痛風の原因と症状と治療法 

March 28 [Thu], 2013, 11:40
痛風とは主に男性に起こり得るもので、尿酸の生成や排出の代謝障害によってプリン体の週末産物である尿酸が血中に増加する病気である高尿酸血症によって現れる症状です。


主に関節痛が特徴とされており、その発作の多くは足の親指から起こるものです。



痛風は中年の男性に多く、遺伝的な体質等にもよりますが、高脂質、高たんぱくの食品や、アルコールの過剰摂取、肥満などが要因となっております。


その症状は突然に足の親指の関節や末梢の関節が激痛とともに腫れあがり、この発作は数日間繰り返します。


慢性的になると身体の各位に尿酸ナトリウムが沈着し、痛風結節を作り、運動障害を生ずるほか、心臓や腎臓にも障害がおよぶことがあります。



痛風の完治はまれだそうですが、治療のためにはまず肥満を避けるための食事療法等の体質改善が必要です。


また、尿酸生成抑制剤、尿酸排出剤を服用することが必要です。


薬は長期的に服用しなければなりません。


痛風治療の目的の大きな部分として、高尿酸血症から起こり得る他の病気や障害を未然に防ぐことが挙げられます。




P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cobmj
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる