Brooksと新開

November 22 [Tue], 2016, 17:58
なぜ転職するのか、は書類選考や面接において重要なポイントです。相手がなるほどと思える志望動機でなければ評価は悪くなります。しかし、なぜ転職したいのかと聞かれても答えるのに苦戦してしまう方も少なからずいるはずです。多くの方が履歴書への記入や面接の際にこの転職の動機に四苦八苦します。
転職理由としてどのようなものが良いのかと言えば、はじめに、勤め先を変えようとする本当の理由を、検討してください。そのまま相手に言うわけでもないので、ノートにでも、そのまま書いてみましょう。次に、それらが人にネガティブな印象を与えないように表現を異なったものにしてください。長い転職理由だと言い訳をしているように聞こえてしまうので、長いものには気をつけましょう。
労働時間が長いという理由で辞職したときは「生産性重視の仕事を希望しています」、仕事にやりがいを感じなくて辞めたときは「新しい環境でさらに成長を希望しています」と書き換えると悪い印象を与えません。ネガティブな転職理由も言い方を変えれば、ポジティブなものになるのです。履歴書に記載するときには、150文字以上、200文字以下といったところが理想でしょう。
書類選考や面接において転職理由はとても重要視されます。相手が納得できることができないと評価が下がります。しかし、転職した理由を聞かれても上手く答えることができない人も多いと思います。多くの人が履歴書を書く時や面接の時にこの転職理由を説明するのに苦労します。
印象のいい転職理由は何かというと最初に、実際に転職を考えた理由を思い出してください。そのまま言う訳ではないので、正直に文字にしてみましょう。そして、それをできるだけプラスの印象になるように書き直してみてください。転職の理由を長く語ると自己弁護のように聞こえるので、簡潔に書きましょう。
労働時間が長いという理由で退職した場合は「生産性を重視する業務をやりたい」、仕事にやりがいというものを感じず退職した場合は「新しい環境でさらなる成長をしたい」と置き換えたら印象がよいです。ネガティブな転職理由も表現のし方によっては、ポジティブな理由へと変わります。履歴書に書き入れる場合は、150文字から200文字程度がよいです。
職を変える理由は履歴書選考や面接での評価において非常に大切です。相手になるほど、と思わせる原因でないとしたら良いという印象は与えられません。でも、前の職を辞めた原因を聞かれても相手に伝わるように話せない人も多く存在するに違いありません。ほぼみんなが履歴書の記入時や面接時にどうして職を変わったのか理由を伝えるのに困難を感じます。
どのような転職の理由が望ましいかというと、最初に、転職を決意した本音の部分を自問自答してみてください。そのままを相手に伝えるということではないため、素直にノートに記しましょう。そして、それを前向きなイメージになるように文章をリライトしてください。転職理由が長くなりすぎると言い訳めいて聞こえてしまうため、長さには注意を払いましょう。
辞めた原因というのが長時間労働の場合は「生産性を重視した仕事を心がけたい」、辞めた理由に仕事のやりがいのなさをあげる場合は「新しい環境で研鑽に励んでいきたい」などと言葉を選ぶと心象悪化を招きません。辞めた理由がネガティブであっても言い方を変えれば、印象の良いものとなります。履歴書を作成する場合は、150字から200字ほどの文章が理想です。
転職活動は在職期間中から行い、転職先が決まってから退職したいものです。仕事を辞めてからの方が時間が自由になりますし、すぐに仕事をし始められますが、転職先がすぐには決まらない可能性もありえます。無職の期間が半年を超えてくると就職する先が見つけにくくなりますから勢いで現在の仕事を辞めることのないようにしましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kaede
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる