ナスダック店頭市場の総合指数

September 03 [Sat], 2011, 17:11

2日のニューヨーク株式市場は、米国の雇用情勢の厳しさを示す統計がきっ
かけとなって米景気の先行き不安が強まり、大幅続落した。

 ダウ平均株価(30種)は前日比253・31ドル安の1万1240・2
6ドルと8月25日以来、約1週間ぶりの安値で終えた。
ナスダック店頭市場の総合指数は同65・71ポイント安の2480・33
だった。

 8月の米雇用統計が前月比横ばいと6万〜7万人前後の増加を見込んだ市
場予想を大きく下回った。雇用の伸びに急ブレーキがかかったことで投資家
心理が悪化し、ダウは一時、前日比282ドル安まで下げた。
 市場では、米連邦準備制度理事会(FRB)による追加金融緩和への期待
が高まっている。


週末に米東部を襲ったハリケーン「アイリーン」後の週明けのニューヨーク
市場は、懸念されていた取引への影響が少なく、立ち会いも含めて通常通り
となった。ただ、一部交通機関に影響が出ていることから市場参加者が通常
より少ないとみられ、薄商いとなっているもようだ。

 この日は、欧州株市場の流れを引き継ぐ形で、米株買いが活発化。ギリシ
ャの大手銀行EFGユーロバンクとアルファ銀行が経営統合で合意したとの報
道を受け、アテネ市場で銀行銘柄の買いが急加速。他の欧州市場にもこの報
を好感した買いが波及した。


丸紅は2日、洋上風力発電事業の世界最大手、デンマークのドン・エナジー
と提携し、英国南東部にある洋上風力発電所「ガンフリート・サンズ」の権
益のうち49.9%を年内にも約2億ポンド(約250億円)で取得すると
発表した。日本企業が洋上風力の卸発電事業(IPP)に参入するのは初め
て。日本政府も支援する方針で、日本貿易保険(NEXI)が保険の適用を
検討している。


財務省が2日発表した2011年4〜6月期の法人企業統計によると、金融
・保険業を除く全産業の設備投資は前年同期比7.8%減の7兆7145億
円で、4四半期ぶりに減少した。10年1〜3月期(11.5%減)以来の
下げ幅で、東日本大震災の影響により企業が投資を手控える動きが広がった
。急激な円高や海外経済の下振れ懸念もあるだけに、景気の先行きは不透明
感を増している。


 製造業の設備投資は2.0%減だったのに対し、非製造業は10.7%減
と下げ幅が大きかった。一方、全産業の売上高は11.6%減で6四半期ぶ
りの減収、経常利益は14.6%減で7四半期ぶりの減益だった。


週間ベースで今週良い値動きだったのは、シンガポール市場のストレーツ・
タイムズ指数で、3.5%高。週間ベースの上昇率としては3月以来の大き
さとなった。東南アジアの6市場では今週、ベトナムのホーチミン市場が最
も上伸し、7.6%高。シンガポール市場はこれに次ぐ上昇率だった。


台湾の金融規制当局が、中国本土で台湾の銀行が業務を行うための規制を緩
和する方針を発表したことを受け、金融保険株指数は0.25%高となった。


 また、米経済指標を眺めた買いも後押しした。米商務省が発表した7月の
個人消費支出は前月比0.8%増加し、市場予想(ロイター通信調べ)の0.
5%増を上回る内容。これを受けた投資家らのリスク投資意欲の回復が、米
株を物色する動きにつながった。

 ダウ構成銘柄は全面高。アルコア、ボーイング、キャタピラーなどの景
気敏感株が軒並み値を伸ばしているほか、バンク・オブ・アメリカ、トラ
ベラーズが3%超上伸するなど、金融関連の堅調な動きが目立つ。

原油先物相場

April 06 [Wed], 2011, 6:58

日経平均は1万円回復が視野に入っているものの、上値では国内機関
投資家を中心に売り圧力が強まっており引けにかけては上げ幅を縮小
した。
http://cmeny.com/dauheikinn.html


 東証1部騰落数は値上がり541銘柄に対し値下がり1015銘柄
、変わらずが115銘柄。東証1部の売買代金は1兆3868億円。

 1日の米国株式市場は、米雇用統計を好感して上昇。
ダウ工業株30種は一時1万2419.71ドルと、取引時間中とし
ては2008年6月以来の高値をつけた。3月米雇用統計は、非農業
部門雇用者数が2010年5月以来の大幅増となり市場の予想も上回
ったほか、失業率も前月から低下。
雇用情勢の改善を受けた米株高のほか外為市場で円安に振れているこ
とを受け、週明け東京市場は序盤からしっかりの展開となった。
http://nydow.co.uk/si.html


ニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物相場は、対ユーロでの
ドル安が進行したことなどを受けて急上昇。
指標である米国産標準油種(WTI)の5月渡しは、1バレル=106.72
ドルまで上昇し、終値ベースとしては08年9月26日(106.89ドル)以
来約2年半ぶりの高値で取引を終えた。



NYダウジョーンズのリアルタイム先物チャート
http://realtimeny.co.uk/e.html


4日の東京株式市場で日経平均株価は値を上げ、先週末比10円
50銭高い9718円89銭で取引を終えた。
http://cmeny.com/technical.html


 アメリカで先週末に発表された3月の雇用統計が市場の予想以
上に改善したことから、ニューヨーク株式市場でダウ平均株価が
上昇した。この流れを受け、4日の東京株式市場で日経平均株価
は値を上げて始まった。円相場がドル、ユーロに対して円安傾向
にあることから、自動車など輸出関連株を中心に買い注文が入っ
た。
http://ny225.co.uk/a.html


 午前の取引で、日経平均株価の上げ幅は一時100円を超える
場面もあったが、企業業績の悪化の懸念や景気の先行き不安など
から、その後、積極的な買い注文は控えられた。
4日朝に日本銀行が発表した、3月の日銀短観の結果は判断材料
とはならなかった。
 東証1部の売買代金は概算で1兆3868億円。
売買高は概算で25億3001万株。
http://nycme.co.uk/ku.html






5日序盤のニューヨーク株式相場は反落した。
午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は前日終値比24.06ドル安
の1万2375.97ドル。
ハイテク株中心のナスダック総合指数は1.14ポイント高の2790.33。 
http://cmeny.com/meigarasenntei.html


株式は、ほぼ横ばい。企業買収関連のニュースや経済の底堅さにより楽
観的な見方が強まったが、S&P総合500種は主要な抵抗線を上抜け
ることができなかった。
http://cmedow.co.uk/ka.html


日経平均は終日上値の重い展開となった。朝方や後場寄り後には先物主
導で買いが先行し、9800円台に乗せる場面があったが、前日までの上昇
でやや過熱感が意識されるといい、上値は限定された。国内勢によるバス
ケット売り観測も重しになったという。半面原油高を背景とした石油関連株
への物色が続いた。

 決算発表シーズンを控えて慎重なムードが強く、出来高は年初来最低
となった。 相場が失速することを示している可能性がある。
4日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、午後5時現在、1ドル=
84円01銭〜11銭で、前週末(1日)の午後5時に比べ01銭の円
安・ドル高になった。

 ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は前週末の終値に比べ
23ドル31セント高の1万2400ドル03セントで取引を終えた。



日経平均および欧州株式は世界経済の健全な成長が削がれるとの見方か
ら値下がりした。
 こうした流れを引き継ぎ、米市場の寄り付きでも売りが先行。
その後、米サプライ管理協会(ISM)が発表した3月の非製造業景況指
数が57.3と低下に転じたことから、やや下げ幅を拡大した。
http://cmechart.co.uk/e.html


ただ、午後に米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(3月15日開催分)
の公表を控え、売り圧力は限定的。
 個別銘柄を見ると、半導体大手ナショナル・セミコンダクターが70%
超急騰。同業のテキサス・インスツルメンツによる買収合意が好感さ
れている。このほか、主要ハイテク株はまちまちの動き。
ナスダック100構成企業の比重見直しが明らかになった中で、引き下げ
対象のアップルが軟化。半面、引き上げ見通しが示されたインテル、
マイクロソフト、オラクルはいずれもしっかり。
http://225ny.com/ftse.html

日本鋳鉄管<5612.T>や三晃金属工業<1972.T>

March 25 [Fri], 2011, 15:24
厚生労働省は3月24日、東北地方太平洋沖地震と長野県北部の地震の被
災者に対する介護サービス利用料の支払い猶予措置などの対象に、被保
険者や生計維持者が失職して収入がなくなった場合や、事業を休廃止し
た場合を追加すると各都道府県に事務連絡した。
被保険者が申し立てれば、5月までの介護サービス分について、同月末
まで支払いが猶予される。

http://hokenn.co.uk/directorsandofficers.html


 厚労省はこれまでに、利用料の支払い猶予の対象として、

■被保険者や生計維持者が住宅や財産などに著しい損害を受けた

■生計維持者が死亡したり、心身に重大な障害を受けて長期間入院したり
して、著しく収入が減少した▽生計維持者が行方不明になった

などを示している。
http://cancerjp.co.uk/



株価は、日本鋳鉄管<5612.T>や三晃金属工業<1972.T>が上げてい
る。日本鋳鉄管も3月は130円付近で推移していたが、大末建設同様に
乱高下を経て足元280円まで上昇している。今週に入ってからはこうし
た低位株のストップ高、昨年来高値の更新が目立っている。 

こうした極端に大きな値動きを嫌って海外年金筋やヘッジファンド、ディ
ーラー筋が売りに傾き、復興期待を背景とした中堅建設など低位株に
買いを増やしている、と邦銀系のトレーダーは指摘する。

このほか機関投資家などが年度末を意識したポジション調整による売
りを進めている。足元では、日経平均9月末の終値9369円35銭が意
識されている。その水準よりも高ければ売り地合いの東電株を売りた
い筋も含め利益確定売りが出やすいという。 


東日本大震災に伴う地震保険金請求は、25日までに14万件を超えた。
最終的には数十万件、支払額は数千億円に達する見込みだ。
損害保険会社は損害調査の担当者を増やすなどの対応をとっているが、
保険金支払いまでに数カ月以上かかる場合も予想される。
http://hokenn.co.uk/kasaiho.html


 請求は関東地方が中心で、被害の大きかった東北地方からの請求は今後
、増加する見通しだ。これまでの最大は阪神大震災の約6万5000件、
783億円。

 地震保険は請求を受けた後、損保が損害調査を行い、契約内容や損害の
程度によって保険金が支払われる。損保各社はコールセンターや損害調査
の担当者を増やすなどして対応しているが、支払い完了のめどはたってい
ない。
http://hokenn.co.uk/kazai.html


 地震保険契約の照会は契約している損保のほか、日本損害保険協会を通
じても可能。保険証券を紛失した場合も運転免許証などで本人確認ができ
れば支払い手続きができる。
http://hokenn.co.uk/productliability.html

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場

March 25 [Fri], 2011, 15:22
オリックス不動産投資法人<8954.T>:保有する54物件のうち、29
物件で内装などの損傷があり、補修費用約6700万円が発生する見込
み。
この金額は54物件の取得価格3082億9600万円の約0.02%。
http://jyouhou.co.uk/kouza.html


県内の約4500社の不動産会社が加盟している福岡県宅地建物取引業協会
はこのほど、同協会が運営する情報サイト「ふれんず」上で、東日本大
震災被災者向けの「支援住宅」の情報提供を開始した。
http://hokenn.co.uk/jisinn.html


 敷金、礼金、仲介手数料がかからない物件を掲載。家賃を下げたもの
やフリーレント期間を設けた物件、また、無償提供の掲載も予定してい
る。同協会の北里厚会長は、「被災者の方々並びに避難を余儀なくされ
た方々のひっ迫した状況に鑑みた。ご活用いただければ」と話している。
http://carddata.co.uk/souryou.html



クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、東京電力<9501.T>
のプレミアム気配は260─350ベーシスポイント(bp)と、23日の取
引(250bp、275bp)と比べ、ワイド化圧力がかかった。

不安材料を抱えていることから、信用リスクを回避するプロテクション
の買い意欲が根強いほか、信用リスクを取るプロテクションの売りに
慎重姿勢が目立った。

市場参加者によると、朝方はスワップ金利は上昇したものの、その後
は現物債がしっかりしたこともあり、長期・超長期ゾーンを中心に金利
に低下圧力がかかった。



中国の政府系シンクタンク、国家情報センターは25日、住宅購入規制
を今後3年かけて全国で導入する必要があるとの報告書をまとめた。

 中国証券報が報じた。

 中国政府はすでに国内35都市に対し、2軒目もしくは3軒目の住宅
購入を制限するよう指示を出しているが、同センターはこうした規制を
全国で実施する必要があると主張。


 購入規制の拡大は不動産市場の健全な発展に寄与するとの認識を示し
た。
 国家情報センターは、国家発展改革委員会系の主要シンクタンク。

 新築住宅の面積を小さくすることや、少人数世帯による大型住宅の
購入を制限することも提案。上海・重慶で導入した不動産税について
も、他地域での導入を急ぐ必要があるとしている。
http://carddata.co.uk/loan/data.html



ユーロ売りは一巡

March 25 [Fri], 2011, 15:21
格付投資情報センター(R&I)は25日、東京電力<9501.T>の発
行体格付けを(AA+)から(AA─)に2ノッチ引き下げ、格下げ
方向のレーティング・モニターを継続した。ドル円相場の影響を受け
にくいディフェンシブ株としての東電への認識は変化している。
http://fxhikaku.co.uk/kaisetu.html


 R&Iによると、今回の発行体格付けの格下げは、東日本巨大地震
による設備の被害が甚大で、収支・財務の大幅な悪化が避けられない
との判断に基づく。
http://nicotube.co.uk/video/investment/


格付けをAAゾーンにとどめたのは、電力事業の公共性、それに伴う
様々な保護措置を考慮したため。ただ、状況が深刻で、収益基盤・財
務基盤への中期的影響を見通しにくいことから、発行体格付けのレ
ーティング・モニター(格下げ方向)を継続するとともに、コマー
シャルペーパー(CP)の格付け(a─1+) も格下げ方向でレー
ティング・モニターに指定した。



海外の投資家が、11日以降も日本株に積極的な投資を行っていたこ
とが、財務省が毎週公表している「対外及び対内証券売買契約等の状
況」で明らかになった。

 取得額から処分額を引いたネットでは8910億円の取得超となり
、集計を始めた2005年1月以降で過去最大を記録した。

 一方、前週の対外中長期債投資は3881億円の取得超だった。
銀行が米国債に資金を振り向けたことが主因で、生命保険会社や損害
保険会社による換金売りはみられなかった。
http://fxhikaku.co.uk/kaisetu.html


東京外為市場午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時とほ
ぼ同水準の81円付近。ドルは81円を挟んだ一進一退が続いたが、輸
出の売りや、機関投資家の売買が散見されたという。

 他方、ポルトガル議会による政府の緊縮財政案否決とソクラテス首相
の辞任を受けたユーロ売りは一巡した。ただ、スペインの銀行業界が大
幅に格下げされるとの見通しや、きょうから始まる欧州連合(EU)首脳
会議(サミット)で欧州金融安定化ファシリティー(EFSF)の拡充に関
する決定を先送りするとの見方が広がり、ユーロの下値不安は続い
ている。



東日本巨大地震で身分証明書を失った被災者について、警察庁は24日
、金融機関で口座を開設する際などに必要な本人確認を、当分の間、自
己申告で行えるように変更することを決めた。


 25日に犯罪収益移転防止法の施行規則を改正し、即日施行する。
 同法では、金融機関やクレジットカード会社などに、取引や口座を開
設する顧客の氏名、住所、生年月日を運転免許証などで確認することを
義務付けている。


 しかし、地震後、身分証を失った被災者から、「親族からの送金を受
け取る口座が開設できない」との苦情が金融庁などに寄せられている。

 また、10万円超の振り込みの場合に必要な本人確認も、被災者支援
の寄付金の振り込みに限っては200万円以下まで免除することも決め
た。
http://carddata.co.uk/loan/yougo.html


みずほ銀と取引をしている企業の社員の口座に給与を振り込めず、企業
が代金を支払ったり、受け取ったりする決済も遅れた。
資金繰りの厳しい中小企業も多く、最悪の場合、倒産といった事態に発
展しかねない。


給与の振込日にあわせて住宅ローンなどの口座引き落とし日を設定して
いる個人顧客は、支払いが滞ったケースもあるとみられる。
みずほ銀は、損失を被った企業や個人に損害を賠償する方針だ。
http://seimei.hokenn.co.uk/shougai.html

ダウ工業株30種平均

March 25 [Fri], 2011, 14:04
この日の高値圏で投資家らの利食い売りを浴び、4日ぶりに反落した
。米国産標準油種WTIの中心限月5月物は前日終値比0.15ドル
安の1バレル=105.60ドルで終了。
http://nydow.co.uk/nikkei225-hiasi.html


6月物は0.10ドル安の106.11ドルで取引を終えた。
電子取引では一時106.69ドルまで値を伸ばした。
しかし、寄り付き後は下落基調に転じ、荒い値動きとなった。
投資家らの利食い売りに加え、さえない内容となった米経済指標など
を眺めて売りが活発化した。
http://cmeny.com/yougo.html


NYダウジョーンズのリアルタイムCME先物チャート
http://realtimeny.co.uk/cmeyougo.html



24日のニューヨーク株式市場は、企業の好決算が相次いだことで続伸
し、およそ2週間ぶりの高値を回復して取引を終えた。
http://cmeny.com/realtimechart.html

24日は、前日の取引終了後に発表された半導体大手「マイクロン・テ
クノロジー」や、家電販売「ベスト・バイ」などの2010年第4四半期
の決算が市場予想を上回ったことで、消費財やハイテク関連を中心に
買いが入った。
http://ny225.co.uk/adr.html


また、朝方に発表された、前の週までの新規失業保険申請件数が、
市場予想を下回ったことも相場を後押しした。
結局、ダウ工業株30種平均は続伸し、前の日に比べて84ドル54セント
高い、1万2,170ドル56セントと、およそ2週間ぶりの高値を回復して
取引を終えた。
また、ハイテク株中心のナスダック総合指数も38.12ポイント上げて
、2,736.42で取引を終えている。
http://ny225.co.uk/adr.html


24日のロンドン外国為替市場の円相場は、方向感に乏しい中を円
買い・ドル売りがやや優勢となり、1ドル=80円台後半へ強含みに
推移した。午後4時現在は80円80〜90銭と、前日午後4時(80円90
銭〜81円00銭)比10銭の円高・ドル安。

 海外市場に引き続き様子見機運が強く、序盤からこう着した展
開。午後に入り発表された2月の米耐久財受注が前月比0.9%減
と市場予測を大幅に下回ったことで、ドルを売る動きがやや優勢
となった。もっとも為替介入への警戒感がくすぶる中、円の上値
を積極的に追う動きは見られず、値幅も23銭にとどまった。


 ユーロは東京市場からの売りが一巡、欧州中央銀行(ECB)の
利上げ観測を背景に切り返した。依然としてスペインの銀行格下
げやポルトガルの政局混乱など、ユーロ圏の信用不安が強まっ
ているものの、この日からブリュッセルで始まった欧州連合(EU
)首脳会議を前に売りが手控えられた格好。


25日午前の東京株式市場は反発した。景気への影響はなお不透明だが
、自動車や電機など主力株の割安感から買い戻し注文が入ったもようだ。
http://cmeny.com/worldstocks.html


 日経平均株価の午前の終値は前日終値比94円13銭高の9529円
14銭。トヨタ自動車が45円高の3260円、ソニーが93円高の2
643円と主力株が上昇。
http://cmedow.co.uk/kabusiki.html

三菱重工業も続伸し、電力供給不安が消えない中、同社が手掛ける発電
用ガスタービンへの引き合い増加の観測が買い注文になっているようだ
。ただ相場全体の上値は重い。

 東証1部市場全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)も反発
して、4・12ポイント高の858・07。
http://cmechart.co.uk/kabuyou.html


 海外では、24日のニューヨーク株式市場が続伸し、ダウ工業株30
種平均は前日比84ドル54セント高の1万2170ドル56セントで
取引を終了、約2週間ぶりの高値となっており、こうした流れも東京
株式市場につながっている。
http://225ny.com/oushuu.html

ニューヨーク株式相場・株価

March 21 [Mon], 2011, 9:43
週末18日のニューヨーク株式相場は、先進7カ国(G7)による協調介入で円急騰に伴う日本発の株安連鎖に歯止めがかかったことなどから、朝方は優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比で一時150ドル超上げた。日経平均株価も連動して上昇する動きが期待された。
http://cmechart.co.uk/djia.html

ただその後は徐々に上げ幅を縮小し、ダウは同83.93ドル高の1万1858.52ドルで取引を終えた。ハイテク株中心のナスダック総合指数は同7.62ポイント高の2643.67で終了。
http://nydow.co.uk/cmenikkei.html

 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比8億7017万株増の19億0546万株。
http://cmeny.com/kabuka.html


ドル/円   終値    80.52/57

       始値    81.37/38

   前営業日終値    78.97/01  

ユーロ/ドル 終値   1.4176/82

       始値   1.4141/42

   前営業日終値   1.4013/19

30年債 

   (2105GMT)    105*15.50(+0*10.50) =4.4176%

前営業日終盤    105*05.00(‐0*30.00) =4.4368%

10年債

   (2105GMT)      103*00.00(‐0*03.00) =3.2678%

  前営業日終盤    103*03.00(‐0*14.50) =3.2571%

 2年債

   (2105GMT)      100*02.25( 0*00.00)=0.5885%

前営業日終盤    100*02.25(‐0*01.75)=0.5887%

ダウ工業株30種(ドル)

       終値       11858.52(+ 83.93)

   前営業日終値    11774.59(+161.29)

ナスダック総合

       終値       2643.67(+ 7.62)

   前営業日終値    2636.05(+19.23)

S&P総合500種

       終値       1279.20(+ 5.48)

   前営業日終値    1273.72(+16.84)

COMEX金(4月限)(ドル/オンス)

         終値     1416.10(+11.90)

     前営業日終値   1404.20(+ 8.10) 

原油先物(4月限)(ドル/バレル)

        終値   101.07(‐0.35)

      前営業日終値   101.42(+3.44)

CRB商品指数(ポイント)

         終値  351.15(+ 2.48)

     前営業日終値      348.67(+10.50)



 この日のダウは、急激な円高進行による市場混乱が収まったことで朝方は大きく値を上げた。
http://realtimeny.co.uk/cmeyougo.html

しかし、景気減速懸念が依然くすぶっている上、北アフリカ情勢の混乱が収まるどうかはなお予断を許さないとの見方が広がったことから、世界経済全体への先行き不透明感が強まり、引けにかけて買いの勢いが弱まる展開となった。
http://cmedow.co.uk/kawase.html


 個別銘柄を見ると、金融株の大半が上昇し、JPモルガン・チェースは約2.7%高、ウェルズ・ファーゴは約1.5%高で終了。
http://nycme.co.uk/kabu-yougo.html


両社は同日、米連邦準備制度理事会(FRB)が実施していた自己資本の質・量に関する精査を終了したことを受け、株主に支払う配当を引き上げると発表した。
http://225ny.com/cme.html


これに対し、スポーツ用品大手ナイキは、前日引け後に発表した決算が予想されたほど好ましい内容でなかったことを嫌気して急落、約9.2%安で終わった。また、アップルはジョブズ最高経営責任者(CEO)が完全に引退するのではないかとの観測などが広がって下落、約1.2%安で引けた。
http://ny225.co.uk/nikkei.html
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/cmenikkei225/index1_0.rdf