税金に最後

July 31 [Wed], 2013, 15:05
二週間もしないうちに、モスクワも上海も、毛沢東がいたって元気であること、しかも江西
紅軍の支配権を強奪したこと、を知った。四月二日、上海は紅軍全軍に対し、軍は上海の党中央が
出す以外の指示に従ってはならない、とする強い調子の通知を発した。通知は、名指しこそしなか
ったが、党の許可なく江西紅軍を乗っ取った毛沢束をはっきりと非難していた。
五月になって江西省に上海からの文書が届き、地元の紅軍兵士たちが毛沢東に抵抗して立ち上が
った。地域によっては、共産党幹部が毛沢東・劉士奇政権に対する農民反乱を煽動したところもあ
った。毛沢東が乗り込んでくる以前は、江西紅軍は住民の福利や生産活動などにも関心を払い、農
機具や家庭用品の工場を建設したりしていた。毛沢東と劉士奇は、こうした施策を「建設主義」と
呼んで非難した。劉士奇は、「闘争の必要性から、生産を縮小することが不可避である」と書いた。
生産向上の機会を奪われ、税金に最後の一滴まで搾り取られた農民たち(劉士奇によれば、「皆、
大喜びで支払ったしは、「平穏な生活と平穏な仕事をよこせ!」と叫んで各地で反乱を起こした。
劉士奇は、「革命意志薄弱な者や非行を働く者は、見つけしだい逮捕せよ」、「親戚や友人に同情を
抱いてはならぬ。正しい行動を取らぬ者は、家に来た客であろうと他のどこであろうと……当局に
よって逮捕処罰されるべく……報告しなければならない……」と命令し、情け容赦なく反乱を鎮圧
した。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひな7
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cnk72bb4/index1_0.rdf