冬の欠片 

May 25 [Wed], 2005, 11:30


この部屋に冬の欠片をさがしている

開け放つ窓の向こう
白い空をさがしている



踏み出す勇気も
とどまる勇気も
どちらももてずに

私はずっとさがしているのだ
受け止めてくれたあの日々を




どこにも行かず
ふざけあってばかりいた二人


あの部屋の窓は
明るかったね


あなたのからだは
とても
あたたかだったね



燃え盛る炎のかたわら
しじまだけが
二人を包んでいた



そこから先の時間も
あのとき
火にくべてしまえば
よかったのかもしれない







ことり 

May 24 [Tue], 2005, 23:31

湿った
黒い
冷たい
夜の


先っぽ
とまった
私は
ことり


くちばし
青ざめ
ふるえる
つばさ



夜は
こわいの
希望を
うばう




明日が
私を
思い出したら


指に
とまって
歌ってあげる



きれいなこえで
たくさん
歌を




わたしはわたし 

May 22 [Sun], 2005, 2:39


いやだよ
いやだ
わたしはいやだ


わたしの宇宙は
わたしのものだ


どう浮かぼうが
わたしの勝手



わたしのカラダ
わたしはカラだ


カラの体の殻をぬぎ


私は飛ぶさ

カナブンみたく

ぶんぶん
ぶぶぶん


わたしを飛ぶさ



自由がいいさ

男はいらない

こどもは重い


重い想いはもうたくさん




いやだよいやだ
わたしはいやだ


わたしの宇宙は
私の自由


昼寝をしようが
泣き叫ぼうが




わたしはわたし
たわしはたわし
あしたはあした


そんなだよ




未完の詩 

May 07 [Sat], 2005, 14:16


うまれたての 赤ん坊は
熟しすぎた果実のよう


うす皮にくるまれて
落ちたばかりの果実のよう


重たい
赤い
やわらかい

がぶりと噛めば
甘い果汁がしたたるだろうよ




きっと
できそこないの天使が
にんげんに うまれてくるのだ


雑誌や服がちらばった
あかじみて
ポテチくさい小宇宙をただよいながら



泣きながら うそぶいてたわたし




十三だった







 

May 03 [Tue], 2005, 1:38


洗面器にはった 朝


つめたい空気は
地べたに近いところを
しょざいなく漂う



今日の日のはじまりの 
きこえない合図に
反響してふるえる
アルマイトの洗面器


piripiri

しずくとなって飛び散る 朝




水滴が宙に砕けて目を覚ます
からっぽの空と
書きかけの日記



私の中で
意味をなくした昨日が
口をつぐんでしまったので



あたりのざわめきが
ようやく耳に届きはじめた




アルマイトの洗面器は
神様がしまう




詩人 

April 28 [Thu], 2005, 0:45




少しずつ切り取ってゆく

魂の古びたところから










ください 

April 27 [Wed], 2005, 23:36


指先から
こぼれる
光を

うけとめる
匙をください




悔やみたくなくて
手放さなかった想いを

燃やしてしまう
炎をください




みんな忘れる
夜をください


幾重にも重ねて
幾重にも重ねて


その
夜と夜と夜のすきまに
織り込んでしまうから



やさしくされた記憶も

黙り込む二人も





菜の花畑にて 

April 27 [Wed], 2005, 23:14


菜の花畑の輝きが
風を染めていく


風はやわらかに
花々を揺らした



空の空色は永遠


続いている春の先に
透明な初夏のこどもたちが
寝息を立てている



私はぼんやりと
ここに立っていた


一人だけ古びた魂を抱えて
無邪気なこの大地に
佇んでいた




誰も呼びに来てはくれないから
あと少しだけ
ここにいるつもりだ






こどもの詩  

April 19 [Tue], 2005, 0:20


とまる

きく

かんじてる



しゃがむ

わらう

はしりだす



こどものせかいは

とおくにあって

めをこらしても

さがせない






**********************************************



何億ピースの

パズルのカケラ

未完成のまま

大人になった



だからほんとは

あなたはこども

あなたも

あなたも


あなたもこども





さがせるんだよ


みつけられるよ





もっとも ね

未完成でも

いいんだけどさ




 

April 18 [Mon], 2005, 3:14


やくめを終えると
その春は
地面に深くもぐったり
海の底へと沈んだり
次の順番めぐるまで
静かに眠って待つらしい


ずぅっと春に寄りそって

私はもぐらになりたいな
お魚なんかも
いいだろな









2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cocoa1117
読者になる
Yapme!一覧
読者になる