時刻表の不思議を山手線から考える

July 07 [Sun], 2013, 10:18
電車には必ず時刻表が存在するって知ってましたか?

「何を当たり前のことを言っているんだ!」
と怒られそうですが、
時刻表なんてないんじゃないかと思われる路線が存在する。
それは『山手線』
2分や3分に1本の割合で走っているので、
もはや時刻表なんて存在していないものだと思っていた。


でも自由に走っているわけじゃないから
時刻表が存在するのは当たり前のことなんですよね^^;


田舎では30分に1本や1時間に1本はザラで、
所によっては、2時間、3時間なんていうのも普通に存在します。
そんなところでは時刻表がなければ、
次の電車までの時間を知ることができないので不便ですが、
山手線のように数分に1本となると、
駅に着いた時に来た電車に乗り込めば済むので、
時刻表なんて見る人はほとんどいない思う。

しかし電車の運行にはダイヤは必要です。
ダイヤがあるからこそ、接続や次の電車との感覚が守られるわけで、
多い時間帯には24、5本の電車が走っている山手線では、
ダイヤがなければ事故が起こるのは必至で、
ダイアに合わせて運転されているから、
こんな過密ダイアでも事故を起こすことはないのです。


そんな山手線ですが、
何故『緑の山手線』と言われるようになったのでしょう?


それは単なる偶然からのようで、
乗り間違えのないように電車の色を分けた時に、
たまたま山手線は緑色になったということ。
別に山手線だから緑色というのではなく、
その時の決め方によっては赤や黄色、紫だってあったのかもしれません。
でも今では山手線は『緑』のイメージが定着して、
色のイメージの強さを改めて思い知らされる。


最近ではネイルアートも多様化していて、
印象を強く植え付けようと思ったら、
やはり同じような色を使うことで、
イメージを植え付けることが、
印象を強くすることに繋がるのかもしれません。








P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たいち9m1r
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる