潮(うしお)で宮田

June 08 [Wed], 2016, 10:41
土地を売却しなければならなくなったので、まずはGoogleで検索して、情報を得るのが不動産屋さんに騙されない秘訣と言えるでしょう。最初に知っておかなければいけないのは、いくらで売れるかという見当をつけること、どこの不動産屋さんにお願いすべきか、これら2つが必須と言えます。物件の相場が分からないと取引後に入る金額がつかめませんし、不動産屋さんが決まりませんと不動産を売るのに思いの他、時間がかかります。
REINSというシステムを利用すれば、不動産の売却価格をおよそつかむことができます。REINSは誰でも利用することができます。レインズなら不動産の価格を入手することができますので、売却を考えている不動産の値段をおおまかに知ることができてしまいます。不動産屋さんに出向く前に相場観を持っているだけでも、シロウトだと思って適当にあしらわれて不当な価格で買い取られてしまう危険を減らすことができます。
土地や建物を売る時は、意外と色々な種類の経費がかかるものです。経費については事前によく知っておく必要があります。経費として最初に必要なのは不動産屋さんに支払わなければならない手数料です。取引した金額の約3%+64800円という計算で求めるので、2000万円の土地だとだいたい70万円必要です。これだけでなく、譲渡所得税や印紙代などがかかりますし、マイホームを売るのであればリフォーム費用もかかることが多いです。仮に取引が4000万円で成立しても、その全額が自分のフトコロに入るわけではないわけです。
不動産を売る代表的な理由の1つとして、相続によって引き継いたケースがあります。相続だと権利関係が複雑な場合があります。遺産の分割協議を相続人で実施した結果、どうしても1つしかない不動産を複数人で相続するような場合、現金にして遺産を分け合うこともあるのです。相続税は基本、現金で納めますが、現金では納められないと遺族から申し出があれば物納という方法もあるのですが、できるだけ物納は避け、現金で納めたいところです。
駐車場経営を考える土地のオーナーは多いので、典型的な土地活用の手法として認知されています。アパートやマンションを建てることに比べれば、ハードルが低く感じられるのが理由でしょう。駐車場を運営する方法には、月額契約(月極め)もあれば地域の実情に応じて決めれば良いでしょう。所有者にとって大事なことは収益性や採算性かもしれませんが、お客のつもりで決めないと、儲けることは難しくなってしまいます。
住宅はそう簡単に売れませんので、焦って売却しようと思ってはいけません。最低でも3ヶ月から6ヶ月の期間を見ておくべきです。あなたが短期間で売ろうとしていることを見込み客に知れてしまうと、納得できない価格で契約することになり、見込んでいた収入を得られないおそれがあります。買い替えのために住宅を処分するなら、住み替える家の購入に必要なお金を売却価格でまかなえるのが理想ですので、戦略を立てて上手に物件を売却しましょう。
マイホームを売る時は直接、買い手が自宅まで訪問してきますが、その時に注意しておくべきことがあります。物件をなるべく高く売る上で重要です。すべてに共通した話ではありますが、最初の印象、すなわち第一印象をよくすることです。購入希望者が最初に目にする玄関に汚れが目立つようだと、綺麗好きな買い手の心象を損ないます。また、部屋はできればプロに掃除を依頼して、外の空気を入れて室内の臭いをなくしておくとあなたが大事に使っていたことが伝わり、積極的に購入を考えるようになる傾向があります。
土地を売って利益が出ると税金がかかりますが、元が高いだけに税金もとても高いですよね。モノが高いだけに、税金の金額も高額になりがちです。不動産を売って出た利益は専門家は「譲渡所得」と言いますが、この譲渡所得に対し、所得税と住民税、2つの種類の税金を納めなければなりません。また、土地の場合は5年未満の売却だと、本当はそうでなくても転売目的だったと判断されてしまい、高い税率が適用され、短期の時よりも高額な税額になるのです。5年を超えていませんと、2倍くらいの税金を払う必要があります。
土地は「一物四価」とか「一物五価」などと言い、4つも5つも価格がついています。それぞれ計算方法が違いますので、ややこしいです。ざっと分けると、納税の基礎となる金額と、実際の土地取引の目安として使われるものとに分類されます。税金を計算するものは路線価や固定資産税評価額で、これらはだいたい公示価格の8割弱になることが多いです。時価と公示価格は現実の取引で参考にはされますが、現実には、それらと同じ価格で取引されることはあまりありません。不動産屋さんは現実的な相場を把握していますので、お役所の数値をそのまま使うことはないのです。
住宅は高額な商品なので、家を買うことは、普通のサラリーマンにとっては一生に一度の大イベントです。そのため、あわてて買いに走らず十分に知識を得ることから始める必要があります。頭金をどのくらい用意するか、不動産屋さんに支払う費用はどのくらいか把握することも必要ですが、購入を希望している土地を自分の目で見て確認することがお金のことよりも一番、大事なことだというのが私の考えです。地名については、どうしてもイメージが先行してしまいます。中目黒や吉祥寺など、住みたい街ランキングによく出てきますよね。高級なところだとスーパーやコンビニが少なくて不便な傾向があります。物件に何度も足を運んで確認するくらいの慎重さが必要と言えます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cnzeqiln0meinj/index1_0.rdf