ーロ圏に加盟していない国とEFSFについて議論をしない」と突き放

September 18 [Sun], 2011, 16:54
欧州連合(EU)議長国のポーランドで開かれていたEUの財務相理事会は17日閉幕した。議長国の招きでガイトナー米財務長官が初参加、欧州債務危機問題を討議したが、危機拡大回避のため早急な対応を求めた米英に、ユー�� IWC �圏諸国(17カ国)は反発、認識の違いが浮き彫りになった。

【会合では】ユーロ圏財務相会合:ギリシャ追加支援で一致

 ガイトナー長官は16日のユーロ圏財務相会合などに出席し、欧州金融安定化基金(EFSF)の�� ヴィトンコピー �化などを要求。ユーロ圏外のオズボーン英財務相も「時間切れが迫っている」と早急な対応を求め、米英連携をみせた。

 EU側は各国の事情を踏まえ「意思決定には時間がかかる」との認識だが、米側や国際機関には「世界経 オメガ販売 済は新たな危険区域に入った」(ゼーリック世界銀行総裁)との危機感があり、欧州の対応にいら立ちを募らせる。

 だが、米国も高失業率や巨額財政赤字を抱えており、ユーロ圏の対応は冷たかった。

 ユーロ圏議長のユンシャネルの通販 ケル・ルクセンブルク首相は16日の会見で「ユーロ圏に加盟していない国とEFSFについて議論をしない」と突き放し、オーストリアのフェクター財務相は「(経済)指標がユーロ圏より悪い米国が我々に提言するのは奇妙だ��ディスカウント �と不快感を示した。

 17日の会見でも、その流れは続き、欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁は、ユーロ圏に個別に問題を抱える国があるものの「ユーロ圏の今年の財政赤字は4.5%。それ以外の主要先進国の財政赤字ルイヴィトンの財布 は10%だ」と指摘。バルニエ欧州委員(市場・金融サービス担当)は「次回は、中国の財務相を招くのも一案だ」と皮肉った。

 今週末にはガイトナー長官が議長を務める主要20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総�ロレックスコピー��会議がワシントンで開かれる。欧米諸国間の心情的対立が際立ったユーロ圏会合に続くG20では、中国など新興国の思惑が交錯するだけに、危機克服に向けた国際協調をどこまで進められるか。今度は米国の指導力が試される。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/coachbottega/index1_0.rdf