徳永暁人でセーラ

June 05 [Mon], 2017, 9:37
転職を考え中の方は、目指している転職先で持っていた方が良い資格はどのようなものがあるか考え、前もって資格を取っておくのが有利かもしれません。

面接時、他の人に差をつけることが出来るということもありますし、資格手当をつけている企業では資格が大切な証拠なので、取得してない人は積極的に取得しておきましょう。転職の履歴書に、前職の会社の名前や勤務年数など、簡単な経歴を書いているだけでは、それを読む採用担当の方に今までしてきた仕事をわかってもらうことはできないのです。

どんな部署でどのような仕事をしてきて、どのような成果が上がったのかや技能を身につけたという説明を加えることで、人事に見てもらいやすくなります。通常、転職者が要求されるのはすぐにでも仕事が処理できることなので、業種を変えて転職するときは年齢や経験の不足を補う何かがないと勤め先を見つけるのは厳しいでしょう。すぐに仕事ができるような人材を求めているので、経験を問わず採用するところはそれほどありません。

希少な資格を取るとか、業界の常識を勉強しておくといった努力が求められます。転職時に必要な資格は、専門職を除くとそれほど多くないようですが、取得資格が有利に働くということでは、やはり、国家資格が最強のようです。


特に、建築・土木関連では建築士のようにいわゆる「業務独占資格」と呼ばれるその資格がない状態では実務をすることができないという仕事も多々あるので、狙ってみる価値はありそうです。転職の無難な理由は、スキルをアップさせるためという理由が一番支障がなく、それに加え、相手企業にマイナスのイメージを持たれにくい理由でしょう。



理由がスキルアップであるならば、リスクが少ないだけでなく、今後、さらなるスキルアップを目指しているというポジティブな印象を人事側に抱いてもらうことが可能です。
正社員として採用されない理由は、本人の態度にあるのではないでしょうか。実際、その会社に入ってどんなことを達成したいのか、どんな風になりたいかがしっかりと決まっていないため、志望理由が抽象的になり、面接も今一つになるのではないでしょうか。やりたい仕事がわかって、情熱が伝わったなら学歴によっても違ってくるかもしれませんが、正社員として受かる確率は高くなるでしょう。志望動機は採用の選考過程においてとても重要です。



整合性のある志望動機でなければ評価は悪くなります。

しかし、なぜ転職したいのかと聞かれても答えるのに苦戦してしまう方も少なからずいるはずです。
一般的には履歴書に書く際や面接時にどんな転職理由なのかということに大変時間をかけます。
どのような転職の理由が望ましいかというと、最初に、転職の本当の動機をよく考察して思いおこしてください。
考えたことをそのまま伝える必要はないので、思ったとおりのことをノートに記入しましょう。
そして、それをポジティブな印象になるように文章をリライトしてください。転職の理由が長々と続くと言い訳めいて聞こえてしまうため、長くなりすぎないように気をつけましょう。英語が堪能だと、就職活動で有利になるかというと、メリットになる場合が多いでしょう。楽天のように社内の公用語が英語のみだという会社もあったりしますから、英語が堪能なら他の求職者よりも選択肢が多くなり、有利に事が運びます。

履歴書に記載できるような英語のレベルを証明できる資格を取得すると良いでしょう。転職をする場合は、好印象を与える綺麗な服を着て面接に臨み、前向きに生きている方だと思わせるように動きましょう。



間違いなく問われることは最初から用意されていますから、前もって何を言うか考えておいて、自信をもって語ってください。
しどろもどろになったり、後ろ向きなもの言いは好まれません。
胸を張っていきましょう。


35歳転職限界説は、聞いたことがあると思います。
この説は、35歳を超えると転職することができなくなるという説です。まだこんな説が出回っていますが、本当にこの説は正しいのでしょうか?実のところは、35歳転職限界説は今現在、有効ではありません。
今ではどの会社も生き残るために必死になっていますから、35歳以上だからという理由だけで不採用にしている場合ではないのでしょう。

転職活動の際は、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)という資格を取得していると役に立つことも少なくないと思われます。このMOSという資格、実はマイクロソフト社が公認している一定レベル以上のPCスキルがあることを証明してくれるとても取得する意味のある資格です。



この資格を取得しているということは、ほとんどの企業で必要不可欠となっているマイクロソフト社のワードやエクセル、パワーポイントといったソフトに関する知識と技術があることが証明されるのです。


転職活動は在職中から実行し、転職先が決定してから退職するのが理想です。辞めてからの間が自由になりますし、即、働き始められますが、転職先がなかなか決定しないことも想定されます。

無職の間が半年以上になってしまうと、就職が成功しにくくなりますから、勢いで現状の仕事を辞職しないようにしましょう。


転職先を選ぶ上で重要なのは、膨大な求人広告の中からニーズに適う転職先を見つけ出すという点です。

それを実現するためにも、多様な手段で求人広告を調べましょう。

会員だけにしか公開されていない求人もあるそうなので、転職サイト・アプリは一つに絞らずに複数使う方が断然良いです。


焦って決めるのではなく悔いの残らない転職をしましょう。会社が必要とする人材だと認定された場合は、35歳を超えていても転職することは可能だと思っていいです。確かに、若い方が採用されやすいですが、すぐにでも結果を出すことを求めているような会社では、経験と知識を兼ね備えた30代を迎え入れる準備ができています。
なので、35歳を過ぎていても、再就職を諦めなくていいのです。
労働経験が就職活動において有利である事は多いと思われます。



人事部を担当していた際に面接で思ったことは、バイト経験を持つ人の方がしっかり受け答えしており、印象がとてもよかったということです。

社会経験があるかないかの差はこんな時にも出るのではなかろうかとつくづく思いました。



労働時間が長いという理由で辞職した場合は「生産性をきちんと考えた仕事をしたい」、仕事にやりがいがなく辞めたときは「新しい環境での成長を希望しています」と書き換えると悪い印象を与えません。



転職理由がネガティブだったとしても表現を変えれば、ポジティブなものに変わります。



履歴書に書く場合は、150文字から200文字程度が理想とされています。転職しようと思った時に、家族に打ち明けることはとても重要です。
ただ、助言が欲しければ、仕事についてよく知っている会社の人に相談した方がいいかもしれません。
職場の仲間だからこそ、出来るアドバイスがあるはずです。同僚が信用できない場合は、転職したことのある友達に相談してもいいでしょう。転職に関することを家族に相談したとしても、適当な助言を与えられるとは考えないでください。家族は会社でのあなたの状況をちゃんと理解していないからです。
転職理由を説明しても「へーそうなの」程度しか思ってくれない事だってあります。

「自分の思うようにやればいい」というような一言で、すませられてしまうこともあります。
飲食業界から出て異業種の仕事をみつけるのは厳しいです。

飲食業界では整っていない労働条件で勤務をするしかないということが多いため、不安な将来を思い描くようになり、転職しようと動き出すケースが少なくはないようです。寝込むようなことになってしまったらさらに転職の可能性は狭まりますし、転職に挑むのであれば早めに行動しましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:レイナ
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる