捧げられた身 

July 19 [Sat], 2008, 22:00
玄関の扉は自動で開くものではないらしい。ことこの家において。
「ただいま帰りました」
ガチャリと音を立てるドアを開けると、数秒遅れて声が返る。
「お帰りなさいませ、お嬢様」
背中の中程まである黒髪を1つに結わえ、足音を立てぬよう歩いてきたその女性は、その家の主人が引き連れた少年を見てやや面食らった顔をした。
もっとも、初対面である少年には判別がつかぬほどに微かに。
「櫻井さん、この子をお風呂に入れていただけるかしら」
「畏まりました」
例えその行動が一般に奇異とされていたとしても、主人の命には従う。従者として正しく櫻井は働いた。

「ごめんなさいね、丁度よいサイズの服がなくて」
華奢な体に似合わぬ大きさのバスローブを身に纏い、困惑したようにキョロキョロと回りを見回す少年へ雨音は話しかけた。
びくりと体を震わせた少年は、しかしその声音に危険性はないと判断したのか、緋のソファーへ座って紅茶を飲んだ。
「ミルクをお持ちしました」
「ありがとう櫻井さん」
白い陶器がテーブルに置かれた。それを見つめる少年を一瞥してから、櫻井はそちらを見上げる雨音に一言囁いた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:村主・雨音
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1990年4月30日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる