ち着いた雰囲気で入りにくかった。
でもプラザ系列ってことはそのうちソニプラにも置くのかしら。



そしたらなんとモントリオール発らしいじゃないですか
どーりでやけにいろんなところにあったのね



ならば一つ言わせていただきたい
カナダのモントリオール発ならば

フルーツアンドパッションではなく


フリュイエパシヨンだー


・・・たぶん(笑)


じゃあ次はCafe depot上陸希望…

あの日から… 

October 21 [Sun], 2007, 16:01
昨日はぽんチャンの誕生日だったのですが、私にとってはもう一つ大事な思い出の日でした。

昨日ふと去年の手帳を開いて、20日の欄にさらっとメモ書きされたのが目に入った。



あの日からちょうど1年だったんだ…




去年の今頃、私には精神的に一番辛い時期だった。
日本を発ったときよりも、ホームステイを飛び出したときよりも。





ー虚無感




一生の別れの連続と、遠ざかる日本の現実。
後者の方は私の勝手な被害妄想だったということに後に気付かされるのだが、あのときの私には自分の居場所がどこにもなくなってしまったように感じられた。
すべてに壁をつくって、大事なものもすべて自分から断ち切ってしまいそうになっていた。


そんな私の転機。
あの日私はバカみたいに緊張して、でもバカみたいに幸せだった。
人を愛することって幸せだなって思った。
今まで知ってた「好き」とは違う、幸せだなぁって思える愛




まるっきり同じではないけれど、きっとあのとき同じように悩み、迷い、でもそれを出さないで、閉ざしていた私を思いきって開いてくれた。境遇も、環境も性格も全然違う、でも一つ、繋がる心があって、そんな人とお互いが分かりあって一緒にいられたらどんなに幸せだろうと思った。




今なら思う。私に救いの手をさしのべてくれたことに、私はあれが自分なりの恩返しって思ってたけど、あのときの私のしたことなんて結局自己満足でしかなかったなって後悔してる。「そんなこと言ってもあれがあのころの精一杯だったんだ。」って思いこんでた。でも、違うなぁ。
あんな姿を見ても、あんな機会があっても、「私は分かってるよ。」って心の中で言葉をかけてあげるだけで理解しあえてる気になってた。私は自己満足で一人満足していただけだ。
ずっと分からなかった。でも1年経った今なら分かる。




私が結局分かってあげられてなかった。





今になって後悔してきたが、これもタイミング
言い訳っぽいけれど、やっぱりMさんが別件で言ってくれたみたいに人生はタイミングなんだ。
こんな気持ちになれる人、こんな風に愛せる人と出会いたい、と思う。同じ過ちは繰り返してはいけない。
思えばいつも自己満足だった。自己中で結局傷つかせてきた。いい加減、逃げることをやめなきゃ。繰り返すことをやめなきゃ。




モントリオールの1年は日を追うごとに夢となり、英語もどんどん下手になり、あのころのあの気持ちも、忘れたくないと思っていても気持ちとは裏腹に薄れていってしまう。
人の心は無情にも、時が経てば気持ちを浄化するようにできている。どんなに傷ついても、たとえ時間が少々長くかかっても時が解決するものだ。癒えない傷はない。それは悲しいことだが、大事なことでもある。


最近無性にモントリオールのことを思い出す。
就活とか、サークルこととか、めんどくさくて逃げたいことばっかり。
でも性格上逃げられない
それでも帰ってきてから自分でも変わったなって思うことがある。
逃げないことに苦痛を感じなくなった。力を変にいれない、上手な逃げない力(笑)を身につけられた気がする。以前はすべてに力を入れすぎて全部自分で何とかしようとした結果逆に自分にダメージだったが、広い視野を持つことで人を理解してあげる力が少しupできたよう…な?
自分にムリしなくなったし、嫌いと思いこんでたものを「好き」って言えるよぅになったし
そうそう、帰国時の目標で、ものや人を「嫌い」って思わないことにした。どんな可能性があるかもわからないのに「嫌い」って決めつけて閉ざしちゃうのもったいないもんね♪



久しぶりのブログ再開がこんなちんたらちょっと恥ずかしい意味不明で始まっちゃったけど、これから就活のネタ増やしのためにもちょくちょく更新できたら…いいなぁ(笑)もちろん基本(笑)のくだらない内容で





ぽんさん誕生日おめでとー

そしてまた、同じ場所で一からの旅立ちを。 

February 23 [Fri], 2007, 12:07
COCOにおいでよ♪♪〜in CANADA〜


とか銘打っておきながら数えるほどしか更新しませんでした




明日時間があるかわからないから、今日ちょっと書き残しておこうとおもいます。




11ヶ月通った学校も明日で終わり。

朝の地下鉄通勤ラッシュも明日で終わり。

7ヶ月住み慣れたこの家とも、すっかり自分の部屋であるこの部屋で寝るのも明日で終わり。



ずっと実感がなかった。




いろんなことがあって、いろんなことを考えた。

いろいろ悩んで、答えを見つけて、見つけられなくて助けを求め、気付かれ、気付かされ、諭された。

すべてがタイミング。

たとえそのときどんなに不幸だと感じても、どんなに後悔しても、どんなに誤った選択をしたと思っても、
人は無意識のうちに自分にベストの選択をとっている。



私はこの一年間、モントリオールで過ごせたことにとても感謝しています。

私は一人じゃありませんでした。


家族、友だち、マリベル、マルコetc...数え切れない人たちに私は救われ守られました。

明日、マルコと話したらきっと泣くんだろうなぁ。
みんなとバイバイするとき泣くんだろうなぁ。
マリベルと別れた後泣くんだろうなぁ。



そして、日本に戻る。
1年前と同じだけど違う世界。


でもきっと、大丈夫。
絶対変わらない大事なものがあるから。
大好きな人たちがいるから。


そして、素敵な未来を、素敵な出会いを、ステキな明日を。




突然降り出した雪は私の心を泣きたいほど悲しくさせた。
でも、同時に夜道に光る雪のようにキラキラしている。



Goodbye. Thanks a lot. Je vous aime.

priceless 

February 12 [Mon], 2007, 2:28
1年前、人も、街も、言葉も、全く知らないこの地に来た。



いろいろな場所に行って。
いろいろな経験をして。
たくさんの人びとと出会って、別れて。
傷ついたり、楽しかったり、苦しかったり、幸せだったり。



辛かった思い出も、今となってはそれを乗り越えたことに自信を持てたり、


逆に楽しかった思い出が、時と共に薄れていったり。




ここに来て自分にプラスになったことばかりではなかった。


今でも続いて、きっとこの先も続くであろう大事な出会いもした。
でも、そんな出会いはほんの一握り。

別れてしまえばそれで終わりのそんな希薄な人間関係を1年間という短い間で数えきれない程知った。
同じ地に、同じ学校にずっととどまり、たくさんの人を見送った。

数ヶ月毎日同じ場所で時間を過ごしても、2度と会うことも、話すこともない。
そんな関係にそのうち慣れてしまった。
いつも当たり前のように過ごしていた友だちとの日々が突然終わり、永久に戻らないことにとても憂鬱になった。
そのうち、新しく短い友情を築くことに疲れと空しさを感じるようになった。
いつしかあまり人に心を開かなくなった。
誰も自分のことなんか分かってくれない、とはなから決めつけていた。
人を信じないから、人から裏切られることが怖くて、いつもこの人は私を裏切るかもしれないと人を信じないことを常に誰かのせいにして紛らわそうとした。



一人で生きてる気になっていた。



辛いことがあっても全部自分で解決しなきゃならない。
誰も本心なんか見てくれない。



確かに解決策を実行しなければいけないのは最終的には結局自分自身。
だけど、それを実行するのを後押ししてくれた人、実行中に心配してくれてた人、すべてが終わった後にお疲れ様と言ってくれた人…。


そういう周りからの愛があったからこそ一人でもやってこれた。
一人じゃなかった。
そういう大事な人たちが、日本に、モントリオールにいて私は本当に幸せだと思います。



この1年間で日本の街も、人も、人間関係も、きっといろいろ変わってる。
そんな変化の中に、1年前で時間が止まっている私の居場所はあるのかものすごく不安だった。
自分が取り残されている、と感じることが怖いと思った。
日本に帰りたい、と素直に思うことに恐怖を感じていた。



不安が消えたわけではない。
でも、自分が感じていた不安の90%は自分の被害妄想の全くくだらないものだったと分かった。
不安を繰り返す私にみんなが、私を待ってる、と言ってくれた。
居場所はあるよ、と言ってくれた。
早く会いたいと言ってくれた。



こんな幸せこの上ない言葉たちをくれる人がたくさんいて、私は何をそんなに怖がっていたんだろうと思った。1年間で変わったことがあるのは当たり前。けど、変わらないものだってあるじゃないか。
そんな単純なことも見失っていた。



大好きな人たちに会える。
そう思うだけで不安で鬱気味だった毎日が、帰国後のことを考えては嬉しくなるハッピーな毎日に変わった。



家族、都留・仙台の友だち、モントリオールで出会った友だち、みんなありがとう。
どんなに遠距離でも、どんなに時間が経っても、変わらないものがあるって本当幸せだと感じます。
いっぱい話して飲んで笑って…C U soon

Bonne annee! 

January 03 [Wed], 2007, 5:06
A hAppy nEw yEAr


今年もよろしくお願いいたします。というか私のこと忘れないでください(笑)


家族どころか日本ですら過ごせない正月がこんなにさびしいものとは思いませんでした

クリスマスも、「今頃日本は聖夜だなぁ。みんな何してんのかなぁ。」なんて妄想したりして…
でもこっちのクリスマスはモロファミリーデーでしたので、たとえ恋人がいようともその日は家族で過ごすもの!って感じでした。
街が幸せに満ち溢れててなんか幸せな気分になったよ


しかしながら、なんだ、この正月の活気のなさ!!
みんなクリスマスで気力を使い果たしてしまったらしい。しかも2日から仕事始めだし
私も2日から学校ですよ。。。



年末年始は、日本シックになったもののカナダにいながらにしては最大限日本な過ごし方ができました



29〜30日は日本のおつまみを捜し求め、予想外にも発見し、大興奮でたこワサ・枝豆・しめ鯖・おくら・納豆・メンマ…ETCを買いあさり、お酒も買い込んで忘年会。女2人で(笑)
いやぁ、すごい忘年会だった。酔っ払って閉店間際のスーパーに押し入って、出来もしないフラ語で話しかけたり、明らかに2人で飲む量じゃないのに「足りないかも」と勢いに任せ…そして飲む


日本人よ、普段普通に枝豆を食べられることに感謝しなさい
お通しにたこワサが出てくることをありがたく思いなさい
そして家族に感謝しなさい(笑)


いや、本当、「クリスマスに恋人いないクリスマスなんて意味が無いorz」なんて言ってんじゃねーよ。

「年賀状なんてめんどくせー。」なんて言ってんじゃねーよ。

「かーちゃん早くおせち作れよ。てか、俺栗きんとん嫌いっつってるだろ!」なんて言ってんじゃねーよ。

とりあえずたこワサで。」なんて言ってんじゃねーよ。



クリスマス一緒に過ごす気の知れた友達がいるじゃねーか!朝まで飲み明かせる、日本語で語り明かせる友達がいるじゃねーか!!家族だっているじゃねーか!

Hand Writingの温かさを知りなさい!ポスト開けてAIR MAILの文字が目に飛び込んで来たときの喜びは何事にも変えがたい程なんだぞ!

起きたら雑煮のにおいがしてるだけで十分恵まれてるじゃねーか!こちとら食べなれた大好きな醤油角餅の雑煮が食べられないばかりか、数の子浸し豆すらひとくちだっても食べられねーんだ!!納豆だっても¥350払うんだぞ!

とりあえずってたこワサに失礼だろっ!!




・・・日本の正月が恋しい&寝不足&最悪の初夢のあまり、日本にやつあたりごめんねだって、正月だもん。正月だもん!!1月2日から学校なんて、日本の世の中のおとーさんたちだってもまだ酒飲んでるよもしくはWiiで遊んでるよ



そんな私の年越しは、そば粉0%の年越しそばを忘年会中食べてしまったので、すし作って、汁の無いラーメン食べて、白黒ザーザーのテレビで6秒前からタイムズスクエアと共にカウントダウン友達3人と。
10時半まで寝た後は磯辺&納豆餅を食べ、DJ OZMAの問題映像をYou Tubeでチェックし、ウダウダ正月。でも納豆餅食べられたから良かった


それにしてもMTLの正月静かすぎ!一応花火上がったんだけど5分足らずで終了。外に出ても家庭の半数は就寝中の模様。唯一1組のカップルだけが地味に道のど真ん中でちゅー。でもあたりはシーン…。地味ー…。


初夢は最悪に怖い夢だった。精神的にすごく怖い夢だった。これが現実かと思った。
聞いてるだけでもこの1年間で都留でもいろんなこと起きてる。もちろん私の知らないことはもっとたくさん起きてる。


去年1年支えてくれたみんな本当にありがとう今年もよろしくしてね
2007年皆様にとって素敵な年でありますように

雪の日に傘をさすのはカッコ悪い 

December 04 [Mon], 2006, 10:27
vendredi Decembre 1
前日とある事情により人の話が全く聞けず、何も考えられない程ボーっとしてしまったが(笑)、この日は早いものでセッション最終日だったのでいつも遅刻ばっかしたからのに優しい先生にせめて最後だけでも…!
・・・と思ったがやっぱり遅刻しかも大遅刻

もう、9:30じゃねーかぃ

あーぁ…。先生マジでごめん。フラ語でどう言い訳すりゃいいんだよ…。
今日から12月かぁ…。今週末から冷え込むらしいんだよなぁ、いよいよだなぁ…。

がちゃ



・・・・・・。


粉ぁ雪〜♪……てか、痛っっ!!

昨日、10℃以上ありましたよね?
確かに今日から12月ですが、初雪(正確にいうと初ではないが)ってのは、こうハラハラとはかなく冬の訪れ告げるもんじゃないんですかね?
雪じゃなくて雹だし!風もプラスで横殴りだし!
初っぱなからこれかと思うと……この先がほんとに思いやられる


極めつけはその日の夜、友だちの招待でfarewellに行ったんだけど……
大A雨、強A風、0℃、停電、徒歩20分……


ものすごく大変でした
風邪引かなかったのが奇跡


帰り雨は止んでたんだけど、停電は続いてて、道路がめちゃめちゃ危険な状態でした。だれか通報しろよ&住民かわいそう。。こんな珍しいものを。
雨が瞬時に凍って枝をきれいにカバーしてるの。蔵王の樹氷の原理なんだってさ★




samedi Decembre 2
かなり楽しみにしてた場所に友だちと行ってきた。雪も降ってなかったし☆初日です!初日に行きたかったんです!!想像以上の規模と期待以上に求めてたものにばっちりだったからめちゃめちゃexcitedしたその場の勢いでかなりの大金使ってしまいそうだった。だって初日だし(笑)友だちが私みたいにはしゃいでたらやばかった。来週出直します…(笑)



dimanche Decembre 3
今度こそ粉雪が降ってて(でも量がはんぱない)外出たくなかったんだけど、冷蔵庫に本当になにもなかったから仕方なくgrocery storeに行った。すでに積もってて、かなり降ってるからもちろん傘もちゃんと持って。



おかしいのは私のほうか?!私が変なのか?!



冗談じゃなく、街の人は私以外全員傘を差していなかった。

私が歩いたのは大通り。雪といえど日曜日、老若男女そこそこ人が歩いていたのに、誰一人、傘を差していない。
差してる私がバカみたいで、「いや、これ絶対おかしいだろ。みんな頭に雪つもってるよ。おじーちゃん風邪ひくよ。あんた傘持ってるなら差せよ。」とつぶやきながらも、本っっ当に私しか傘差してなかったからなんだかなぁって感じで閉じて手に持った。持ってんのに差さないのも、差してるのに閉じるのもおかしな感じで恥ずかしかったけど、どうやらこっちの人は私の推測では

日本人がどんなに寒くてもズボンにシャツインはださいからしない。っていうのと同じでどんなに頭に積もろうと傘を差すのはかっこ悪いと思っているらしい。お年寄りまでも…。


帰りは買い物袋で両手ふさがってたから傘差せなかったけどさ、帽子かぶって行ってよかったよ
こうなったらまた新しい帽子買うしかない



明日から晴れてdebutant deuxなのだ。…てか、ムリっすよ……

2次元の虜 

November 27 [Mon], 2006, 13:48
なんだよ。なんだよ!なんだよ!!

みんなして!なんで今なのさ!!


何もみんなおんなじときに一気にいなくならなくたっていいじゃない!!!



本当に学校内最年長者になりそうだ。




何度も言ってるけど、セッション終わるたびに入れ替わる生徒。
新しく来る人もいれば、去る人もいる。
月日を重ねるごとに新しい生徒との感覚の差は開く一方で、
古い生徒とは仲が深まったり、励ましあったり、悩み分け合ったり。



大事な友だち、春からの長い時間を共に過ごしてきた同志たち(?)が一気に去る来週。
嫌なことは続くもの。
だからってここまでみんな同じタイミングでごぞっといなくならなくても・・・。


そんなんじゃ私のようつべオタクにますます磨きがかかっちゃうでないの!!


フラ語の復習もせずに2次元の世界入り浸りすぎだよ。
妄想族に磨きかけまくってるよ。


そんな中でも将来のこととかちょっと真剣に考えてみたり。
懐かしい人からメールがきたり。




今は悲しくったって、いつかは自分にもそういう日が来る。
そして、尊敬できるすばらしい友だちもまだ近くにいる。
離れてしまってもつながってる友だちもいる。

ひとりじゃないんだー!がんばれ自分!!


・・・でももうようつべは手放せねーf(^^;)
身近にようつべナカマ発見して嬉しい(*^_^*)

je suis de´sespe´re´ 

November 22 [Wed], 2006, 14:52
前回の60%妄想日記から一転、すべてがHappyだと思ってた矢先………



みんなが私のアパート探しに右往左往してくれてるとき、

ロッソが御殿場の素敵なプレイスにご滞在されてるとき、



私はカナダ生活の中でホームステイ問題をもしのぐ今までで一番最低な思いをしました。
今までの自分の生き方とモットーがめちゃめちゃに壊されるような。
ちなみに前回の日記の内容とは全く関係ありません。




やっぱ最終的に人間一人で生きていかなきゃなんないんだね。
やっぱ最終的に人間信じられるのは己のみなのかもね。


私も確かに甘かった。ちょっとうまいこと言われたらうっかり黄色い財布買っちゃいそうなくらい単純信じやすいバカだってのも自覚してた。現にカナダに来てからだけでもそれが裏目に出て傷ついてたことも何度もあった。


私が毎日学校行けるようになるまで、人に心を開けるようになるまでにどれだけ辛い時間を過ごしてきたかあの人たちは知らない、分からない。

3ヶ月かかって、迷いながら、助けをもらいながらやっとここまで立ち直れたのに。

人も、事も受け入れようって前向きに決めた矢先だったのに。


私のこと何も知らないくせに、私がもっとも傷つくことを悪いとも思わずに。
それでいて昨日のあの態度。
私が何も思わずのこのこ学校来れたのでも思ってるんだろうか。


こんな人たちとは二度と関わりたくない、顔も見たくない。
心ではそう叫んでるのに、いつも通りに接した私。
それで調子にのりやがる奴。


心を閉ざしても空しくなるだけだった。
開いても傷つけられるだけだった。
これじゃどうしていいか分からないよ。


なんて私は不器用なんだろう。
そうやっていつも余計に傷つく。
そしてどうしていつも大事なときに嫌なことが起きる。
そうやっていつも大切にしたいものを手に入れられない。




今日だって本当は学校に行きたかった。もちろん一日でも休むとフラ語が訳わかんなくなるからってのもあるけど、何より会いたい人に会いたかった。
だけど、あの人たちの顔を見たくないって気持ちに負けちゃった。そしてあの人たちに会ってまたあの話題をされることが怖かった。時間がないのに…。
軽い気持ちで、何の考えも無しに私を傷つけないで…!



そう思いながらも結局自分が傷つく道を選んでしまう。
利用されても裏切られても周りより自分が飲み込むことで解決しようとする。
そうやってきた。大学生になってからは。
それはお人好しとか優しい、とも言えるけど、結局のところ弱虫なだけ。


その上海外だったらその点はさらにデスアドバンテージになる。悲しいけど、やっぱり万国共通なことがあると同時に国が違えば理解出来ないこともある。
100%相互理解するなんてことムリな話で、時には妥協しなきゃいけないし、時には自分貫かなきゃいけない。

・・・ほら、今だってそう。日本人、ていうか私的には理解しがたいのに向こうは自分悪い(まぁ悪いことされた訳じゃないんだけど…)とも思ってない。


Marcoにも言われたけど、いつもラッキーばかりではない。いつも周りが助けてくれるわけじゃない。期待ばかりではいけない。強くならなきゃ。強く。



自分は強くなったって思ってたけど、全然弱っちくて傷つきやすい自分のままだ。
■my data■
■name■ ここ
■birthday■ 3月8日
■occupational■ 大学生
■blood type■ B
■hobby■ もてなし
■motto■ 輝いている人になりたい
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ここ
» priceless (2007年02月17日)
アイコン画像pon,sawa,rina
» priceless (2007年02月12日)
アイコン画像ここ
» Bonne annee! (2007年02月12日)
アイコン画像チエミ
» Bonne annee! (2007年01月21日)
アイコン画像ここ
» 雪の日に傘をさすのはカッコ悪い (2007年01月03日)
アイコン画像チエミ
» 雪の日に傘をさすのはカッコ悪い (2006年12月26日)
アイコン画像ここ
» 雪の日に傘をさすのはカッコ悪い (2006年12月07日)
アイコン画像愛里
» 雪の日に傘をさすのはカッコ悪い (2006年12月06日)
アイコン画像りな・ぽん・さわ
» 雪の日に傘をさすのはカッコ悪い (2006年12月04日)
アイコン画像みゆき
» Depend on U (2006年10月25日)
Yapme!一覧
読者になる