川西と中澤姉さん

October 05 [Thu], 2017, 15:01
妊娠線はできたら一生消えない!そんな恐ろしい話を知っていたので、妊娠直後から妊娠線ができないように予防していました。妊娠線は大きくなるお腹周りや太ももに現れやすいので、ボディクリームやボディオイルを毎日忘れる事なく入浴後に使用するようにしていました。

ボディケアは妊娠線対策用の刺激の少ない製品を使用しました。おかげさまで妊娠線を作る事なく出産を終える事ができました!出産から3か月が経ちましたが、ずーっとお腹にはボディクリームを塗るようにしています。妊娠中は悪阻が酷く食事も満足に取れませんでした。


このため栄養も足りていなかったのだと思いますが、とにかく肌荒れがひどかったです。
しかもホルモンバランスの乱れからか普通に使っていた化粧品が肌に痒みをもたらすようになり使えなくなってしまいました。仕方が無いので化粧水だけ低刺激な敏感肌用のものに変えてみたところ痒くなることはなくなりました。

さらにシミが増えたり濃くなったりするとも聞いていたので日焼け止めを子供でも使える低刺激のものに変え、日焼けしないように努めました。
三十路に入ってからというもの、目元のシワやたるみができてしまって困っています。



妊娠、出産の時期がその頃と被っているので、分泌ホルモンの変化が出ていたのかもしれません。ちりめんジワという細かいシワも目の下にはできていました。目を支える筋肉を使う体操でたるみに対応したり、夜はシワまで潤いを閉じ込めるケアをしっかりとしています。



目の体操はとても簡単なもので、目を大きく開く、ぎゅっと閉じるを繰り返すだけです。

スキンケアは、保湿マスクを毎日使用した後、ワセリンを少しだけ目の下に塗っています。

乾燥肌の人は、保湿ケア用品をつけすぎています。ある化粧品会社で、メイクをして頂いた時に、メイクのプロの方に乾燥肌が気になるならメイクオフの方法を一度変えてみてもいいですよと話してくれました。
乾燥肌におすすめなのはミルクタイプのものだそうです。シートは肌にダメージがあり肌を傷つけやすく避けた方が良いそうです。



メイク落としをミルクタイプに変えてみて乾燥肌の改善にお役立てください。
大人ニキビが最近気になっているので、朝の洗顔は水で流すだけにして化粧水で肌を整え、出かけるときは日焼けをさけ、化粧品は必ず日焼け止め化粧品と日焼け止めも入っているBBクリームを併用して紫外線対策を行い、帰宅するとすぐにメイク落としを使用してしっかりとメイクと汚れを洗い流し、お風呂では半身浴で汗を流すようにして、入浴後は髪をドライヤーで乾かす前に、化粧水でコットンパックをして、乳液で保湿をするようにして、肌荒れや乾燥からの大人ニキビを予防しています。


妊娠中期以降になるとお腹の膨らみも目立つようになり気になってくる問題の一つに妊娠線がありますよね。きちんとお腹や背中の肌に潤いを与えてやることが妊娠線予防に繋がります。
妊娠線予防のためのクリームは沢山ありますが、敏感肌になりがちな妊婦さんのお肌でも使えますし悪い成分が入っていないので安心して使用できます。



使用する際にはお腹周りの他にも、脂肪のつきやすいお尻〜太ももにも妊娠線が出る可能性があるので、できれば全身を保湿することが効果的に妊娠線を予防することができます。



私の場合は産後に、ポツポツとニキビのようなものが顔いっぱいにできるようになりました。
出産後にこれまでとは異なる体質になるという噂は聞いていましたが、私自身がその体験者になるとは夢にも思っていませんでした。
子供にはミルクを使わずに母乳のみにしていたので出来るだけ赤ちゃんに影響が出ないよう薬の類は避けたかった為たっぷりと保湿して肌の状態を整える事にしました。

育児に追われて忙しくしていますが、毎日欠かさずに保湿を行った結果、少しずつではありますが顔中にあったニキビのようなものは目立たなくなってきました。
妊娠中は当然ですが、日頃から女性の皆さんに気を使ってほしいことは、数ある化粧品の中から何を選び取るか、ということです。


化粧品を構成する成分こそ、使用に際して最も注視しなければならないものなのです。石油合成物質で作られているものは、その成分が子宮へと流れ込む事でお腹の赤ちゃんも影響を被るかもしれないとされています。
子宮内部では羊水は濁ってしまっているとか、母体から母乳へ石油由来成分が入り赤ちゃんの口に届いてしまうかもしれないと言われているようです。

仮に本当だとしたら怖いですね。


なので石油を主原料とした合成物質が含まれているものはやめておいた方が無難だと思われます。今年も冬の足音が聞こえてきましたね。あっという間ですね〜!冬の訪れとともに気にすべきなのはお肌の乾燥。今冬の乾燥から肌を守るためにもぜひ積極的に取り入れてほしい栄養素はずばり、「亜鉛」です!亜鉛は栄養素の中でも特に人体が必要とする無機質(ミネラル)であり中でも爪や髪、当然お肌も新陳代謝をアップさせて美しく保つ効果があるんです特に牡蠣やレバーに亜鉛は多く含まれていますが、普段の食生活では牛肉、たまご、チーズなどにも多く含まれていますので毎日の食生活でも意識的に摂るようにしてみてはいかがでしょうか?化粧品の中でもアヤナスなら、敏感肌のお悩みケアとエイジングケアが同時に可能です。

敏感肌はバリア機能が低下した状態のお肌。



その弱ったお肌へ外部からの刺激が加わり炎症が起きると、本来守られるべき肌内部のコラーゲンにまでダメージが及び、たるみ、シワ、くすみなどの原因となり、健康なお肌より老けて見えてしまいます。


アヤナスが特許を取得した独自の技術で弱ったお肌にバリアを作り、外部刺激からお肌を守ります。

さらに「セラミドナノスフィア」を成分とし、普通のセラミドの約4倍という高い浸透性&保湿性で肌を乾燥から守ります。こだわりのゼラニウムとラベンダーの香りが、毎日頑張っている貴方の敏感肌をしっとりと潤しながら最高のリラックスタイムに導きます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユイ
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cn87muoeitahne/index1_0.rdf