W杯褒賞金、16強入りで最大1億7千万ウォン / 2010年03月31日(水)
【ソウル30日聯合ニュース】大韓サッカー協会は30日、ソウル・鍾路のサッカー会館で行われたことし初の理事会で、ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会代表チームの褒賞金支給案を議決した。
 支給案によると、選手らはチームへの貢献度に応じて4段階に分けられ、1次リーグ3試合に出場した場合、それぞれ7000万ウォン(573万円)、5000万ウォン、3000万ウォン、2000万ウォンの褒賞金を受け取る。
 ベスト16に進出すると、追加で1億ウォン、9000万ウォン、8000万ウォン、7000万ウォンの褒賞金が、ベスト8に進出すると、さらに最大1億ウォンが支給される。当面の課題に掲げる「史上初の遠征ベスト16入り」を果たせば、最大で1億7000万ウォンの褒賞金を受け取ることになる。
 2002年の韓日共催W杯では、貢献度と関係なく選手1人当たり3億ウォンが、2006年ドイツ大会では4段階に分け2000万〜5000万ウォンがそれぞれ支給された。
japanese@yna.co.kr 3月30日18時2分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000025-yonh-spo
 
   
Posted at 03:37/ この記事のURL
横浜・清水、「巨人をもう一度研究したい」 / 2010年03月31日(水)
 横浜は30日、本拠地・横浜スタジアム開幕戦となる巨人戦で3対4と競り負けた。今季、千葉ロッテから移籍した先発の清水直行が8イニングを投げて8安打を打たれながらも無四球、3失点だった。

 7回まで6安打を浴びながらも阿部慎之助のソロ本塁打による1失点でしのぐ粘り強いピッチング。しかし、3対1と逆転してもらった直後の8回、坂本勇人のライト前ヒットをきっかけにラミレスの犠飛などで2点を失った。

 終盤に同点とされた清水だが、「四球がなかったので良かった。収穫にはなった」とそれなりの手ごたえを感じた様子。ただセ・リーグ移籍初登板に、「まだ巨人の攻撃が分かっていないので、バッターの特徴とかをもう一度テレビなどを見て研究したいと思う」と次回の登板を見据えていた。

取材協力:野球専門タブロイド紙 Baseball Times Weekly

【関連リンク】
横浜情報=ニュース・選手一覧・応援メッセージ ほか
プロ野球ニュース一覧
プロ野球コラム一覧
プロ野球公式戦結果一覧 3月31日0時9分配信 スポーツナビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100331-00000000-spnavi-base
 
   
Posted at 03:36/ この記事のURL
「アフターバーナークライマックス」配信日決定 / 2010年03月31日(水)
 セガは、PlayStation Network/Xbox LIVE アーケード専用タイトル「アフターバーナークライマックス」を4月21日に配信すると決定した。

【拡大画像や他のゲーム画面】

 「アフターバーナー」は、1987年にアーケードタイトルとして登場し、その圧倒的なスピード感やド迫力な演出、爽快感などが話題を呼んだフライトシューティングゲーム。そのゲーム性を受け継ぎつつ、ハイクオリティなグラフィックに驚異の進化を遂げ、新要素を追加して現代に甦ったのが「アフターバーナークライマックス」となる。

【3月30日18時24分配信 ITmedia Gamez
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000083-zdn_g-game
 
   
Posted at 03:35/ この記事のURL
『トワイライト』最新作『エクリプス』のメイキング映像が到着! 三角関係混迷? / 2010年03月31日(水)
原作は全世界で累計8,500万部を超える大ヒットシリーズとなり、映画も世界中に“中毒”とも言える熱烈なファンを生み出した『トワイライト』シリーズ待望の映画第3弾『エクリプス』の2010年公開が決定! その貴重なメイキング映像がシネマカフェに先行独占で到着した。

【関連写真】この記事のほかの写真


こちらの映像は、先日発売された第2弾『ニュームーン/トワイライト・サーガ』のプレミアムDVDボックスに収録されている映像。全米では日本より6日間早くDVDとBlu-rayがリリースされたが、その週末だけで400万枚を売り上げ、さらにこの『エクリプス』の予告編は3月中旬にYou Tubeにアップされるや、14日間で1,000万回を超えるアクセスを記録するなど、最新作に対する期待は高まるばかり。

こちらの映像内でロバート・パティンソンらキャスト陣のコメントから明かされているが、第3弾『エクリプス』では、かつて恋人をエドワード(ロバート・パティンソン)に殺された敵のヴァンパイアであるヴィクトリアが舞い戻り、執拗にベラ(クリステン・スチュワート)の命を狙う。エドワードはベラを守るため、恋敵であり、天敵でもあるオオカミ族のジェイコブと手を組むことになるのだが…。ベラのために、オオカミ族の掟を破り全てを捧げるジェイコブ(テイラー・ロートナー)。全面戦争を前に、前作に引き続き、ベラ、エドワード、ジェイコブの三角関係は加速の一途をたどる。激しく揺れる3人の恋のゆくえは? そしてベラの運命は――?

『ニュームーン/トワイライト・サーガ』DVD&Blu-rayは発売中。『エクリプス』は2010年全国にて公開。

※こちらのメイキング映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery


【関連作品情報】
トワイライト〜初恋〜
 2009年4月4日より新宿ピカデリーほか全国にて公開
 © 2008 SUMMIT ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【関連ニュース記事】
シネマカフェ的海外ドラマvol.145 もうすぐ新学期!オススメ学園ドラマ最終回
ザックにマイリー、『トワイライト』コンビも! アカデミー賞プレゼンター追加発表
ピープルズ・チョイス賞がジョニー・デップに、ゼロ年代のお気に入り俳優のお墨付き
ブラピ再降臨 vs J・デップ!写真でふり返る来日ハリウッドスター2009【後編】 3月31日0時15分配信 cinemacafe.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100331-00000001-cine-movi
 
   
Posted at 03:34/ この記事のURL
【記者会見】イベント開催した元<5tion>イ・ヒョン「理想の人にめぐり会いたい」 / 2010年03月31日(水)
去る3月27日、東京・SONANTAにて韓国の歌手兼俳優イ・ヒョンが来日し、ファンイベント<〜Lee Hyun〜LIVE&EVENT>を開催した。

イ・ヒョンは1979年生まれの30歳。2001年にグループ<5tion(オーション)>のボーカルとしてK-POP界にデビュー。その後、プロジェクトグループ<After rain>で活動し、兵役を経て2008年よりソロ活動をスタートさせる。同時にミュージカルの世界へ足を踏み入れ、優れた歌唱力から有名作品に次々と出演し、俳優としての才能も開花させた。

5tionのプロフィールと写真

そんなイ・ヒョンがこの度、2008年以来およそ1年3か月ぶりに日本ファンとの交流会を行った。自身の楽曲『自尊心』、『一緒に歩く』、『空港』、『もどろう』、<Brown Eyes(ブラウンアイズ)>の『だんだん、、』、キム・ボムスの『会いたい』、フィソンの『アンデナヨ(ダメなのかい)』、平井堅の『瞳を閉じて』(日本語)、尾崎豊の『I LOVE YOU』(韓国語)などを披露しファンを魅了。アイドルから実力派歌手へ見事な転身を遂げたイ・ヒョンの人柄と、歌手としての思いが“響く”ステージとなった。

イベント終了後には、同会場にて記者会見が行われた。

−日本での2回目となるファンミーティングはいかがでしたか。
1回目にも来てくださった方がたくさんいらっしゃって、うれしかったですね。久しぶりに会えてよかったです。

−<5tion>のメンバーと連絡はしていますか。
オ・ビョンジンさん、ファン・ソンファンさん、イ・テギョンさんとたまに連絡を取っています。
−今だから言える、グループ時代に大変だったことは何ですか。
韓国は上下関係が厳しいので、食事の面で苦労しました(笑)。例えば、年上のメンバーが食べたいものを注文するので、僕自身が望むものはなかなか食べられませんでした。遠慮せざるを得ない部分がありましたね。今は自由に食べられます(笑)。
−(納豆が好きだそうですが)梅干はどうですか。
梅干はすっぱくて無理でした。

−(ファンミーティングで平井堅さんの歌を歌っていましたが)ほかに日本の歌手で好きな方はいますか。
歌手ではないのですが、宮崎駿さんが好きです。宮崎監督の作品はすべて見ました。それから、岩井俊二監督の映画『Love Letter(ラヴレター)』や『四月物語』もよかったですね。また、竹野内豊さん主演の『冷静と情熱のあいだ』も好きです。俳優では木村拓哉さんのファンです。

−(ファンミーティングで話していた理想の女性)“純粋で明るい人”には会えましたか。
いいえ、まだです。
−現在、恋愛中ですか。
今、恋愛はしていません。いい人とめぐり会いたいですね(笑)。
−もし日本人の恋人ができたら、韓国のどこへ連れて行きたいですか。
南怡島(ナミソム)や済州島(チェジュド)がいいですね。そして、僕の家かな(笑)。
−料理はしますか。
はい。カレーとキムチチゲとか…。彼女にもカレーを作ったことがあります。
−プライベートで“はまっている”ことはありますか。
釣りですね。海ではなく静かな川でよく釣りをします。スポーツではバスケットボールと野球が好きです。芸能人のバスケットボールクラブに所属していて、そのチームには<sg WANNA BE+(エスジーワナビー)>のキム・ジノくんなどもいます。忙しいので、スケジュールがなかなか合いませんが…。ちなみに、僕はシューターです。

−今後の活動予定と目標を教えてください。
まずはミュージカルを続けて行く予定です。そして、いい曲に出会えたらアルバムも出したいですし、いいシナリオがあったらドラマや映画にも挑戦したいと思っています。日本では、まだ日本語ができないので、歌でファンの皆さんにお会いしたいですね。自分の好きな音楽を皆さんに共感してもらうために、これからも歌い続けていきたいです。

−(ファンミーティングに参加できなかった)日本のファンの方へメッセージをお願いします。
いつもありがとうございます。いつでも日本に来て、このような交流の場を作りたいと思っています。それまで待っていてくださいね。


Copyrights(C)wowkorea.jp
【3月30日17時26分配信 WoW!Korea
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000022-wow-ent
 
   
Posted at 03:34/ この記事のURL
早川大地が新イベント。セカイカメラ・井口がゲストで新企画が誕生するか? / 2010年03月31日(水)
Sweet Vacation、東京エスムジカの早川大地による新イベント『早川大地のトーク・バケイション〜音楽とITとメディアの未来〜』の第1回が、4月24日(土)に東京・バリオホールにて開催される。

出演者の写真

本イベントは、クリエーターをゲストに迎え早川大地がホスト役となるトーク・セッションと、早川が名曲をピアノ演奏するライブの2部構成。第1回は、セカイカメラの開発者で頓智・(トンチドット)CEOの井口尊仁がゲストで登場する。

両者は最初の出会いから意気投合し、「セカイカメラなら告白ツールとしてありじゃないですか?」という早川の言葉から、“AR恋文横丁”という企画が実現した。これは、今年のバレンタインデーと併せて、渋谷109付近のバーチャル空間に愛する人へのメッセージが書かれたハート型のエアタグを配置するという試み。セカイカメラを通した渋谷の街には、大量のハートがあちこちに浮かび、大成功となった。

新イベントを控えた早川は、「初めての試みである『早川大地のトークバケイション』は、アコースティックピアノと井口さんという、僕が敬愛してやまない、そして得体がいまだに掴めない、新旧二人の“親友”との交遊を皆さんにお見せする場となりました。この必然のような偶然(偶然のような必然?)に立ち会ってもらえたら嬉しいです。この新しい試みを実行に移すということで不安と、それ以上の興奮でいっぱいだ」と心境をコメントした。また、ゲストの井口は、「セカイカメラのコンセプトは元々世界の見え方を変えることなので、それをテーマにクリエイティブに火花を散らしてみたい」と意気込みをコメントした。

なお、本公演のチケットはチケットぴあにて発売中。

【3月30日18時1分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000005-pia-ent
 
   
Posted at 03:33/ この記事のURL
グローバル時代に武器になるのはやはり知恵 広い視野を持って投資したい / 2010年03月31日(水)
■グローバルな知恵の時代

 あのマイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツ氏が今度は東芝と組んで原子力発電に挑戦するらしい。いよいよ本格的なグローバルな時代の始まりである。

 これまではグローバル化とは言っても、外国で工場を作って外国で売るとか、日本から外国株や投信を買うとか、主としてモノ、カネ、技術の国際的な移動が主だったが、いよいよ「知恵」と「技術」そして個人の「資金」が本格的に組むというグローバル本番の動きになってきたようだ。

「知恵」とは本来最も価値があるはずなのだが、なかなか計量化するのが難しい。そのためとかく日本では知恵は評価されがたく、「手で触れ、目で見ることができる」といったものには対価を喜んで払うのに、ヒトの知恵やプロのサービスなどに対する評価が、他の国に比べて低く評価されがちとなっている。

 もともと日本も戦後しばらくの間は「もの真似」からスタートし、そのため日本の輸出品も「安かろう、悪かろう」というのが世界の評判だった。しかしその後、ものまねで得た知識を知恵にかえることで、いつの間にか日本の工業製品は世界でいちばん品質が高いという評判を得ていったのである。

 ところがものまねからスタートしたためか「知恵」に対するガードが甘くなっていたり、いまやコピー商品を作らせたら本物よりすごいと言われている中国が、いかに知恵にたけているかを忘れていた。

 金型をはじめ日本の誇る技術や知恵が、グローバル化の波のなかで次々と中国に移転されていった結果、あろうことか「もの作り」ではこれまで世界一を誇っていた工作機械の生産が、ついに中国に抜かれドイツにも後塵を拝して3位になってしまった。

「いつまでもあると思うな親とカネ」ではないが、油断しているとトップの座も同様に必ず抜かれてしまうのである。

■自分に投資してみては

 その日本の落ち目を象徴するかのように、このところ外国の株に投資する動きが加速しているようだ。

 いよいよ日本の市場も投資家に見放されはじめたかと思うとさびしい気にもなるが、いまやグローバルな時代なのだから「知恵」の働かせ場所はいくらでもある。

 法人税をいつまでも世界で最も高いままにして放ったらかしている知恵のない国だから、せめてカネだけは「知恵」を働かせる国へと投資するのも投資家の「知恵」だろう。

 残念ながらまだ国内の政争しか眼中にない日本の政府には「知恵」が足りないし、いまの民主党ではないものねだりかも知れない。

 一方で「まだ日本は大丈夫」と、根拠のない楽観にすがっている知恵の足りない国民が多いのも事実だ。しかしグローバル化は日本の国民の意識などとは関係なく進む。日産がダイムラーベンツと組んだり、東芝がビル・ゲイツ氏と組んだりと、それなりに「知恵」を出して頑張っている企業も多い。

 いまは日本にこだわっているよりも、もっと視野を広くして「知恵」を働かす時だし、また「知恵」のある日本の企業を応援する時だ。それには経営者の資質を見ることだろう。

 日本電産の永守さん、東芝の西田さん、それにユニクロの柳井さん、信越化学の金川さんなど優れた経営者がいることを考えると、まだまだ日本も捨てたものではない。

■英語ぐらいは身につけよ

 ところでこれまでハーバード大学を卒業した日本人は何人いるか、ご存知だろうか。明治以来約3000人だそうだ。ところが今年の新入生はたった一人とか。

 目先でちょろちょろ小遣い稼ぎをするのも結構だが、若いヒトには時間という何よりの味方がある。この際自分に投資して自分の値段を高くすることを考えてみてはどうだろう。いまの日本には外向きの人間が少ないだけに、逆張りのチャンスと思えるのだが、グローバルな時代にはやはり英語ぐらいは身につけておかなければ、大きな知恵は出てこないだろう。

【3月28日17時0分配信 MONEYzine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100328-00000002-sh_mon-bus_all
 
   
Posted at 03:32/ この記事のURL
JICA、新生ネパールの国づくり支援:「成長と開発セミナー」 / 2010年03月31日(水)
 2008年に240年近く続いた王制を廃し、連邦制への移行を宣言したネパールの制憲議会(国会)議員と政府職員24人から成る一行が1日、国際協力機構(JICA)が実施する「成長と開発セミナー」に参加するため、訪日した。

 ネパールでは、1990年代後半から約10年間にわたるマオイスト(ネパール共産党毛沢東主義派)と政府の間の国内紛争(人民戦争)で、約1万3千人の命が失われた。しかし06年11月、国王の専制政治に反発する新政権とマオイストの間で包括的和平合意が成立し、紛争は終結した。08年4月に制憲議会選挙が実施され、同議会議員によって現在、新しい憲法の制定作業が進められている。

 JICAはこうしたネパールの歴史的転換期に対応して、制憲議会議員を主な対象とした「成長と開発セミナー」を実施している。09年8月の第1回セミナーに続き、今回は第2回セミナーを実施した。このセミナーは、必ずしも政治家としての経験が豊富とはいえない制憲議会議員に対して、ネパールの「成長と開発」のため、「国のリーダーたちが持つべき視点とは何か」を考える素材を提供し、議員たちの「気づき」を促すことを目的としている。「成長と開発」は、いかなる政党が政権を担おうとも、ないがしろにはできない重要課題であるが、さまざまな政治問題を巡る対立から、ネパールでこの課題についてじっくりと議論することが難しいという背景があった。そこで、多様な政党の議員を一堂に集め、共に集中して議論を行う場をJICAが提供することも、このセミナーのポイントである。

 制憲議会議員19人と財務省、国家計画委員会、制憲議会事務局職員4人の計23人が参加したセミナーは、日本、ベトナム、ネパールの3カ所で開催される3部構成になっている。第1部となる日本では、日本や中華人民共和国、インドなど他国の事例や貿易政策、産業政策など「成長と開発」の鍵となる政策について講義を行った。国会議員としての経験が浅い参加者も、できるだけ具体的なイメージを持って国の発展にかかわる教訓を理解してもらえるよう、他国の事例を多く紹介した。

 第2部となる7日からのベトナムでのセミナーは、参加者に国の発展プロセスをより身近に感じてもらう機会となった。今日のベトナムの経済発展の原動力となった「ドイモイ政策」を推進したベトナム・アジア大洋州経済センターのヴォ・ダイ・ルーク所長の講義は、「政策の大転換の必要性を周囲に説くにあたっては、最初に保守的なリーダーたちの理解を得ることに注力した。保守的な人が納得して改革を進めれば、官民も付いてくる」、「他の国がどのような政策をとっているかをリーダーたちに客観的に紹介するため、関係する文献のベトナム語化を積極的に進めた」など、自らの体験を基にした説得力のあるもので、参加者も真剣に聞き入っていた。また、ハイズン省の農業灌漑プロジェクトを視察した際、参加者は農民の組織化や水利権など、プロジェクトについて細かく質問し、ネパールの現状と比較して参考にできる点があるかを熱心に検討していた。

 ネパールに帰国後のセミナー第3部では、12日に帰国報告や総括セッションを行い、修了証授与をもって2週間にわたるセミナーは幕を閉じた。今回の体験が、彼らが「成長と開発」について具体的な戦略を策定する際のヒントとなり、今後のネパールに大きな変化をもたらすことが期待される。

 なお、ネパールに対するJICAの民主化・平和構築支援としては、選挙管理委員会の人材育成やコミュニティ内における調停能力強化、民法案起草に対する支援を実施中。また、ラジオ局の体制強化を中心としたメディア支援も計画中である。(10年3月26日、JICAトピックスから)

03/29/2010 3月30日8時0分配信 インド新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000006-indonews-int
 
   
Posted at 03:30/ この記事のURL
医療体制の在り方など議論―障がい者制度改革推進会議 / 2010年03月31日(水)
 内閣府は3月30日、「障がい者制度改革推進会議」の第6回会合を開き、医療体制の在り方などを話し合った。具体的には、精神医療の体制や重度障害者の地域移行、介助者などによる医療行為について話し合われた。

 この日は、「司法手続き」「障害児支援」「医療」についての議論が行われたが、医療ではまず、精神障害者の医療体制や権利などが俎上に上った。
 精神福祉保健法と異なり、一般の医療を規定する医療法では、精神病患者を精神病室でない病室に入院させないこと(医療法施行規則10条)とされ、精神障害者は一般医療のサービスを享受できていないとの指摘があることから、同会議の東俊裕室長からの精神医療を一般医療法に包摂して精神保健福祉法を見直すべきかどうかとの問い掛けに対し、構成員のほとんどが見直すべきとの意見を示した。
 また、精神科では医師数、看護師数が一般医療よりも少ない配置でよいとする「精神科特例」についても、廃止すべきとの意見が多かった。
このほか、精神病院の入院患者のうち7万人ほどが「社会的入院」とされていることについて構成員からは、厚生労働省は2005年に「社会的入院」を10年以内に解消するとの目標を示したが、5年たってもほとんど進捗していないとの指摘があった。

 重度障害者などの在宅生活では、介助者などが提供できる行為が制限されており、家族の介護負担が重く、社会参加も極度に制限されているのではないかとの指摘があることに対し、構成員の多くが、研修を行った上で介助者の医療的ケアの範囲を拡大することが必要とした。
 このほか、重度障害児の在宅移行や障害者の受診拒否、自立支援医療における医療費などの問題点が挙げられた。
 意見交換では、尾上浩二構成員(障害者インターナショナル日本会議事務局長)は、障害者が地域生活に移行するには医療的ケアが得られるか、その本人の介護の方法をよく知っている介護者による介護が得られるかどうかが、大きな問題と指摘した。
 また、大濱眞構成員(全国脊髄損傷者連合会副理事長)は、医療行為の範囲を決めるよりも、地域で暮らすにはこのような医療が必要で、介助の人がそれをやるためにはどのような条件が必要なのかといった基準から決める「逆転の発想」が必要ではないかと提案した。
 さらに、新谷友良構成員(全日本難聴者・中途失聴者団体連合会常務理事)は、一般の医療と障害者の固有の医療のどこが違うのかを議論すべきではないかと指摘したほか、障害者に提供する医療、福祉、介護の各制度の関連性についても議論が必要とした。


【3月30日23時12分配信 医療介護CBニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000013-cbn-soci
 
   
Posted at 03:28/ この記事のURL
鳩山内閣は「学級崩壊」 自民党やTBSに笑われる / 2010年03月31日(水)
 米軍普天間基地の移設問題や郵政改革法案をめぐり、閣内のバラバラと不一致が拡大している。「3月末」としていた政府案をまとめる期限を鳩山首相が覆したほか、郵政事業の見直し法案についても、亀井郵政・金融担当相と他の閣僚との溝は深まる一方だ。野党やメディアからは、「学級崩壊」という、ありがたくない命名すら出始めている。

 郵政問題をめぐっては、2010年3月28日朝放送のテレビ朝日系「サンデー・プロジェクト」最終回で披露された亀井静香郵政・金融担当相と菅直人財務相とのやり取りが、2人の溝の深さを象徴している。

■「数字は聞いてませんって」

 預け入れ限度額を2000万円に引き上げるという「数字」を聞いていないと主張する菅氏に対して、亀井氏は「電話で言ったでしょ」と反発。菅氏は「数字は聞いてませんって」と言い返し、スタジオには険悪な雰囲気がただよった。

 週明けも状況は大きくは変わらず、3月29日の参院決算委員会の場で、菅氏は

  「亀井大臣と原口大臣が、発表される前の日の夕方に、確かに電話をいただきましたけど、消費税に関することとか、数字に関することは特にありませんで…」
  「当然、そういう(数字を含めた)中身の了解ということであれば少なくとも、文書を事務方を通していただかなければ、というのが多分常識的なことなのではないでしょうか」

と亀井氏を間接的に批判した。

 仙谷由人国家戦略相も、3月30日、「経済運営の基本的方針を預かる立場だが、まったく議論なしに法案が作られるのは想像できないから申し上げている」と、反発を続けている。

■TBS系「朝ズバッ!」で「学級崩壊」特集

 閣内がバラバラなのは郵政問題だけではない。鳩山由紀夫首相は、普天間基地の移設問題について、3月26日の記者会見で、

  「交渉させていただくときに、当然ながら政府案としてひとつにまとまっていないといけない3月いっぱいをめどにしながら、政府案をまとめる努力をしている」

と、政府案をまとめる期限を3月末と明言。ところが3日後の3月29日には、

  「今月(3月)中でなければならないということは、別に法律で決まっているわけではない」

と、あっさり撤回してしまった。

 これには、カナダ中の岡田克也外相の意向が反映されているとの見方もある。実際、3月29日に行われたクリントン国務長官との会談では、岡田外相は

  「鳩山首相も、5月末までに決着させたい決意を示している。日米間でさらに議論したい」

などと伝えたとされている。

 一連のトラブルをめぐっては、野党やメディアからの批判の声も急速に高まっている。

 自民党の大島理森幹事長は、3月30日の役員会で、鳩山首相については「日替わりメニューみたいに話をしている」、内閣については「学級崩壊的な議論がされている」と酷評。

 同日朝のTBS系「朝ズバッ!」でも、菅氏と亀井氏の一連のやりとりなどを「学級崩壊」として特集した。

 一連の問題をめぐっては、3月30日の閣僚懇談会で議論が行われているが、これで事態が収束するかどうかは不透明だ。


■3月30日19時32分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000001-jct-soci
 
   
Posted at 03:28/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!