日医会長選、3候補が岡山で政策演説会 / 2010年03月28日(日)
 日本医師会の会長選挙に立候補している唐澤祥人氏(現職)、原中勝征氏(茨城県医師会長)、森洋一氏(京都府医師会長)は3月27日、中国四国医師会連合が岡山市内で開いた政策演説会に出席し、医療費の財源確保策などに対するそれぞれの考えを示した。会長選には金丸昌弘氏(京都府医師会)も立候補しているが、この日は出席しなかった。

 原中氏、唐澤氏、森氏の順に演説し、医療費の財源確保策としては、原中氏が「まず手を付けられるのは社会保険料」「事業者負担を上げればかなりの財源が確保できるのではないか」などと提言。唐澤氏は、「消費税が上げられてもそれが医療費として回していただけるかどうか分からない」「詳細な分析に基づいて政策提言する必要がある」などと訴えた。森氏は、「国民も、医療を守るために一定程度の負担をしなければいけないという機運が出ている」と述べ、医療保険の保険料率を引き上げる一方、窓口の患者負担(現行3割)を2割に下げる形を提案した。

 一方、政権との関わりについて、原中氏は日本医師会総合政策研究機構(日医総研)の機能を強化し、「政府に対してものの言える日医」を作ると強調。「民主党には引きずられない」と語った。
 唐澤氏は「どのような政権が誕生しても、日医の使命は医療に対する国民の声を集約し、専門性を発揮して医療政策の方向性を提示することだ」と述べた。
 森氏は「政権に左右されるのではなく、国民のために」などと述べ、国民の支持を背景に政策を訴える考えを示した。

 今年夏の参院選で自民党の西島英利氏を推薦するかとの問いには、これまでの機関決定を尊重し、現時点では推薦するとの考えで一致。その一方で、会員の意見を踏まえて対応を検討する考えをそろって示した。


【3月28日1時1分配信 医療介護CBニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100328-00000000-cbn-soci
 
   
Posted at 13:09/ この記事のURL
いすゞ 新車開発、一部をタイへ移管 / 2010年03月28日(日)
 いすゞ自動車は26日、小型ピックアップトラックの次期モデルの開発主体をタイへ移管すると発表した。同社のピックアップトラック販売を地域別にみると、約7割をタイが占めている。現地で意思決定して開発することで、市場ニーズに適した車を迅速につくれるようにする。移管先は、同社の現時法人である「泰国いすゞ自動車」の開発部門。これまでは日本からの発注を受け、部分的に携わっていたが、今後は主体的に開発を手がける。 3月27日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100326-00000032-fsi-bus_all
 
   
Posted at 12:33/ この記事のURL
ワーキングマザー差別で元従業員がゴールドマンを提訴 / 2010年03月28日(日)
【ニューヨーク】ワーキングマザーを「二流社員」だと見なしているとして、金融大手の米ゴールドマン・サックスの元従業員が同社を提訴した。

 シャーロット・ハナさんは24日、2005年の第1子誕生後に差別を受け、09年の第2子誕生後に取得した育児休暇中に不当に解雇されたとして、ゴールドマンをマンハッタン地区連邦地裁に提訴した。同氏は社内研修プログラムのゴールドマン・サックス・ユニバーシティー(GSU)でバイスプレジデントを務めていた。

 ゴールドマンの広報担当者はコメントを拒否した。

 1998年入社のハナさんは、ゴールドマンにおける昇進の可能性が、05年に産休を取得した後になくなったと指摘し、育児中の母親向けの「マミー・トラック」のポジションに据えられ、給与、プロとしての成長、それに昇進の見込みの面で妥協させられたという。

 ハナさんは05年の育児休暇取得後に降格、07年にGSUに異動となったが、そこでは女性が彼女1人で、ミーティングやその他の活動から「組織的に除外されていた」ことも同氏は問題としている。

 また彼女は09年の休暇中、仕事ぶりが芳しくないという評価を受け、復帰する1週間前にポジションがなくなったと伝えられた、と主張している。

 ハナさんは訴状の中で、ゴールドマンはワーキングマザーに尽くす会社だと自画自賛しているが、実際には二流社員とみなし、職場で生産的な従業員として会社に貢献するよりも、子どもと一緒に家庭にとどまるべきだと考えていることは明らかだと主張した。

 裁判では、育児介護休業法(FMLA)で保障されている彼女の権利の侵害、報復的措置、それに性差別について争われる。

【3月26日10時51分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100326-00000303-wsj-bus_all
 
   
Posted at 11:58/ この記事のURL
テレビ完全復帰北野誠 お得意の「毒舌」消えた / 2010年03月28日(日)
 問題発言があったとして無期限謹慎処分を受けていたタレント・北野誠さん(51)が、以前レギュラーだったTBS系情報番組「噂の!東京マガジン」に復帰することがわかった。

 2010年2月15日に謹慎が解かれ、単発でテレビやラジオに出演していたが、在京テレビキー局の復帰で、芸能活動を本格的に再開することになる。ただ、今回の謹慎で北野さん独特の「毒舌」が影を潜めるのではないか、などと心配する声も上がっている。

■「芸能界には戻れない」と足裏療法士の免許取得

 北野さんが問題発言をしたとされるのは、自身のラジオ番組「サイキック青年団」や、同ラジオ番組が開催したイベント。所属事務所の松竹芸能は09年4月13日に無期限謹慎処分を発表した。同28日には所属事務所社長と謝罪会見を行い、涙を流しながら「関係者に迷惑をかけた」と頭を下げた。北野さんはテレビ、ラジオに多数のレギュラーを持つ売れっ子だった。ネットでは問題発言について、ある芸能事務所を批判したからではないか、ある宗教団体を長年に渡り中傷してきたからだろう、などという憶測が流れていた。

 松竹芸能は09年2月15日、約10ヶ月ぶりに北野さんの謹慎処分を解くと自社のホームページで発表した。執行役員会を開いて決めたものであり、北野さんに十分な反省が見られ、同じような問題が起きないように社員教育の徹底と組織体制の再構築が終わった、という理由が書かれていた。

 北野さんは2010年3月24日放送の文化放送のラジオ番組「大竹まこと ゴールデンラジオ!『大竹メインデッシュ』」に出演した。

 仕事をしていなかったため、こぼれ落ちるように貯金が無くなっていき、

  「半年ぐらいは心の中で覚悟ができていましたが、半年過ぎると、もう(芸能界には)戻ってこれないかもしれないな。真面目に何か仕事を考えなくっちゃいけないな」

と考えるようになっていた。そして、毎月一つ資格を取ることを目標にし、野菜ソムリエや、バイクの運転免許、足裏健康療法士などを取ったことを明かした。

 また、家族でブラジルに移住する計画がある、と、ネットで騒がれていたとに驚いたとし、移住については完全否定。自転車に乗ってコンビニに行く途中、写真週刊誌「フラッシュ」の記者に追われ、「選挙出るんですね−?」と質問されたエピソードも披露した。選挙には出ないと否定すると、記者から、「嘘でしょ〜、二階さんの筋から聞きました」と言われ、「その、二階さんって、だれ?」と聞き返したなどと話し、笑いを誘っていた。

 司会の大竹さんから、

  「こうしたしゃべり聞いてると、衰えてないな〜」

と褒められ、まんざらでもない様子だった。

 ただ、以前の毒舌ぶりはすっかり影を潜めていた。

■「毒がない誠ってどこがおもしろいの?」

 北野さんは、10年4月11日から始まるCBCラジオの新番組「日曜だもの」のパーソナリティーに決定。そして、在京キー局で初めて、TBS系情報番組「噂の!東京マガジン」にレギュラー復帰する。TBS宣伝部によれば、視聴者から「北野さんがいなくなって寂しい」という声が多数寄せられた。出演者とスタッフが一つのファミリーになって作り上げている番組で、出演者やスタッフも同じ気持ちだった、と打ち明ける。

 ネットでは「完全復帰」歓迎ムードが広がっている。掲示板などには、

  「やっぱ実力あるやつは復帰できるんだな」「北野いないとつまらなかった」「サイキックも復活してくれ」

などという応援の書き込みが多数出ている。ただし、今回の謹慎で売りの「毒舌」が出なくなってしまうのではないか、という心配も多く、

  「毒がない誠ってどこがおもしろいの?」
  「舌抜かれた北野のラジオはつまらないだろうな」
  「テレビ復帰は2回程観た 何も言えなくなった感じ」

などという書き込みも出ている。


■3月25日19時22分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100325-00000003-jct-ent
 
   
Posted at 11:23/ この記事のURL
サンドラ、タイガー・ウッズ夫人に「浮気夫はバットで殴れ」と忠告 / 2010年03月28日(日)
サンドラ・ブロックの夫、ジェシー・ジェームズのセクハラ疑惑が報道されたかと思ったら、最初に不倫関係を暴露したモデル以外にも3人の女性が次々と愛人として浮上。一体この先何人まで増えるのか、タイガー・ウッズ並みのスキャンダルに発展している。

【写真】サンドラ夫同様、スキャンダルまみれのタイガー・ウッズ

そんな中、今年1月にサンドラがタイガー・ウッズ問題について発言していたことが明らかになった。ニューヨーク・デイリーニュースが伝えるところによれば、ピープルズ・チョイス・アワードのレッドカーペットで、ウッズ夫人のエリンさんが浮気問題で口論になった時にゴルフクラブで夫に殴りつけたことに関し、サンドラは「私ならバットを握ってがんがん殴り続けていた」と語っていたそう。

「もし私がエリンだったら…、ずっと激しく夫を殴ってるわ。私だったら殴り続けたわよ!」「エリンは途中でストップしたでしょ。彼女は上品よね。私なら野球のバットを持って、何もかも吐き出させてやるわ」と語っていたともニューヨーク・デイリーニュースが伝えている。

RadarOnlineによれば、雲隠れしていたサンドラはすでにロサンゼルスに戻っているそうだが、夫と暮らしていた自宅には帰っていないという。いつまでもコソコソ隠れているより、バット片手に仁王立ちしているイメージの方がサンドラには合う気がするが。【UK在住/ブレイディみかこ】

【3月27日11時30分配信 Movie Walker
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100327-00000004-mvwalk-movi
 
   
Posted at 10:49/ この記事のURL
高橋大輔がアイスショーに出演 / 2010年03月28日(日)
バンクーバー五輪フィギュアスケート男子で、日本の男子シングル史上初めてのメダルとなる銅メダルを獲得した高橋大輔が、5月1日(土)より開催されるアイスショー『プリンスアイスワールド2010 横浜公演』にゲスト出演することが決定した。同アイスショーへの出演は2年ぶりとなる。

高橋のほかにも荒川静香や本田武史らが出演する。なお、同公演は5月1日(土)から3日(月・祝)まで新横浜スケートセンターにて開催される。

主な出演者は以下のとおり

八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム、荒川静香、本田武史、太田由希奈、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、高橋大輔

【3月5日18時35分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100305-00000003-pia-spo
 
   
Posted at 10:15/ この記事のURL
世界最大級のアニメイベント「東京国際アニメフェア2010」開幕、244社が出展 / 2010年03月28日(日)
 日本のアニメ作品などを紹介するイベント「東京国際アニメフェア2010」が2010年3月25日、東京・江東区の東京国際展示場で始まった。国内外のアニメ制作会社など244社が出展しており、3月27日と28日は一般の人でも入場できる。

【詳細画像または表】

 アニメ関連産業の振興を図るためのアニメ見本市として2002年から開かれており、今年が9回目。石原慎太郎東京都知事が実行委員長を務める東京国際アニメフェア実行委員会が主催している。昨年は海外からのバイヤーも含め約12万9000人の来場者を集めた。今年も約13万人の集客を見込んでおり、アニメーションの総合イベントとしては世界最大級という。

 東映やバンダイナムコグループ、ぴえろなど国内のアニメ関連企業が代表作品を紹介している。今年は3D化したアニメの紹介も目立っている。一般公開日にはアニメ声優らを集めたライブやトークショーなども予定しているほか、台本や原画、直筆イラストなどのオークションも実施する予定だ。一般の入場料は大人の当日券が1000円。

(文/吾妻拓=日経トンレディネット)

【3月27日4時42分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100327-00000000-nkbp_tren-sci
 
   
Posted at 08:37/ この記事のURL
日医会長選、3候補が岡山で政策演説会 / 2010年03月28日(日)
 日本医師会の会長選挙に立候補している唐澤祥人氏(現職)、原中勝征氏(茨城県医師会長)、森洋一氏(京都府医師会長)は3月27日、中国四国医師会連合が岡山市内で開いた政策演説会に出席し、医療費の財源確保策などに対するそれぞれの考えを示した。会長選には金丸昌弘氏(京都府医師会)も立候補しているが、この日は出席しなかった。

 原中氏、唐澤氏、森氏の順に演説し、医療費の財源確保策としては、原中氏が「まず手を付けられるのは社会保険料」「事業者負担を上げればかなりの財源が確保できるのではないか」などと提言。唐澤氏は、「消費税が上げられてもそれが医療費として回していただけるかどうか分からない」「詳細な分析に基づいて政策提言する必要がある」などと訴えた。森氏は、「国民も、医療を守るために一定程度の負担をしなければいけないという機運が出ている」と述べ、医療保険の保険料率を引き上げる一方、窓口の患者負担(現行3割)を2割に下げる形を提案した。

 一方、政権との関わりについて、原中氏は日本医師会総合政策研究機構(日医総研)の機能を強化し、「政府に対してものの言える日医」を作ると強調。「民主党には引きずられない」と語った。
 唐澤氏は「どのような政権が誕生しても、日医の使命は医療に対する国民の声を集約し、専門性を発揮して医療政策の方向性を提示することだ」と述べた。
 森氏は「政権に左右されるのではなく、国民のために」などと述べ、国民の支持を背景に政策を訴える考えを示した。

 今年夏の参院選で自民党の西島英利氏を推薦するかとの問いには、これまでの機関決定を尊重し、現時点では推薦するとの考えで一致。その一方で、会員の意見を踏まえて対応を検討する考えをそろって示した。


【3月28日1時1分配信 医療介護CBニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100328-00000000-cbn-soci
 
   
Posted at 08:05/ この記事のURL
いすゞ 新車開発、一部をタイへ移管 / 2010年03月28日(日)
 いすゞ自動車は26日、小型ピックアップトラックの次期モデルの開発主体をタイへ移管すると発表した。同社のピックアップトラック販売を地域別にみると、約7割をタイが占めている。現地で意思決定して開発することで、市場ニーズに適した車を迅速につくれるようにする。移管先は、同社の現時法人である「泰国いすゞ自動車」の開発部門。これまでは日本からの発注を受け、部分的に携わっていたが、今後は主体的に開発を手がける。 3月27日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100326-00000032-fsi-bus_all
 
   
Posted at 07:33/ この記事のURL
ワーキングマザー差別で元従業員がゴールドマンを提訴 / 2010年03月28日(日)
【ニューヨーク】ワーキングマザーを「二流社員」だと見なしているとして、金融大手の米ゴールドマン・サックスの元従業員が同社を提訴した。

 シャーロット・ハナさんは24日、2005年の第1子誕生後に差別を受け、09年の第2子誕生後に取得した育児休暇中に不当に解雇されたとして、ゴールドマンをマンハッタン地区連邦地裁に提訴した。同氏は社内研修プログラムのゴールドマン・サックス・ユニバーシティー(GSU)でバイスプレジデントを務めていた。

 ゴールドマンの広報担当者はコメントを拒否した。

 1998年入社のハナさんは、ゴールドマンにおける昇進の可能性が、05年に産休を取得した後になくなったと指摘し、育児中の母親向けの「マミー・トラック」のポジションに据えられ、給与、プロとしての成長、それに昇進の見込みの面で妥協させられたという。

 ハナさんは05年の育児休暇取得後に降格、07年にGSUに異動となったが、そこでは女性が彼女1人で、ミーティングやその他の活動から「組織的に除外されていた」ことも同氏は問題としている。

 また彼女は09年の休暇中、仕事ぶりが芳しくないという評価を受け、復帰する1週間前にポジションがなくなったと伝えられた、と主張している。

 ハナさんは訴状の中で、ゴールドマンはワーキングマザーに尽くす会社だと自画自賛しているが、実際には二流社員とみなし、職場で生産的な従業員として会社に貢献するよりも、子どもと一緒に家庭にとどまるべきだと考えていることは明らかだと主張した。

 裁判では、育児介護休業法(FMLA)で保障されている彼女の権利の侵害、報復的措置、それに性差別について争われる。

【3月26日10時51分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100326-00000303-wsj-bus_all
 
   
Posted at 07:02/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!