作家さんの生きざま

September 26 [Sat], 2015, 21:57
市民大学の二回目の講義が来週に迫ってきていて、今日は久々にネットカフェ缶詰です。昼間は大学で来週からの講義の準備をしていました。一通り終わって、今夜から明日にかけてはこっちに集中できそうです。それが終わってから紀要論文の追い込みです。まだ、今夜、日、月とありますので、何とかなりそうです。

臨床心理学的に読み解く、というお題で、大好きな作家さんの人生をふりかえって作品を読んでいく訳なんですが、今までは単なる一人のファンとして何も考えずにただただ喜んで味わっていたのに、そうはいかなくなり、大変複雑な気持ちでおります。

その作家さんとは、絵本作家のいわさきちひろさん。私の育った家の向かいにあった酒屋さんの若奥さんがちひろさんの作品が大好きで、しょっちゅう絵本やら葉書やらを持ってきて私にも見せてくれていたのを覚えています。淡くて美しい子どもの姿や母子像は見る人を幸せにしてくれるような力を感じます。

不思議なご縁で、その奥さんは、嫁ぐ前は、私を育ててくれた遠縁のおばさんの養女だったとか。幼い日々の、心もとなさを、いわさきちひろさんの描く母子像が慰めてくれていたんだろうなと、今思い返しています。おばさんの側で過ごす私にも、もしかすると奥さんは、幼い時分の、自画像を重ねていたのかもしれません。

ちひろさんご自身は、裕福な家庭で大切に育てられながらも、青年期に入って、突如様々な不幸にさらされていくことになります。多くの作品はそのご苦労を感じさせない美しさに満ちていますが、亡くなられる数年前から、作風は進化を遂げます。ちひろさんご自身が体験した苦しみ、悲しみ、不安、恐怖に、今、そしてこれからを生きる子どもたちが晒されることがないように、という悲願が作品となって、戦後70年を経た今もなお、日本中で愛され続けています。

きっととてもファンの方が多いので、プレッシャー半端ないですが、受講者の皆さんの期待を裏切らず、それでいながら新しい切り口で、作家さんの人生をご紹介できれば大変嬉しいです。おこがましい限りなんですが…

朝六時まで、できる限り頑張りますo(*⌒―⌒*)o
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:coconya
  • アイコン画像 趣味:
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像coconya
» 作家さんの生きざま (2015年09月28日)
アイコン画像Bro2
» 作家さんの生きざま (2015年09月26日)
アイコン画像coconya
» じわじわ (2015年09月04日)
アイコン画像takajisanta
» じわじわ (2015年09月03日)
アイコン画像coconya
» ためこみ症 (2015年09月03日)
アイコン画像Bro2
» ためこみ症 (2015年08月31日)
アイコン画像coconya
» 人間関係いろいろ (2014年05月21日)
アイコン画像takajisanta
» 人間関係いろいろ (2014年05月21日)
アイコン画像takajisanta
» 送別会 (2014年05月21日)
アイコン画像takajisanta
» 大塚国際美術館の一日 (2014年05月17日)
Yapme!一覧
読者になる