田原総一朗:景気回復「期待」の裏に隠された「解」のない政策課題

May 02 [Thu], 2013, 15:39

安倍晋三首相が主張する経済政策「アベノミクス」に対する反論が強まっている。アベノミクスは大胆な金融緩和、機動的な財政出動、成長戦略を「3本の矢」とする政策だが、まずはこれをわかりやすく考えてみたい。



(1)大前研一:優秀な外国人教師で子供たちの英語力を鍛えグローバル人材育成の第一歩に

教育委員会制度改革や英語教育改革の提言がなされているが、いずれも方法論に危うさを感じる。教育問題は子供たちのことを中心に、長期的な視野で考えるべきだ。



(2)小田嶋 隆:東京はバスで夜遊びする街です

ニューヨーク訪問中の猪瀬直樹東京都知事が、現地での講演の中で、年内に都営バスを24時間運行させる旨を表明したのだそうだ。外地での政策発表は、慣例上、引っ込めにくい。その意味で、知事は「背水の陣」を敷いたことになる。



(3)ビジネススキルUP術まとめ:キャリアを築く、評価が上がる。今どきの自分底上げ法。

今月は社会人に人気のTOEIC(R)と中小企業診断士に焦点をあててみました。TOEIC(R)などの英語力は今や必須ですし、中小企業診断士はビジネスに関する幅広い知識が身につきます。いずれも活用度の高さが人気に秘密だと思います。



(4)インサイドレポート:アジアの今を知る!中国、ミャンマー、タイ、モンゴル

躍動するアジアに注目が集まっている。中でも変化が激しいのが、中国、ミャンマー、タイ、モンゴルだ。これらの国々に焦点を当て、実際に尋ねた記録を基にした「アジアビジネス・インサイドレポート」を紹介する。



(5)御立尚資:変化の時代である現代のリーダーに求められる教養

リーダーは育つものか、育てるものか。両方の側面があろうかとは思うが、育つ環境を整える、ということも考えれば、リーダー予備軍をより多く輩出するためにできることは、確実に存在する。



(6)自身の成長戦略:ビジネスパーソンは、いかにして成長するか?

世の中が大きく変わろうとしている昨今、私たち自身の成長戦略についてしっかり考える必要がある。日経BP社のサイトから、ビジネスパーソンの成長について語る4人の著者の記事をまとめてみた。



(7)フェルディナント:失敗に学ぶ! 商用車こそ「見た目」が決め手

日産のキャラバンの開発者インタビュー。かつて4割近くのシェアがあったにもかかわらず、デザインの失敗でライバル、トヨタ・ハイエースに大きく水をあけられた。その反省を生かし、新型で巻き返す。



(8)小山昇:クレームを利用して部下からの信頼を勝ち得よ

人間には功利心や名誉欲があります。煩悩を捨て去った聖人でもない限りは、大なり小なりだれでもそうです。「承認欲求」というのでしょうか、他人から認められたい・尊敬されたいと願うのは、もう本能に近いくらい深く、強い衝動といってもいい。私の見ると…



(9)価値を生み出す人材とは?

内憂外患の日本社会。これからの時代を生き抜くには、環境変化に耐えうる「真の実力」が必要だ。今一度、これからの時代を生き抜くために「何が大切か」を見つめ直す必要があるのではないだろうか?



(10)【経営キーワードクイズ】売上高を購入顧客数で割った数字を何と呼ぶ?

特定期間における売上高を購入顧客数で割った数字を何と呼ぶ?



(11)財部誠一:鳥インフルエンザよりも恐ろしい“豚死事件”の真相と中国社会の闇

中国で鳥インフルエンザ(H7N9型)の感染が拡大している。3月31日に世界で初めて人に感染したと中国政府が発表してから3週間。死者は20人、感染者の数はついに100人を超えた。パンデミック(感染の世界的大流行)のリスクが現実のものになりつ…



(12)北村 豊:中国の輸出急増は貿易統計データの欺瞞か

中国の輸出データと香港の輸入データの間に3カ月間で362億ドルもの差があることが表面化した。中国から香港への輸出では税関に対して輸出金額を過大に申告し、中国と比べ融通が利かない香港では正規の輸入金額で通関したと考えられる。



(13)健康経営:社員の生活習慣を“見える化”して健康目標を明確に

従業員の健康に配慮した企業マネジメント「健康経営」。この基本理念に則した取り組みが広がるなか、三菱電機が厚生労働省から表彰された。すでに11年前から取り組んでいた同社の「健康経営」をリポートする。



(14)BoPビジネス:台頭するアジアのBoPビジネス

BoPとは、Base of the Economic Pyramidの略であり、「所得階層を構成する経済ピラミッド」において、所得階層が低く、経済ピラミッドの基盤の層を指す言葉である。成長著しいアジアにおいて、このBoP層が、将来の中間層…



(15)伊藤元重:デフレ脱却で「重い荷物」と「急な上り坂」が楽になる

アベノミクスに対して、一部の識者から懸念や批判の声が上がっている。その多くは、「あまりに極端なリフレ政策に頼ることは、国債の価格暴落につながることになりかねない」と指摘する。



[info]
NHK大阪 モーニング娘。 5 前通路&横中央通路含2枚 2階M7列
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cml64l0bxx
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cml64l0bxx/index1_0.rdf