もつおで権田

March 22 [Tue], 2016, 11:58
どのような転職理由がいいかというと、まず、本気で転職したくなった理由を振り返ってください。


正直に話すわけではないので、自分に正直に、ノートに記入しましょう。
そして、それをネガティブな印象を与えないように表現方法を工夫してください。なぜ転職するのかの説明ばかりだと言い訳がましい印象を持たれてしまうので、なるべく短くなるように気をつけましょう。
転職をする場合は、好印象を与える綺麗な服を着て面接に臨み、明朗活発な人だと思われるように行動しましょう。


間違いなく問われることは想像がつくようなことばかりですから、シナリオを書いておいて、大きい声で発言してください。
頭が真っ白になったり、否定的な言い方はやめましょう。

胸を張っていきましょう。職業を変えたいと思ったときに有利になれる資格といわれれば、社会保険労務士や公認会計士があげられるでしょう。これまで積み重ねてきた経験を生かした転職活動を考えている人にもお勧めできる資格です。


社会保険労務士という資格を得ていると、総務、人事関連の仕事に就職しやすくなりますし、公認会計士の資格を得ていれば財務関係の仕事に就職しやすくなります。通常、転職する時、有利だと思われている資格に中小企業診断士があげられます。
中小企業診断士の資格があれば、経営知識が豊富であることを証明できるため、自分のことを会社にとって貴重な戦力であると認識させることが可能です。

法律のエキスパートである行政書士やお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、転職するとき、大いに助けとなるでしょう。転職する理由は、書類選考や面接において大変重要なことです。相手に納得してもらう理由がなくては低い評価になってしまうでしょう。

しかし、転職にいたった理由を聞かれても答え方がわからない人も多いでしょう。


多くの人が、履歴書を書いたり、面接をしたりする時に、苦労するのが、この転職理由です。

年収増加の目標のために転職されようとされている方もたくさんおられるでしょう。確かに仕事を変わることで年収アップが見込める可能性はあります。
ただ、給料がダウンしてしまう可能性も考えられることをしっかりと理解し、準備しておく必要があります。



年収アップを勝ち取るためには、どれだけ年収の高い仕事をゆっくり探すことが可能であるかが重要となります。


転職をするときに求められる資格というのは、専門職以外はそこまで多くないようですが、持っている資格が有利に働くという点では、やっぱり、国家資格が強いようです。それと、建築、土木関係の場合、建築士のように「業務独占資格」と称される、該当の資格を有していないと仕事ができないという仕事も多いため、狙ってみるといいかもしれません。



違う仕事に転職するのは難しいと考えている人が多いですが、実際のところはどうなのでしょうか?結論から言うなら、異なる業種に職を変えるのは簡単ではありません。

経験者と未経験者とがいた場合、採用担当者は経験者を選択する可能性が高いです。
しかしながら、絶対に無理というわけではないため、努力の程度によっては異業種に職を変えられることもあるでしょう。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソウスケ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cndfsa0e0oornl/index1_0.rdf