スウェーデンで語学の勉強

July 03 [Wed], 2013, 7:25
日本は今大変な北欧ブームです。

そのブームのせいなのか、
北欧への注目が高まり
旅行だけではなく、語学留学に行くひとが
とても増えてきたそうです。

例えばスウェーデン。
スウェーデンに語学留学するとは
どのようなことなのか。
ちょっと調べてみました。

〜〜以下参照〜〜

● 大学・大学院への交換留学生

日本の大学と交換留学協定を結んでいるスウェーデンの大学、または大学院へ留学するケースで、最もオーソドックスな方法です。
英語で行われるプログラムに参加して、学士課程に半年又は最大1年間留学する場合と、修士課程に1年または2年間留学する場合があります。
学士課程では英語での授業が少なく、スウェーデン語が中心ですので、日本人の留学生は非常に限られています。
一方、修士課程では英語での授業プログラムが多く、中には全てのプログラムを英語で行う大学もあるので、日本人にとっては留学しやすい環境といえるでしょう。
交換留学制度はスウェーデンと日本の大学間の相互協定に基づいて行われる制度ですので、留学生には様々なサービスが用意され、住居など留学に伴う問題で悩まされることは比較的少ないようです。

●大学・大学院への私費留学

交換留学協定のない大学に在籍する学生や、すでに学校を卒業した人は、留学先の選択をはじめ留学手続等のすべてを自分でしなければなりません。このような留学生をスウェーデンではフリームーバー(Free Mover)と呼び、日本でいう私費留学生に相当します。
スウェーデンの多くの大学では、私費留学生に対して学士課程への入学を認めておらず、また学部への交換留学生の受入れにも限りがあります。
そのため留学生の大半は大学院への私費留学生(奨学金留学生も含む)です。日本からの留学生も大学院への私費留学生の方が多く、なかでも修士課程への留学、または芸術系大学の修士課程でデザインなどの実技のみを習得するために半年から1年間短期留学する場合がほとんどです。
希望する留学先への出願は、スウェーデン全体で統一された大学出願窓口である[Universityadmissions.se]というサイトを通じて行います。

●語学留学

スウェーデン語を学ぶ目的で留学する場合には、大学のスウェーデン語講座、国民大学または民間のサマースクールの3通りの選択肢があります。
それぞれ、開講時期、費用、留学条件が異なります。

●国民大学(Folkuniversitetet)

国民大学はスウェーデン独特の成人教育機関で全国に40ヶ所以上あり、スウェーデン語を含めて20ヶ国語のコースを揃えています。
特にスウェーデン語講座は広く一般の入学が可能で、期間も居住許可の必要がない3ヶ月以内のところが多く、全くの初心者から医学用語を学ぶ医師対象の専門コースまであり、非常に充実しています。

〜〜以上参照ここまで〜〜

プログラムがとても充実しているようですね。

留学を希望するなら、
いろいろ比較検討して
自分にあったプログラムを見つける必要があります。


非英語圏で現地語を学ぼう!


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cn82x8rgr
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cn82x8rgr/index1_0.rdf