ショーベタでWard

April 03 [Sun], 2016, 21:26
看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊であり、就職先によっても違います。
現場では一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっていることが多いです。2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、かなり3交代制の病院が多いですね。しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。ナースが仕事を変えるキッカケとしては、キャリア開発としておくのが賢明です。前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、不利な条件で働いていた等々、否定的な事由だったりすると、わざわざ株を下げることになります。
この場合は、仕事を変えたい本当の訳を律儀に知らせなくても問題はないため、未来志向であることを印象付ける志望理由を答えられるようにしておいてください。病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、第一に待遇で何を重視したいのかをクリアーにしておくのが大切です。

夜の勤務は難しい、休暇はしっかりとりたい、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。
ご存知のように専門職である看護師が不足し困っている職場は多いため、合わないと思われる仕事場で我慢して勤める必要はないのです。



看護職員の方が仕事で転機だと感じたら、ウェブで人材紹介サイトに入会するのも有効です。
看護職の募集は、職業安定所や求人情報誌には載らない場合も珍しくありません。

看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートはこの点、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、求人元を「気風」という点からも検討できます。なんとなく言うのが憚られる労働条件の相談を間に入って話してくれる場合もあります。高校に進むときに衛生看護科に入学すると、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、最速で看護師になれるでしょう。


でも、在学中に進路を変更したくなっても変えることは難しいです。さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、期間が短いことが理由で勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格するのが難しいともいえます。修学旅行やツアーなどに連れ添って、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。結婚して子持ちの人は土日を休みにできたり、夜勤がない職場を希望しています。病院ではないところで働くには、その職場に適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。看護職員の方が仕事場を変える手段としては、現代はパソコン、モバイル端末を用いるのが大部分となってきました。


看護職に特化した人材派遣サイトをうまく使えば、タダの上、どこにいても好きな時に募集案件をリサーチすることもできます。



よいジョブチェンジを実現するには、様々な角度から調査することが要となりますので、違う職場を見てみたいと思ったら早速会員になりましょう。
産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健の指導などをしたり、うつ病防止のためのメンタルケアもします。産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、ハローワークなどで見つけるのはほぼ不可能です。興味がある場合は看護師専用の転職サイトがありますので、それをご利用ください。そういったサイトでは、産業看護師の求人も多数紹介されています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruto
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる