学校にて@ 

2005年02月26日(土) 18時30分
 3年生を送る会≠ェついに終わった(〃´o`)=3 フィー
体育館の会場片付け、プロジェクターなどの機材片付け
まで終わったココモは職員室で茶をのんでいた。

キンコーンカンコーン
帰りの学活を終わる鐘とともに、生徒が職員室へ入って
きた。きたのは、高校進学も決まっているサトだ。

「3年3組のサチです、ココモ先生に用があってきましたぁ〜」
テクテク
「センセ、月曜日あたしが迎えにいくからね、はいこれ
『ん?おっ、なんだこれ、もしかしてこれは、、、)』
「ちょっと、月曜日謝恩会なんだけど、、忘れてたでしょ?」
『(週予定表をチラリ(そんなものがあったのかぁあ)』
『お、おう(゜ロ゜;)ご苦労様な、これ作ってくれたのかぁ、ありがと(ハラハラ)』

動揺しながら机のカレンダーに飾った。
サトを見つつ(あと、12日でこいつらともお別れか、、さびしぃな)
サトは明るい女の子できれいなアーチを描いた眉に、体がほわっと
してて数学の苦手、考え方が妙に大人っぽい女の子。

「ちょっとセンセ?」
『む、おけ、じゃあ月曜日待ってるよ

我が校では家庭学習に5行日記っというものを貼って提出するのがルールになっている。生徒の中にはこんな日記を書く生徒がいる。

今日は普通に起きて
ふつうに部活をやってふ
つうに寝ました。あしたも
がんばりたいと思います


月曜日、サトが迎えに来てくれる(´、ゝ`)ドウナルカナァ
普通じゃないことにワクワクするココモ先生でした



2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cocomo5000
読者になる
Yapme!一覧
読者になる