UGG ブーツ

November 21 [Wed], 2012, 16:13
UGG ブーツ日本代表SH田中史朗(京産大→パナソニック)のスーパーラグビー入りも日本人初の快挙だ。スーパーラグビーは、現在の世界3強国「ニュージーランド(NZ)、オーストラリUGG クラシックトールア、南アフリカ」から5チームずつが参加して開催されているプロリーグである。田中が契約することになったのは、NZ南島のダニーデンを本拠地UGG クラシックショートとするハイランダーズ。同じくダニーデンを本拠地とするオタゴ州代表での活躍が認められての契約となった。同国代表オールブラックスは、原則とUGG ブーツしてこの5チームから選出されるため、日本人が入っていくのは至難の業。田中の奮闘は大いに評価されるべきだ。そして、「僕が開けた扉に続いてほしい。そして、UGG クラシックトールみんなで2019年ワールドカップを盛り上げたい」と言う通り、少なくとも日本代表の半分は、スーパーラグビーや海外のプロクラブでプレーしている選手で構成されてほしい。そうなることが日本代表UGG クラシックショートの強化につながり、2019年大会の成功につながるからだ。

どんどん行ってほしいと言いたいところだが、そう簡単な話ではない。日本代表クラスの選手でUGG ブーツあれば、NZやオーストラリアのトップクラブでプレーできる能力は十分にある。それなのに、ほとんどの選手が日本でプレーしているのはなぜか。日本にいたほうが報酬も環境もいUGG クラシックトールいからである。特に報酬は大きな問題だろう。野球やサッカーと違って、ラグビーの場合は世界の一流プロでも報酬は低い。プレーに対する報酬だけで年UGG クラシックショート間1億円を超えるのは、ほんの一握りだ。ほとんどの選手は、日本の平均的なサラリーマンと大差ない報酬でプレーしている。

日本のチームを退団し、裸一貫で海外UGG ブーツ挑戦するのは選手にとって負担が大きすぎる。田中もパナソニック所属のまま州代表でプレーした。ラグビー部を持つ企業と日本ラグビー協会が協力し、報酬面でのバックアップUGG クラシックトールをしながら海外挑戦の道筋を作らなければ、今後、田中に続く選手は出てこない。2019年大会の決勝トーナメント進出を本気で狙うなら、システム作りUGG クラシックショートを急ぐべきである。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム: コーチバッグ
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/coach04444/index1_0.rdf