マイク・ラザフォードの宮木

March 28 [Mon], 2016, 13:56
実際の介護士資格取得の難易度はどの程度だと思いますか?調べてみると、介護士国家試験の合格率は毎年90%前後のようです。試験そのものも、それまでの学校生活でちゃんと学習していた人であればそれほど苦労なく合格できるものですから、全く取得が難関な資格という訳でもないようです。

普通のサラリーマンやOLと違い、介護士の仕事時間は交代制で夜勤があります。働いた分の休みはちゃんとありますが、なかなかハードではあります。

そして、結婚や出産といった機会に退職する介護士もかなり多い、というのが問題となっています。


結婚、出産、そして育児がスタートしたらどんな時間であっても安全に子供を預けることができる施設なり、実家なりがないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。
ですが、近頃は子供に手がかからなくなったためもう一度介護士として働くことを希望する人も増えてきており、大きな戦力となっています。

介護士になるための手段として、介護系の大学または専門学校を選択する必要があります。大学の場合のいい面は高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。

専門学校では、実習など現場に即した内容が多いので、そういった経験を生かして即戦力になれます。
その他、学費に関しても大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。
介護施設で病棟勤務に就いている介護士なら介護施設によりますが、2交代制か3交代制でみんなが夜勤を務めます。


夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると医師や介護士など、人の数がかなり減り、夜中の少人数体制の中でナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、おそらく日勤を超えるでしょう。



休みを自由にとれて、やりたい仕事を多くの中から選べるのが介護士という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。

働く期間も様々で、単発、短期、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、こちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、介護士として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、求職活動をしてみてはいかがでしょうか。



一昔も二昔も前の話になりますが、介護士などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風に世間的に認知されていた節があります。

しかし、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できるといった事実について、急激に周知されてきているようです。その給料についてわかりやすい例を挙げると、家の屋台骨として充分に、家族が食べていけるようにできる程です。つまり介護士というのは確実に高給を得られる専門職なのです。

業務の多さ、責任の重さ、なによりその忙しさにより、介護士の仕事はかなり厳しいものですから、辛いと感じることも多いでしょう。
夜勤を前提とした二交代制、三交代制の勤務形態もあり、たいていの介護士は、体内時計を狂わせてしまって、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。
基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないと疲れは身体から抜けることなく、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、身体に無理をさせているのかも、と感じる事になってしまうでしょう。介護士に階級があるのをご存知ですか?トップに位置するのは、ほとんどの介護施設では看護部長や総介護士長がトップにあたります。

具体的に、どのように階級が上がるのかというと、長い間同じ介護施設に勤めて実績を残しておき、周りの人間の信頼を得るように努力することが大切なようです。もちろん、階級が上がればその分、高収入になる事は間違いないでしょう。


常に激務に晒されている印象のある介護士というお仕事ですが、その勤務時間は、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。なので、子育てと両立させながらそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、ともあれ働き続けていられるということは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。
人材として需要が高いため、介護士は転職しやすいです。転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、面接という流れになるのがふつうです。
この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について聞いてもらったり、質問を受けたりすることになるのですが、実務的なことの他に、職場仲間として適応できるかどうか、性格や人間的なところも調べられているのです。


技能や知識のみならず、人としての良い面をアピールできると、とても有利でしょう。


一般的に、介護士は離職率が高いです。

そのため、転職率も高いですね。



そうした傾向を踏まえ、介護士専門の転職サイトなるものが存在しているのです。

介護士の求人に特化した転職サイトであれば、もっと簡単に希望通りの求人を探すことが出来るので、仕事で忙しく働く介護士にはうってつけのサイトです。
どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを合わせて活用すると、さらに便利だと思います。



介護士になって最初に勤めた介護施設では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。

その時、このまま介護士を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。
さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、転職することを決めたのでした。そこではたと困ってしまったことがあります。情けないですが、履歴書をどう書いたらいいかがわかりませんでした。
ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりしてこうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、なんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということがいやでも思い知らされた出来事でした。


介護士というものは働く時間が規則的でないことやキツい仕事だということも原因となり、介護士以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、「介護士資格を持っています」という事実は、意外にそれ以外の職場にとっても活用できるというのもよくある話です。



いくつか例を挙げるならば、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。学校卒業後、ずっと同じ介護施設で勤務していますが、気がついたことと言えば、介護士は喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。
さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、少しずつ介護士の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。

そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、介護士たちの飲み方、酔い方は阿鼻叫喚とは言いませんが、そこに白衣の天使はいません。

あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。

それだけではないにしろ、介護士を志望するモチベーションの一つとしてよくいわれる動機の一つに一般的に給料が高いという点が挙げられます。働き始めて最初の給料を鑑みても、同じくらいの歳の新入社員よりも収入が高めだといえるはずです。ただし、そのように高給をいただくということは自分の腕を磨いて、患者さんに貢献していかなければなりません。「介護士」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていて借り入れをしようとしている場合にも往々にして、簡単に審査に通りがちです。
例外として、非常勤で勤務している介護士の方など、不安定な雇用状態の場合には必ずしもそうであるとは言えません。ローンで審査に引っかからずに通れるのは正規職員として勤務している介護士のように、安定している場合なので、非正規雇用の介護士についてはローンを組むことが困難なことがあります。介護士としての技能を高めたいと望むのであれば、答えは簡単です。
経験を積む、これだけです。

万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というような生やさしいものではありません。ですから、実地に経験していくしかない、ということです。
ところで、更なるスキル向上を狙って働く場所を変えようとするケースもあるようです。規模の大きい介護施設に移って介護士スキルをさらに底上げを図ろうとする、大変に積極的な仕事の選び方です。

治療の補助や患者の各種ケアなど、介護士の業務は多岐に渡り、もはや介護士なしの介護施設などあり得ませんし、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。
24時間いつでも稼働している介護施設が職場ですから、そこで働く介護士も24時間不在の時間があってはなりません。



なので、業務は日勤と夜勤という形に交代制を採っています。夜勤業務があるので、多少強引にでも時間の調整をしなければ充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。もはや日本は超高齢化社会です。

病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、介護施設を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、介護士もますます忙しくなってきています。その労働環境は厳しく、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、過労死に至った介護士もいました。
夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、現場は常に人手不足で、介護士の需要は高いままであり、介護士は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。

初めて介護士の就職先を探してみても決まらず困っている話を聞きますが、年齢が壁になっているかもしれません。



求人サイトなどには年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、場合によっては、介護施設が内実に採用に関する制限をあらかじめ決めている場合もあります。



特に未経験で30歳以上の方が条件の良い働き口を見付けるには、厳しいケースが多いです。


皆さんは介護士の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、介護士を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。

料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。ですが、昨今では、少しずつ介護士の制服も変化してきており、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは物悲しく思えますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。
能力評価では、自分の介護士としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。



実行している介護施設がほとんどのようです。

介護士の個々の能力を、間違いなく評価することを可能にするため、指標をはじめから作っていったところもあります。



そして、この能力評価を月に一度の定例にしている所もあり、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。



介護士は、こうして定期的な評価を受けることで、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、高いモチベーションを保てます。転職を希望する介護士の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。
どこの介護機関でも、介護士は人手不足になりがちで、ですから、求人だってもちろん多いです。例えば今現在、勤め先でハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。
そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、できれば給料とか労働条件だけではなくて、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。働き方の違いで、介護士であっても収入に差が出ます。

正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、これがパート勤務であれば、多くの場合、時給計算で報酬が支払われます。具体的な金額としては夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが相場のようです。パートとしては良い時給なのかもしれません。しかし、人の命に関わる責任の重さや常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、あまり良い時給ではないのかもしれません。昔の話ですが、かつての介護士といったら看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の介護士がほとんどでした。
でも、今では一般的に「介護士」という名称が使われているように男女共に働く職業となってきました。介護士に相応しい性格や能力をみても、介護士に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。


本来女性が持っているような優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、介護士にとって大事なポイントになっています。介護士は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、介護士の中でも小さな子を持つ場合にはかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。
子供の就学前であれば24時間保育を行っている保育所の利用や介護施設に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。ですから、パートで働く形に変えていくという介護士も多数存在するようです。介護士がどんな風に思われているかというと、白衣の天使という呼称があるほど、大体の場合には、印象良くとらえているという人が多いでしょう。
ただ、介護士の現状はというと、収入面ではそう悪くはないとはいえ、なかには夜勤や長時間残業の介護士も多くいるのです。良い面だけを見るのではなく、介護士の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。


夜勤で決まって体調を崩すようであれば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。



ですが、注意しておかなくてはならない点として、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、夜勤で働く介護士と比べて結果的に給料が減ることがほぼ確実なのです。今の収入を減らしてでも、夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。
介護士の資格というものの最も強みとなる点はというと、なんといっても介護士として勤務していない時間があっても、また介護士に戻れるという点です。理由として、介護士が専門職だからということと働き手が足りていない現状が少なからず関係しています。転職先も雇用形態も特に希望しなければ上手くいけば50代だったとしても、復職が可能です。



介護施設では、介護士が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、申し送りを行なうことにしている介護施設は多いです。担当している患者さんの変化や状態、その他の情報や、その他報告しておくべきいくつかの事項をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて報告するというものです。申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に話す努力が必要です。申し送りは、素早くスムーズに行うことも当たり前のように期待されます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ルネ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる