次世代介護用具に人体強化服や癒やしロボ / 2010年07月15日(木)
 7月14日に開幕した「国際モダンホスピタルショウ2010」(主催=日本病院会、日本経営協会)で、「ロボットで拓く介護・リハビリテーションの明日」と題して、「パワードスーツ(人体強化服)」や「癒やしロボット」など次世代の介護支援用具が展示されている。

【複数の写真が入った記事】


 人体強化服で注目されるのは、大和ハウス工業が販売総代理店を務める「HAL」。筑波大発のベンチャー企業、サイバーダインが開発した商品で、障害者や高齢者の自立歩行を支援する。最新の「科学技術白書」でも紹介された注目の次世代福祉用具で、大和ハウス工業によると、既に契約ベースで70台、納品ベースで40台が販売されている。

 同じ人体強化服では、芝浦工大の「密着型補助機」が出展された。「つまずき防止や利用者ごとの歩行支援に対応し、着衣して機器部分を隠すこともできる」(説明員)と、独自の強みと「HAL」との違いを訴えている。

 癒やしロボットでは、日本電気が「PaPeRo(パペロ)」を展示。音声認識機能で人と簡単な会話をしたり、画像認識技術で人の顔を覚えてそれに応じた動作をしたり、触れると反応したりするなどの機能が紹介されている。同様に知能システムのアザラシ型ロボット「パロ」も展示されており、説明員によると、「犬などのキャラクターでは実際の犬と比べられてしまう。アザラシのような普段見掛けないキャラクターが好まれる傾向にある」という。

 介護ロボットの展示コーナーではこのほか、コインを拾えるアーム付きの電動車いす「EMC-250プラスユー」や、移乗支援などを行う「ホーム介護ロボット百合菜」などが紹介されている。


【7月14日23時15分配信 医療介護CBニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100714-00000010-cbn-soci
 
   
Posted at 09:17/ この記事のURL
中国から見た日本「失われた20年、不景気と政治不信の悪循環」 / 2010年07月15日(木)
 中国網日本語版(チャイナネット)は13日、「中国から見た日本『失われた20年、不景気と政治不信の悪循環』」とする記事を掲載した。

 日本の第22回参院選の結果は12日未明に大勢が判明し、連立与党が敗北して野党が過半数の議席を獲得した。民主党の敗因に関して菅直人首相は記者会見で、消費税率の引き上げに関する発言が「唐突な感じで国民に伝わった」ことを挙げたが、消費税率の引き上げはあくまでも直接的な理由に過ぎない。

 その背景にある深層について、コラムニストで『中国新聞週刊』の編集長である陳言氏は「チャイナネット」のインタビューで、「日本では不景気が政治の不安定を招き、政治の不安定は逆に景気回復に悪影響を及ぼすという悪循環に陥っている」と指摘する。

 2010年1月1日の「日本経済新聞」には、「失われた20年」という言葉が見られた。日本は戦後の1945年から1989年にかけてさまざまな問題が起こったが、そうした難関を乗り越えて成長を遂げてきた。しかし1993年からは「失われた」状態に陥り、今から見ればすでに「失われた20年」である。

 この20年で大きく変化した日本。以前は製造大国として、全ての産業は日本で生産し海外に輸出していた。周知のようにその後は米国との間に、大きな鉄鋼摩擦や自動車摩擦、電子製品摩擦が生じた。21世紀になってから日本の多くの産業は海外に拠点を置き、日米の貿易摩擦も小さくなったが、それと同時に日本国内の産業が空洞化し、特に若者の就職難といった問題が起こる。そのため仕事を持っている人はお金があり、仕事がない人は非常に貧しくなりがちになった。日本はそもそも貧富の差が小さい国だったが、今は次第に格差が広がり、これは戦後には見られなかった現象だ。

 新しい政権は上述の問題を解決しなければならない。例えば、ハイテク、医薬、介護などの新しい産業を作り出して国内の就業問題を解決し、日本経済を早く回復させることが必要だ。

 だが日本の政権は変動が続き、安倍首相から首相の任期はいずれも一年未満と、政策の上でも持続性がない。もし今後もこのような短命な内閣が続くようであれば、日本にとって「失われた20年」から抜け出すことはよりいっそう困難だろう。

 さらに言えば、自民党と民主党の内部が分裂する可能性がある。みんなの党、たちあがれ日本など、自民党から分裂した政党は自分たちの勢力を拡大している。私が思うには、二大政党が分裂する場合には、その間に絶えず分裂や調整、新しい政党の結成などが起こるため、日本の政局は今後2、3年の内には経済と同じように急速な安定は望めないだろう。今回の参院選から導き出せるのはこうした結論だ。

 日本はこの先、短期間に景気が回復する可能性は大きくない。そのため国民は政治不信に陥り、この2、3年で日本の政治が安定に向かう可能性は少ない。要するに最初は経済レベルの問題だったが、政治レベルの問題になり、そして社会問題に変わった。社会問題はさらに不景気や政治不信、内向的社会、落ち込みを招く。中国が今見る日本はこうした状況だ。(編集担当:米原裕子)

【7月15日8時36分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100715-00000000-scn-cn
 
   
Posted at 09:02/ この記事のURL
【日本版コラム】赤毛のロシアスパイとニューヨークのクラブ文化 / 2010年07月15日(木)
津山恵子 フリージャーナリスト

 さすが「スパイ」だ―と思ったのは、米連邦捜査局(FBI)に逮捕された「ロシアの赤毛スパイ」アンナ・チャプマン(偽名、28)が出入りしていたニューヨークのクラブの名前を見たときだ。

 「赤毛」「美人」「スパイ」と3拍子そろい、ニューヨーク・ポストなどタブロイド紙が連日彼女のことを根掘り葉掘り報じた。それによると、彼女が出入りしていたのは、ジュリエット、グリーンハウス、トムソン・ホテル(会員制)など、一見の客にはなかなか入りにくい高級なクラブばかり。

 彼女は昨年ニューヨークに来たばかりで、少なくとも今年1月からFBIの覆面捜査官にマークされていたようだ。しかし、この短い期間に、これらのクラブへのアクセスを得たというのは、さすがというほかない。

 ポストによると、チャプマンはパーティに頻繁に顔を出し、ブランド物のシックな衣装を常に身に着け、普通の人がなかなか入れないナイト・クラブを網羅して、ウォール街の金融マンや世界の要人に近づく機会を狙っていた。

 「アメリカは自由な国。ここでは、簡単に成功した人物に会える。モスクワでは、自分も同じぐらい成功していなければ、成功を収めた人には会えない」チャプマンはフェースブックにアップしたビデオでこう語る。

 しかし、実際はそううまくはいかない。自ら不動産サイトの経営者と名乗るものの、つてもなく、大物の関係者でもない28歳の女性が、これらのクラブで要人に会うにはどうしたらいいか。

 まず、目的とする人物が出入りしそうなクラブを特定する。それだけでは誰かの手引きでもない限り、クラブそのもの、あるいはクラブのVIPエリアに入ることはできない。クラブの入り口ドアの前にいるドア係(用心棒ともいう)を突破することが最大の難関だ。彼らを攻略するのは、目的の人物を紹介してくれる人物の名前をほのめかすか、入館するために納得する理由をでっちあげるしかない。いずれも簡単なことではない。

 しかし、冷戦終結後20年余りも経って、一市民になりすましたスパイが、マンハッタンを当たり前のように闊歩(かっぽ)していた事実に、市民は驚くとともに動揺を隠せなかった。FBIや検察によると、核兵器や米国の世界戦略、重要人物の情報を集めていたというが、これは、米市民が最も恐れるテロのターゲットとぴたりと一致する。

 10人のスパイは、米国とロシアの政府が、スパイ交換に合意、ロシアで服役中の4人と交換されることで、街から消えて、市民はそのニュースにほっとした。

 しかし、スパイ活動やFBIなど捜査機関に詳しいロナルド・ケスラー氏のリポートによると、10人はさほど周到に訓練されたスパイではなく、冷戦後、宙ぶらりんになったスパイ組織の”残りかす”が展開していた活動だという。

 「彼らは、スパイを動かすことができたから、活動させていた。それは彼らの血であり、官僚支配であり、システムだからやっていただけだ」(ジョン・マーティン元米司法省スパイ担当主任検察官)

 ワシントンでは、保守派からスパイを公判にかけないことに批判が上がったが、大物スパイではないという判断からスパイ交換に簡単に至ったのだろう。

 「オバマ政権とエリック・ホルダー司法長官が、時期尚早にスパイ交換をして、国家を危険にさらしたかというと、そんなことはない。マイナスになるような点は何もない」(マーティン氏)。

【7月14日10時57分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100714-00000013-wsj-int
 
   
Posted at 08:47/ この記事のURL
トヨタが米国で再評価? 「事故の多くが運転ミス」 / 2010年07月15日(木)
 トヨタ車事故の多くが運転ミスと米大手経済紙に報じられ、同社の株が上がっている。ただ、リコール対象になったアクセル不具合などの可能性もあるとされ、まだ流動的な要素が残っているようだ。

  「トヨタ車事故は、ドライバーの運転ミスとされた!」

 こんな大見出しを掲げたのは、米ウォール・ストリート・ジャーナル紙の2010年7月13日付サイト記事だ。

■米WSJ日本版「市場での嫌疑も晴れつつある」

 それによると、米運輸省が、事故車の一部を分析したところ、米議会などから指摘された電子制御の欠陥は見つからなかった。さらに、運転状況を記録したデータ・レコーダーを解析すると、いずれもアクセルは全開状態で、ブレーキは使われていなかったというのだ。

 こうした点から、同省は、急加速して事故になったのは、ドライバーがブレーキと間違ってアクセルを踏んだ可能性が高いとみている。

 リコール問題で、トヨタ車は、2009年はプリウスなど850万台もが対象になった。10年に入っても、アクセルペダルが戻りにくいケースが分かり、カローラなど430万台がリコール対象になっている。

 もし電子系統にも欠陥が見つかれば、経営に大打撃となる可能性があった。それだけに、今回の報道は、市場に好感されている。東京株式市場では7月14日、トヨタ自動車株が買われ、円安の追い風もあって、ほぼ1か月ぶりとなる3200円台まで回復した。

 ウォール・ストリート・ジャーナルの日本版ブログによると、アメリカなどの評論家がトヨタの破たんを予想していたのが一転、「市場での嫌疑も晴れつつある」。集団訴訟も数少なく、収益への打撃も比較的小さいという。ブログでは、こうした状況から「不屈のトヨタ?」との見出しを掲げている。

■リコール原因の可能性など流動的要素も

 同紙の報道は、英ロイター通信社なども後追い報道しており、欧米メディアでも、トヨタ再評価の兆しが出ているようだ。

 その背景には、アメリカなどでトヨタ車が現地生産され、多くの人が働いている事情があるとみられる。同国では、販売されるトヨタ車の7割ほどが国内工場産で、17万人以上がトヨタ関連で働くだけに、死活問題だ。バッシングへの反発が強かったこともあってか、米ニューヨーク・タイムズ紙がトヨタ車の購入を勧めるような記事まで書くようになっている。

 もっとも、アメリカの自動車産業界からはトヨタへの風当たりがまだ強く、米議会にはその支援を受けた強硬派も多い。事故車の急加速は、アクセルが戻りにくかったり、フロアマットに引っかかったりするリコール原因の可能性があるとも報じられており、トヨタが完全に汚名返上できたとは言い切れない状況だ。

 トヨタ自動車の広報部では、ウォール・ストリート・ジャーナルの報道について、「当局から調査結果の報告を受けていませんので、今の段階ではコメントできません」と慎重だ。リコール原因についても、「可能性の話になりますので、お答えしにくいことです」としている。


■7月14日20時32分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100714-00000006-jct-bus_all
 
   
Posted at 08:32/ この記事のURL
日産が新型マーチを発売、クラス最高の燃費達成で99万9600円から / 2010年07月15日(木)
 日産自動車は2010年7月13日、コンパクトカーの新型「マーチ」を発売した。新開発の3気筒1.2Lエンジンを搭載し、アイドリングストップ付きモデルはクラストップの低燃費26km/Lを達成、車両本体価格は99万9600〜164万4300円。

【詳細画像または表】

 新型マーチは、副変速機付きの新世代エクストロニックCVT(無段変速機)、低燃費と高いトルク性能を両立した日産初の3気筒1.2L「HR12DE」エンジンなど、燃費を向上させるパワートレインを採用。全モデルが75%エコカー減税と最大25万円のエコカー補助金に適合する。

 またFF車の量販グレード「12G」「12X」に、信号待ちなどの停車時にエンジンを自動的に停止して、ガソリン消費を抑えるアイドリングストップを採用。常に車両の状態をモニターして積極的にエンジンを停止する設定とし、1〜1.5Lのハイブリッドを除くガソリン車でクラストップの10-15モード燃費26km/Lを実現した。

先代モデルと大きさは同等、約80kg軽量化して燃費を向上

 5ドアハッチバックだけの設定で、ボディーサイズは全長3780×全幅1655×全高1515mm(2WD車、4WD車は全高1525mm)。大きさは先代モデル前期型の3695×1660×1525mm(2WD車)とほとんど変わらないが、安全装備を充実したにも関わらず、車両重量を約80kg軽量化。燃費を含む環境性能の向上と、コストダウンに寄与している。

 駆動方式は2WD(FF)と4WD(モーターアシスト方式)で、トランスミッションは全モデルが新世代エクストロニックCVTを搭載。販売目標台数は、モデルライフ平均で月4000台だ。

(文・写真/柳 竹彦=日経トレンディネット)

【7月14日2時23分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100714-00000000-nkbp_tren-ind
 
   
Posted at 08:17/ この記事のURL
当て逃げのクォン・サンウ、罰金5百万ウォン略式命令 / 2010年07月15日(木)
【ソウル13日聯合ニュース】ソウル中央地検は13日、運転中に乗用車をパトカーなどにぶつける事故を起こしながら逃げたとして、道路交通法上事故後未措置の罪で俳優クォン・サンウさんを略式起訴し、罰金500万ウォン(約36万円)の略式命令を出したと明らかにした。

クォン・サンウのプロフィールと写真

 検察によると、クォンさんは先月12日午前2時55分ごろ、自身が所有するキャデラックを運転中、ソウル・江南区清潭洞で路肩に駐車していた乗用車に衝突し、後ろから追ってきたパトカーにもぶつかったが、車を乗り捨てそのまま逃げた。クォンさんは14日午後2時30分ごろ、江南警察署に出頭した。

 書類送検後、検察は今月9日にクォンさんを出頭させ、事故の経緯を調べた。検察関係者によると、クォンさんは飲酒運転については否定しており、関係者からの事情聴取からも飲酒の証拠は見つからなかった。


【7月13日16時5分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100713-00000022-yonh-ent
 
   
Posted at 08:02/ この記事のURL
John-Hoonが待望の9thシングル『アルデンテ』をリリース!  / 2010年07月15日(木)
入隊中にもかかわらず、リリースされる作品ごとにオリコンチャート上位に入る驚異の人気ぶりが注目を浴びるJohn-Hoonの9枚目となるシングル『アルデンテ』が、来たる8月18日にリリースされる。

John−Hoonのプロフィールと写真

今年1月20日の誕生日に8枚目のシングルをリリースしなんと入隊中にもかかわらずオリコンデイリーチャート5位を記録。以来7か月ぶりのリリースは、前作同様ヒットメーカーのコモリタミノルによる作品。『アルデンテ』という変わったタイトルのようにメロディーも歌詞も今までのJohn-Hoonでは見せたことのなかった遊びゴコロの入ったちょっと変わった1曲に仕上がった。

John-Hoonは「日本での3枚目のアルバムに向けて、とても多様なジャンルに挑戦した。それらを少しずつ紹介いていく意味でのシングルは、僕の音楽活動と僕の残す作品を代表して語ってくれるもの。だから9枚目のシングルは、僕の進化の一つだと思ってもらえるようなちょっと変わった曲を選ぶことにした。面白い曲だし、僕はとても気に入っているけれど皆さんがどう受け取るのか、気になるし心配でもある。でも、全力で取り組んだこの歌を、少しでも多くの人に聞いてもらいたい。何より歌いながらとっても楽しかったので! 」と入隊前にこのシングルに向けての意気込みを語った。

また、この『アルデンテ』は、スペシャル企画として初回限定盤のうちランダムな100枚に、John-Hoon直筆サインカードが入っているといううれしいプレゼントも準備されている。

John-Hoonは現在入隊中だが、主演ヒットドラマ『宮〜ラブ・イン・パレス〜』がフジテレビで7月19日より放送予定。


Copyrights(C)wowkorea.jp
【7月14日17時18分配信 WoW!Korea
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100714-00000024-wow-ent
 
   
Posted at 07:48/ この記事のURL
「肩さん」ことフリーアナ山岸舞彩 W杯司会きっかけに人気急上昇 / 2010年07月15日(木)
 ネットで「肩さん」というニックネームで親しまれているフリーアナウンサーの人気が急上昇している。

 NHKのワールドカップ関連番組で司会を務めたのがきっかけで、知名度が急に上がった。なぜ「肩さん」なのかというと、立派な肩をしているからだそうだ。

■「水泳体型なのではないか」との説も

 タレント事務所セント・フォースに所属しているフリーアナウンサーの山岸舞彩(まい)さん。山岸さんは。日本女子大学在学中にモデルや東レ水着のキャンペーンガールをつとめテレビに進出。2009年2月からはNHK BS1のサッカー番組「Jリーグタイム」でキャスター。2010年6月からはNHKの「ワールドカップ南アフリカ大会・デイリーハイライト」では司会者としてスタジオで奮闘した。

 テレビに出始めた頃はネットで「肩岸さん」と呼ばれていたが、W杯が始まってからはニックネームが「肩さん」で定着した。

 公式プロフィールによると、身長は168センチ。書道と運動が得意で子どもの頃から水泳で鍛え、ジュニアオリンピック水泳の東京都大会出場。ゴルフは関東中学ゴルフ選手権6位に入賞している。ネットでは「水泳体型なのではないか」と囁かれている。

■「いつもながら ナイスショルダー!」

 今回のW杯関連の放送で山岸さんの知名度が上がり、掲示板「2ちゃんねる」でも多くのスレッドが立っている。

  「いつもながら ナイスショルダー!」
  「肩さん、噂では知ってたけど始めた見た。ホント肩だなwでも好みの美人サン」
  「肩さんかわええ 今日もスカート短いなあ」
  「こんなかわいいコが同僚だったら仕事が手につかない」

などの書き込みが出ている。 山岸さんが所属するセント・フォースは、「肩さん」というニックネームが付いているかどうかは知らないそうだ。ただ、今回のW杯でNHKの本放送で司会を受け持ち、名前と顔を知ってもらうことができて、人気が上がっているのを実感している、としている。山岸さんはスポーツ大好きな女性だが、NHKでJリーグの番組を担当するまでサッカーにはあまり縁がなかった。そのため猛勉強し、今回のW杯も全試合テレビで観戦して番組に生かした、という。サッカー以外にもカーレースの番組や経済番組も担当しているが、事務所は今後活躍の場がさらに増えることを期待している。


■7月15日7時12分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100715-00000000-jct-ent
 
   
Posted at 07:33/ この記事のURL
スカパー、Jリーグを3Dで生中継開始 / 2010年07月15日(木)
 スカパーJSATは、Jリーグの3D生中継を行うと発表した。

 24日のJリーグディビジョン1浦和レッズvsサンフレッチェ広島から開始する。同社では日本で唯一の3D専門チャンネル「スカチャン3D169」を開局している。今シーズンは、31日開催の浦和レッズvs大宮アルディージャ、8月8日開催のFC東京vs名古屋グランパスなど週末開催の試合を中心にシーズン終了まで計18試合を3D生中継で放送する。放送チャンネルはスカパー!、スカパー!光、Ch.169 (スカチャン3D169)。

【7月14日21時25分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100714-00000033-rbb-ent
 
   
Posted at 07:18/ この記事のURL
名古屋・栄発アイドルグループ“SKE48”が第4期生オーディションを開催 / 2010年07月15日(木)
 秋元康が総合プロデュースを手掛け、名古屋市・栄を中心に活動するアイドルグループ・SKE48が、第4期生オーディションを開催。現在オーディション参加者を募集中だ。結成から2年、3rdシングル「ごめんね、SUMMER」がオリコンウィークリーシングルランキング3位を獲得した勢いをそのままに、さらなるメンバー拡充を目指す。

SKE48シングル「ごめんね、SUMMER」選抜メンバーの写真。第4期オーディションの応募要綱へのリンク※下段に記載

 名古屋市・栄のSKE48劇場を拠点に活動するSKE48。結成から2年を迎え、その人気は全国区へと広がりつつある。6月のAKB48 17thシングル選抜総選挙において、メンバーの松井珠理奈が10位、松井玲奈が11位を獲得しメディア選抜入りを果たしたほか、大矢真那、高柳明音、矢神久美らがアンダーガールズに選出された。

 そしてこの夏、7月7日リリースの3rdシングル「ごめんね、SUMMER」が、オリコンウィークリーシングルランキング3位を獲得。この勢いをそのままに、メンバーの拡充を目的とした第4期生のオーディションを開催することとなった。

 新メンバーの加入によって、グループ内に新風が吹き込まれ、現メンバーも成長を遂げていくことを運営サイドも期待している。大阪・難波を拠点とするNMB48(エヌエムビーフォーティーエイト)の結成が発表され、AKB48プロジェクト全体に注目が集まるタイミングで行われるオーディション。名古屋から全国へ羽ばたきたい人はぜひ応募を。

 募集するのは11〜22歳までの女性。応募の要項は、公式サイト及びWEBデ☆ビュー、携帯サイト「デビューしようよ」、雑誌『月刊デ☆ビュー』9月号(8月1日発売)に掲載。

【7月14日21時43分配信 デビュー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100714-00000024-devi-ent
 
   
Posted at 07:02/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 次へ | 前へ  
 
Powered by yaplog!