高齢化社会の課題。

June 21 [Fri], 2013, 8:33
少子高齢化社会に対応して、医療業界も変ってきています。
看護師や薬剤師の働き方も大きく変ってきています。
自宅で持病を持った高齢者を看護している方は、看取る覚悟を持って普段から生活をしなくてはなりません。

しかし、高齢者の心肺停止などで家族が救急車を呼んでしまう場合もありますが、自宅の近くのかかりつけ医で看取ってくれる病院を見つけておく必要もあります。

救急車に乗ったまま死亡が確認され、遺体のまま受け入れ先の病院を探して町中を走り回っているという事も多いです。
家族やお年寄りの事を考えるとそれもどうかと考えさせられます。

しかし、実際近所のかかりつけ医は先生が一人で行っている場合も多く、休日もあれば夜やっていないところがほとんどです。

このような問題を解決していく事も高齢化社会の上での重要な課題となってきます。

自宅でお年寄りが心肺停止になったときに当たり前のように救急車を呼ぶことは、医療現場を圧迫している事も考える必要があります。

こちらのブログもご覧ください。→医療業界の求人・転職市場を考察するブログ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cmnz2ili
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cmnz2ili/index1_0.rdf