自慢の雛人形をちょい見せ!

April 08 [Tue], 2014, 16:09
雛人形の種類には七段飾り、三段飾り、親王飾り、収納飾り、ケース飾りなどがあり、それぞれの種類によって必要なスペースは大きく異なります。
関東雛との違いは人形の配置、その表情にあります。
伝統行事として残っている流し雛も、子どもが無事に成長するようにという願いを込めて人形を作り流す習慣です。
雛人形にかける予算と相場は人それぞれですが、段数にこだわらなければ小さなものも飾ることはできます。
人形の位置は古来からの慣習も関係していて、左にいる人は右にいる人よりも格式が高いというようになっていました。
彫り込みやこまかな細工は、ないものもあります。
予算や好みに合わせ、雛人形選び方バイブルも参考に選びたいところです。
忘れずに桃の節句をお祝いすることも、習慣になります。
女の子の健やかな成長を込めて贈るものですから、できればしっかりした雛人形を用意したいものです。
一軒家で生活するという家庭は以前よりも減っていて、大きなひな飾りを飾るということも少なくなっています。
家庭に置くことのできる雛人形を飾れば、どのようなものでも問題はありません。
ただスペースや購入に必要な予算を確保することができるのであれば七段飾り、三段飾りといったものを選ぶことでやはり豪華に見えます。
雛人形の起源をたどると、その由来は京都にあるという説もありますが、人形の多くは関東で作られていて、東京や埼玉などにメーカーがあります。
ひな祭りの主役とある雛人形には、「京雛」と呼ばれているものがあります。
雛人形木目込み秘伝書
雛人形木目込みABC
雛人形木目込みブック
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cm99cgao
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cm99cgao/index1_0.rdf