役に立つ女性ホルモンの投与も注意が必要。 その副作用について 

July 08 [Fri], 2016, 15:41
女性ホルモン剤の投与はこんな時、こんな効き方

「女性ホルモン剤を投与する」と聞いて、ピンと来ない女性も多いかもしれません。けれどもいざという時のために覚えておくと良い治療方法です。
女性は特に年齢を重ねてくると、ホルモンバランスの乱れによるトラブルが多発してきます。具体的には「生理不順」「更年期障害」「不妊症」などです。その他にも「自立神経失調症」や「記憶力の低下」などが挙げられます。これらに効果が出るという事で、多くの人が女性ホルモンの投与を行うようになってきています。また最近の研究や実例から老化の進行を遅らせる、骨粗しょう症や動脈硬化予防にもなるという事でも一層注目が高まってきています。

ホルモンバランスが乱れがちな現代

こうした治療が注目を集めてきているのは、現代がホルモンバランスを壊してしまう生活になりがちだからです。ストレスがその大敵となるのは、多くの人が認識している事でしょう。また不規則な生活も大きく影響します。若いうちは多少の無理も表立って響いてこないかもしれませんが、年齢とともにそのリスクは高くなっていきます。
女性のホルモンバランスは繊細ですから、些細な事にも反応してしまいます。もちろん危険を感じたらすぐに避ける、対処するのが一番ですが、そうした事もなかなかできないのでこうしたホルモン剤の投与が必要とされていくのです。最近は錠剤やサプリメントなどで手軽に試してみるという方法も広がってきています。

こんな副作用に注意

但しこれには副作用が出る事も注意しておきましょう。
・吐き気
・食欲の減退
・むくみ
・めまい
・発疹
・頭痛
・発汗や微熱
これらが主なものですが、より深刻なのは癌や血栓症のリスクもあるという事です。
これらについては医療機関などでもよく認識されているものですので、投与を行う際にはよくこれらの副作用についても確認しておきましょう。