マチのオオジュリン

April 23 [Sat], 2016, 13:41
国外で助けを求めている人に、介護士として役に立ちたいという思いを抱える介護士の人も少なくないでしょう。



現実に、海外で日本の介護に対する需要の高まりから、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る介護士が必要になっています。

海外で介護士とし働くためには、患者との円滑なコミュニケーションのために医学的な英会話ができる事が最低条件になります。

海外で介護士として活躍したいのであれば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。色々な働き方ができる介護士なのですが、ほとんどの介護士が介護施設で勤務します。


ですが実のところ、介護施設という職場以外の場所においても、いくつも介護士の手を必要としている職場はあり、具体的には、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。

こうした職場で介護士として腕を振るう人も多いですし、人気が高くてなかなか採用されないようなこともあります。必ずしも介護施設でなくともやる気があれば、仕事する場は多いので、自身の生活が変わっていくのに合わせてその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。
街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。

街コンへの参加を決める介護士というのは、実は少なからずいるのです。職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、男性との出会いというものが少なくて、「結婚したい」という介護士達が、街コンに繰り出しています。「介護士」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。
けれども、たとえ素敵な出会いがあったとしても、その後、仕事が規則的でないということが原因で、駄目になってしまうこともあるようです。
交代制で働く介護士の、勤務終了前の大事な仕事として、多くの介護施設では、申し送りを行っています。



患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、業務を行なう上で必要な事柄を口頭で直接、次の人に伝えることになっています。申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に報告しなければなりません。


業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も求められます。

一般的な認識では介護士は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからローンの際も、比較的審査が通りやすいと言えます。けれども、介護士であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時には注意しなければなりません。スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと正規の職員として雇用されている介護士の場合には当てはまることなのですが、介護士であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。介護士の資格のある人は法律では、仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。基本原則として、介護行為を行うということは認められていないのが現状ですが医師の指導の下であれば認められている介護行為もいくつか存在します。そうはいっても、患者の状態が悪くなり、緊急の場合や、緊急事態には、キャリアのある介護士には部分的に介護行為も行っていいのではないかと思っています。

近年、相次ぐ介護施設の統廃合によって医師や介護士が不足していることが問題視されているようです。夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに勤務先によっては、急患にも対応する等、介護士のほとんどがものすごい激務に追われているのです。


少しずつ介護士を志す男性も増えてきてはいますが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスにやられてしまったり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている介護士も多くいるということは納得できる話でしょう。
病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、ここ数年でどんどんお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。


そうなってくると、医師と介護士ももっと多くの人手が必要とされているのですが、実際には、人手不足が深刻です。けれども、それほど人手が足りない状況だと、人材を求める介護施設がそれだけたくさんあるということでもあって、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等のメリットも確かにある訳です。介護士というと介護施設に勤めているイメージがありますが、介護士の求人がある勤務先に実のところ、保育園が挙げられます。保育園に勤めるということで、子どもが好きであったり育児の経験がある介護士は、ぴったりの職場でしょう。

介護施設とは違って、保育園での介護士の仕事は介護従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、お世話や授乳など保育士のお手伝いするという責任のある仕事だと言えます。


景気に関係なく求人が途切れることのない介護士は、転職が大変やりやすいといわれています。
転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、次の段階、すなわち面接に進むことができます。これまでの経験や職務について、志望動機など話をすることになります。しかし、介護士としての能力と同様に、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり調べられているのです。仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力なども知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。


介護士の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないということも、しばしば言われるようですが、どうやら、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。
なにしろ、女性はすぐにグループを作ってそうやって顔を合わせると、誰かの噂話に興じたりするなど、職場が女性だらけだと、少し窮屈な空気になるのは仕方がないのかもしれません。日常的にそんな環境に接しているとやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだとわかっておけば、冷静でいられるでしょう。よく知られていることですが、介護士の仕事というのはかなりハードではあります。


なので、心身に辛さを覚えることも多いかもしれません。勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。
ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないとどうしようもなく疲労を溜めてしまい、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、ようやく「少し無理をしているのかも」などと思い巡らすようなことになるのです。介護士は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。

自身の結婚、出産あるいは転居など一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、中には、自らの介護士スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。
こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ転職させてもらえないことだってあるかもしれません。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、大介護施設で最先端の治療に接したい、というように向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。

多くの介護士は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によってどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。
重要なポイントとして、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、どうやっても夜勤のある介護士と比較して給料が少なくなってしまう事が多いようです。例え年収が下がったとしても、転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。


介護士と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、その一方で困難もまた様々なのです。
肉体的にも精神的にも大変な仕事であることはよく知られていますし、職場にいる時間は長く感じる上に、交代制で不規則であり、なにしろ介護に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。



それらを承知の上でなお、介護士になろうと希望し、勉強に励む人が多い訳は、デメリットに目をつぶることが可能なくらい大きな満足感も得られる仕事なのです。一般的に、介護士の中には煙草を吸う人が減っているように思います。



実際のところ、やはり国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。介護士は病気の患者と接しますから、煙草を吸って、服や体に臭いがつかないように、注意している人が多いと分かるのではないでしょうか。

介護士の勉強をするための学校には主に看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。
授業の内容などはそこまで変わらないのですが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、貰えるお金の面でも、専門卒よりやや良いでしょう。そして、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習をすることに重きを置いているので実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。

収入の話になりますが、介護士という職業は、主に女性が担う一般の職に比べ、けっこう良い給料をもらうことができます。

責任の重い、介護現場を職場にしていることに加え、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当もしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。夜勤を通常より多く入れている人ですとか勤務終了でクタクタのところ更に残業をするといった介護士の場合、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。他の仕事と違い、介護士が職場で勤務する時間というのは、実は意外と調整しやすいようになっています。どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。

なので、園児や小学生などの母親をしながらであってもなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。

例えば子供の急病など、退勤を含め臨機応変な対応が必要になることが多い割に、職場のみんなでともかくフォローし合えるのは、勤務時間を調整しやすい介護士という仕事だからこそ、なのかもしれません。補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。介護士がかぶっている、いわゆるナースキャップ。


あれは介護士になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。

料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。

しかし、昨今では、介護士の着る制服というのも変遷を遂げており、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは残念だと思いますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。

少し前までは、介護士というのは女性の職業と思われがちでしたが、昨今はだんだん男性が介護士になる割合も高まっています。



日常の看護においては、患者の移動の介助をする時やお風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、男性介護士がより力を発揮できるということもままあります。年収については、女性の場合と一緒ですが、産休や育休がないので、より高い能力を身に着けるチャンスが増えるでしょう。


少子化や高齢化のために、とりわけ介護職に就く人たちがもっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。

それ故、今でさえ足りていない介護士ですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。
毎年多くの人が介護士資格に合格しているはずなのに、今なお介護士の数が十分でないのはなぜかというと職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も原因として挙げられます。


様々な病気を患い心細い患者にとっては不安を解消し支えてくれる介護士の存在は本当にありがたいものです。でも、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。多くの覚える事や繰り返しのチェックなど相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。
そのため、うつ病を患う介護士も珍しくないのです。性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。スキルを上げて「有能な介護士になりたい」と願うのなら、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というような生やさしいものではありません。ですから、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。
介護士の中には、向学心から別の仕事先を探す人も一定数います。



救急や最先端の介護を行なう大きな介護施設などで介護士スキルをさらに底上げを図ろうとする、意義のある職場変更と言えるでしょう。

介護の現場に携わる仕事とあって、介護士はなかなかリラックスできる暇などなく、そうしたことにより常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、心にも大きな負担がかかるということになります。そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを持っているということは大きな利点であり、介護士であり続けるためには大事な点になるでしょう。

日々、介護士の激務に追われて働き続けていくと、つらいこと、大変なこともあります。



そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。

他と比べるとまあまあゆったりしていると考えられている病棟は、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。



ところが、専門性の高さですとか、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、ハードさの度合いは違ってくるはずです。仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、介護士の世界にもそれはたくさんあり、例としてエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。食事をとってきます、と働いている他の人にわかってもらう目的でどこでもよく通用します。そもそもエッセンとは、というと、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。昔は、介護現場でドイツ語がよく使われており、その影響です。
何であれ今でも便利な言葉として、介護士の皆さんに使われています。

色々とある中で、介護士という資格の一番いい点を挙げるとすれば、やっぱり、たとえブランクがあったとしても、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。



理由として、介護士が専門職だからということと看護の現場の慢性的な人手不足の問題が少なからず関係しています。転職先も雇用形態も特に希望しなければ極端に言えばすでに50代になっていても再び働くことができます。大変な激務と世間一般に認識されている介護士というお仕事の、その中身を少し見てみます。
特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいて容態の急な変化もありえますし、検温や血圧測定、動けない人の介助も担当看護士が任されます。



緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、スタッフの数が少ない夜間にナースコールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、少々混乱してしまいそうなくらいに忙しい日もあるでしょう。
介護士試験合格に向けて学ぶ場所として大学あるいは専門学校があり、介護士を目指す場合、どちらかに入ることとなります。


大学の場合のいい面は最先端介護に関して等、より深く学ぶことができることと一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。



他方、専門学校に関しては、実習など現場に即した内容が多いので、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。



そして、必要とされる学費については大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:葵
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cnraeg1i6touct/index1_0.rdf