【三十代女子の恋愛奮闘記】男性にとって恋愛とは「朝食」のようなもの!?

October 23 [Wed], 2013, 16:01
女性の「男心がわからない」というお悩みをしょっちゅう耳にします。そりゃそうでしょう。オトコとオンナは違う生き物なのですから、わからなくて当然です。ですが、100パーセント知ることはできなくても、すこ〜しだけなら男心を知ることも可能です。今回は、男心を「朝食」にたとえてご説明させて頂きますね。

?オトコにとって恋愛とは「朝食」のようなものである男性にとって恋愛とは、「朝食」のようなものであると筆者は考えます。一般的には、「3食きっちり食べましょう」と言われていますが、ぶっちゃけ朝食ってなくても平気ですよね。人によっては、朝食を摂らないほうが快調という人までいるくらいです。バッグ,財布

男性にとって恋愛も朝食のようなもの。ぶっちゃけなくても平気なんです。生きていけるんです。生命活動は維持できちゃうんです。それどころか、恋愛なんて無いほうが仕事も趣味も絶好調だぜヒャッハー! という人もいるくらいです。

?朝食も恋愛も、あればあったで良いものこれとは真逆のことを書きますが、朝食ってあればあったで良いものなんですよね。味噌汁に白いご飯があるだけで、「日本人に生まれて良かったー」という思いを噛み締める人も多いでしょう。パンとコーヒーでも、落ち着いて朝食を摂ることによって、「今日も1日頑張るぞ!」という気分になれます。

男性が恋愛に抱く思いも全く同じです。あればあったで良いものなんです。カノジョからのLOVEメールに「リア充で良かったー」という思いを噛み締める男性もいるでしょう。トートバッグ

?朝食も恋愛も「重い」のはNGところで、朝からステーキやカツ丼を食べる人はいないですよね(一部の大食漢は除く)。ステーキやカツ丼は重くて胃がもたれるので、朝食として摂るにはちょっとご遠慮したいメニューです。

男性にとって恋愛は朝食と一緒……、ということは、そう! 重い恋愛は受けつけないんです。メールの返信が遅いとブチ切れたり、デートの回数が減ったと泣きわめいたり、「私のこと好き?」とか「愛しているって言って!」という発言は、男性にとってすごーく重いため、拒否反応が出ちゃうんです。男性陣の脳内では、貴女は「カツ丼女」という認識になっているでしょう。

?重くない朝食 = 重くない恋愛そう考えると、朝から無理やりカツ丼を食わせるような恋愛が、いかに毛嫌いされるかということがよくわかるはず。味噌汁と納豆、もしくはパンとコーヒー程度の軽い朝食の方が習慣となって長続きするように、重くない恋愛のほうが長続きするのですよ。

最初に述べたとおり、男心を100パーセント理解することは難しいでしょう。でも、朝食にたとえることで、なんとなく理解できたはず。彼氏や意中の男性の気持ちがわからなくなった時、思い出して頂けると幸いです。
www.imagenhotelera.com

恋愛コラムニスト:菊池美佳子 Twitter / ブログ
Illust:Pyocotan

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cobarrqtt
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cobarrqtt/index1_0.rdf