7月26日の投資情報

July 28 [Sat], 2012, 20:18
皆様、こんにちは、7月26日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局金商第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業一般第998号の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社日本橋兜町近辺が提供する副社長ブログでございます。
今日の株式市況においては26日前場の日経平均株価は前日比23円高の8389円。
TOPIXは同3ポイント高の709ポイント。
騰落銘柄数は値上がり1016銘柄、値下がり492銘柄、変わらず152銘柄。
NYウの上昇を好感した買いが先行し、一時8400円台まで上昇したが、上値は限られた。
キヤン7751への売りが重しになった一方、ファナック6954の上昇が支えになったが、全体的には前日終値を挟んでもみ合いとなるなど方向感の定まらない展開が続いた。
市場からはキヤンの時価総額が寄り付きから10分で4000億円弱も吹き飛び、市場が動揺するなか、その影に隠れて下げていた主力株の一角に買い戻しが入っているのは注目だ準大手証券との声が聞かれた。
前日のアメリカ株式市況はNYウが前日比58ドル高の1万2676ドルと4日ぶりに反発、ナスック総合指数は同8ポイント安の2854ポイントと4日続落して取引を終了した。
出来高概算はニューヨーク市場が7億8323万株、ナスック市場が17億2178万株だった。
好決算を発表した米建機大手キャタピラーや航空機大手のボーイングなどが物色され、NYウの反発を支えた。
一方、ハイテク株比率の高いナスック総合指数は、24日の取引終了後に市場予想を下回る決算を発表したアップルの下落が響き続落となった。
NY外国為替市場でドル円は78円13銭とほぼ変わらずの水準で取引を終えたが、ユーロ円は94円83銭とやや下げ渋った。
業種別としては業種別東証33業種株価指数は値上がり19。
値下がり14。
証券、銀行、鉄鋼が値上がり率上位。
空運、鉱業、医薬品が値下がり率上位。
三菱UFJ8306など銀行株や、アコム8572などンバンク株が堅調。
野村8604など証券株や、第一生命8750など保険株も上昇し、野村不HD3231など不動産株も引き締まった。
住金5405など鉄鋼株も買いが優勢となった。
日立建機6305など機械株もしっかり。
個別では、ファナック6954が買われ、日経平均へのプラス寄与度は22円に達した。
13年3月期連結業績予想を上方修正したアクセル6730は値上がり率トップ。
半面、中外薬4519など医薬品株は売られた。
国際帝石1605など資源開発株もさえない。
日電硝子5214などガラス株も下押した。
個別では、12年12月期連結業績予想を下方修正したキヤン7751が値下がり率上位。
新興市場IPOとしては新興市場で日経ジャスック平均株価は8日ぶり反発。
アビックス7836、杉田エース7635などがストップ高。
アイフリーク3845なども高い。
半面、サニーサイド2180、USシステム3390、ジーット3841などは下落した。
このような情報が欲しい方はこのような情報が欲しい方は、矢野新投資情報で今すぐ無料お試ボタンをクリックしていただき申し込み用紙エロアニメ 無料よりエントリーしてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cndhjtpa0s
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cndhjtpa0s/index1_0.rdf