年齢構成が高くなってきている税理士業界

December 23 [Mon], 2013, 17:21
税理士というのは、資格を取得すると定年がなくなっている特徴があります。税理士は60歳以上の高齢になってきても、同じように働くことが可能です。そのため、現在は年齢層の高い税理士が多くなっている構成となっています。これまでに活躍していた人は、それなりにクライアントが確保されていることから、高齢になっても仕事を続けられる環境が整っています。しかし、近年ではあまりに高年齢の人が増えてきているだけに、世代交代をしていくべきとの意見も出てきます。日本の税務体系というのは年ごとに細かい変更点があります。常に新しい税務に対応する必要があるため、柔軟性のある若い人の方が安心して任せることができると考えている人も多くなっています。何よりも、高齢の人よりは若い人の方が体力があるという利点があります。したがって、税理士の分野では今後、世代交代が進む可能性が高く、若い人にとってはそれだけチャンスが広がっていると言うことができます。日本では税務処理は複雑となっており、個人で行うことは難しい状況があります。これからも税務の仕事というのは無くなることはなく、さらに仕事の幅が広がることも期待できます。今後は税務処理だけでなく、経営アドバイスもできる人材が重宝されようになっていくと思われます。また、税理士<仙台市泉区の税理士情報>といったサイトでも、税理士の情報を探すことができます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:よんそんさん
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cn8aeda/index1_0.rdf