気付いたら 

November 06 [Tue], 2007, 15:52
約20日間記事書いてませんでした。
すいません。

って、誰も待ってないか^^
ちなみにこの間に一度デリ利用してます。
ちゃっかりやってます。
又後日そのあたりも書く予定です。

さらに。
もしかしたらしばらく風俗行かないかもしれません。
その辺の事情も後日書ければな、と思っております。

さて、だいぶ間空いちゃったのでかなり記憶が薄れてきました。
髪の毛も薄れてきました。

ですのでいくつかまとめて簡単に書きます。

まず以前利用してとっても気に入った「リ○プス」のCさんに再度お願いしました。
相変わらず可愛くてわがままで素敵でした^^
途中仕事や恋の悩みなど話してくれたり、さらには何故か本名や携帯の中にあるアドレスや写真など見せてくれたりと
「良いのかそれで?」
な感じでしたが、まあそれだけうち解けてくれてるんだろうな、とちょっとうれしかったりしました。
又利用したいと思っておりますが、どうも最近のお店の状況に関して良い情報を聞きません。
果たして今もいるのかどうかも。。。。

次に以前失敗して嫌な思い出の残ったちょっと遠方に再度挑戦してみました。

今日は少し趣向を変えて 

October 20 [Sat], 2007, 12:10
いってみます。

何度か色んな所のデリを利用していますが、運が良いのか嫌な思いをしたことはそんなにありません。
店もまあ普通の対応でしたし、俗に言う「地雷」に当たったこともありません。
地雷に関しては私の許容範囲が広いせいかもしれませんが。

それでも少しは嫌な思いもあります。
今日はそんな話を。

以前にも言いましたが私の住んでいるところはそれこそ風俗のたまり場で、そんなに苦労しなくても近場ですんじゃうんですうが、ちょっと足を伸ばすとさらにでかいたまり場があったりします。
何度か近場で経験を積んだ私は少し背伸びしてちょっと遠出してみようと思ったわけです。
デリにも色々ありまして、待ち合わせて行く奴、どのホテルにするか私が決めて先に入って待っている奴、等々。
そして今回の話はもう一つのパターン、お店側の提携しているホテルでホテル代込みのちょっとお得な値段で利用できるって奴です。

まだまだ初心者な私は初めてのことですのでお店に電話した時その旨伝え何度もどういう風に利用するかを確認しました。
特に
「先にホテルに行き部屋に入ってから電話すれば良いんですね?」
と言うところです。
皆さんもご存じの通りホテルと言っても一つの店で色んな部屋があります。
そして部屋によって値段が違うことがしばしばです。
ですのでホテル代込みの値段ってのは果たしてどの部屋でも適用されるかどうか、と言うことです。
お店の人は
「はいそれで良いですよ」
とおっしゃったので私は車で30分くらいのそれこそホテルだらけのデンジャラスゾーンに向かったわけです。

すごく久しぶりになっちゃいました 

October 18 [Thu], 2007, 20:50
なんやかやと忙しくて。
では前回の続きです。

と言ってもだいぶ記憶が薄れてきてますので簡単に書きます。

その後もあまり乗り気ではないEさんの状態は続きました。
まず一つに、確か最初は100分でお願いしていたのですが、私の方はパチで少し懐が暖かくなっていたのもあり延長をお願いしましたが、店に確認の電話をしている時のEさんの様子がどうにも延長をさせない方向へ持って行こうとしていたことです。
次に、何とかベットへ行くことになったのですが、私が横になるとすぐEさんがトイレへ行きましたが約15分くらい帰ってきませんでした。
普通なら怒ってしかるところですが半ばあきらめの境地に達していた私は呼びに行くこともせかすこともせずただひたすら待っていました。
その間Eさんは「紙が見つからない」とか色々言って時間稼ぎ見え見えでした。

それでももう引き延ばすのも限界なのかベットに帰ってきましたがEさんも私に触られるよりも「ローター使って良い?」と道具に頼る始末。
Eさんのなすがままで、と思った私はEさんが自分でローター使っている間胸やなんやかやを触ってました。

それでもEさんも何とか感じていたのか一度逝った後あそこを見ると潮を吹いたのかびしょびしょになってました。
これで私も軽くスイッチが入っちゃいまして。

つい一昨日 

October 03 [Wed], 2007, 13:46
少しパチで小銭が出来ましたので久しぶりにデリ利用させて頂きました。
久しぶりの女性の体はやっぱいいもんです。
まあその話は又後日にでも。

さて、前回の次、なんですが。
困ったことにこの後の順番がどうだったかどうしても思い出せません。
なので思い出すのが容易な時から書いていきたいと思います。

普段仕事が夜勤のため、夜利用するのは休みの日くらいですが、正直休みの日も夜には体ふらふらで(昼結構なんやかやと用事済ませたりしますので)夜には寝てることが多いです。
ですので利用のほとんどがお昼かせいぜい夕方くらいです。
ただ、たま〜に夜遅い時間にムラムラしてきたりする時もあったりします。

で、今回の話はそんな夜中に発情した時のことです。

かなり遅い時間で、もう日も変わろうかという時でした。
これまで利用したところではそんな時間では無理だったためどこか他を利用してみようと思ったわけです。
しかもどうせなら今まで避けてきた「一人でラブホに入る」という大人への階段(?)を上ってみようと思ったわけです。
だもんでもう夜も遅い時間にかなりの時間かけてどこにするか悩みに悩みました。

で決めたのは。

「キン○リー」

何でここにしたのかはもう覚えていません。

まあとにかく決めたからには早速電話しました。

前回の続きです 

September 23 [Sun], 2007, 15:19
さっきはかしこまっていたのか緊張していたのか、部屋に入ってきたCさんはさっきよりも生き生きとしていてさらに可愛く見えました。

このあたりから順番に少し記憶違いがあるかもしれません。
結果前後のつながりがおかしくなったりする場合もありますが、まあ記憶力の低下故と思って許してやってください。

今回80分という時間でお願いしていました。
一応HPに記載されている(隣のレンタルスペースを使っての)最長の時間設定です。
前にも言いましたが少しでもまったり過ごしたいと思っている私ですのでこのようにしました。

前もって自販機で自分の分のお茶を買っておいたのですが、Cさんの分も、と思い「何か飲みます?」と聞きました。
すると飲みたいと言うことですので買いに行こうとすると
「一緒に行こ」
といって私の手を握ってドアの方へ向かいました。
こういった何気ないことがうれしかったりします。
まあ男は単純と言うことで。

部屋に戻り、さてどうやって話を始めようか、と思案していると、何とCさんがベットにうつぶせに横になりいきなり携帯を触り始めました。
そのまましばし携帯いじりとなりました。

「これが噂の地雷?」

とかなり身構えた記憶があります。

でもまあ私はあまりそういう事は気にしない方だったりします。

だって。
私のようなハゲでデブで貧乏なおっさんなんていくら金もらっても喜んでは相手にしたくないでしょうから。
しかも相手は若くてスタイルも良くて可愛いわけで。
ほっといたって男が寄ってくるような子です。
だから乗り気になら無くって当然だという感じです。

それでもまあ色々お話をしてまったりの時間を過ごしました。
ただこれが功を奏したのか、何とか私の方を見てくれるようになりました。
Cさんも言ってましたが、私のようにまったり時間過ごす男はいないらしくて。
って当然か。
基本的にお客は性欲を満たしに来てるわけですから。

20分か25分くらいしゃべったでしょうか、私の方はもうすっかりまったりモードだったのですがどうもCさんの様子が変わってきました。
なんて言うか、体をくねらせているというか何とも悩ましい雰囲気を醸し出してきました。
どうやらスイッチを入れたようです。
(まさか私相手に発情したわけでもないでしょうし)

一週間空いちゃいました 

September 22 [Sat], 2007, 14:23
こりゃこりゃ。

さて、今回は(からは、か)デリヘル2回目の話です。
初体験は苦い想い出もありましたが概ね大満足だったためそのまま同じ所を利用しようかと思っておりましたが。
色々情報を仕入れている内どうにも気になるお店を見つけてしまいまして。
しかも前回とはうってかわって若い子しかいないお店でして。
値段的にもまあ私の財布の中身でも何とかなるくらいでしたし。

ということでお店の名前は「リ○プス」。

HPがあると言うことでそこを見させて頂きましたが本当に若くてスタイルの良い方ばかりのようで(パネマジの可能性もある恐れがありましたが)お店に一目惚れしてしまいました(おい)。
場所も以前仕事でよく通っていた道筋にあるようですし土地勘もありましたし。

ただ、いきなり突撃できるほどの度胸は持ち合わせておりませんのでまず前もって電話をすることにしました。
電話に出たのはどうやら店長さんらしき人でなかなか親切な受け答えで初心者の私にも丁寧に教えて頂けました。
「今度の火曜日にお邪魔させて頂きます」
とどうにも変なことを言って電話を切ったのを覚えています。

そして何日か後お約束の日になって(向こうは覚えていない可能性が。。。。)突撃しました。

前々回の続き 

September 14 [Fri], 2007, 15:37
です。

当日待ち合わせの15分くらい前に駅に着きました。
普段非通知は着信拒否にしていますが、どうやら嬢からは非通知でかかってくるようですので拒否解除してドキドキの時間になりました。
車の中で待っていたのですが、時間になった頃ふと横を見ると電話をかけている女性が一人立っていました。
しかし私の携帯は鳴っていないのでどうやらこの人ではないようです。
それにどう見ても風俗で働いている人には見えません。
普通のそのあたりにいる女性で。

時間すこし過ぎた時ついに私の携帯が鳴りました。
しかも非通知!

来ました。
震える手を押さえて携帯の通話ボタンを押す。

「もしもし?」

すると。

視界に手を振っている女性が入ってきました。
横を見ると先ほどの女性が携帯を耳に当てながら私の方を見て手を振っています!

「ええええええええええええええええええええええええええええええええ?」

これがこのときの私の心の叫びです。
だって。
どう見ても風俗で働いている女性には見えないんですよ。
まあ私の偏見が強いだけなのかもしれませんが、もっと派手だったり、なんて言うか風俗嬢独特の雰囲気みたいな物があるじゃないですか。
それが全くないんですよ。

驚いている私をよそにその女性は車のドアを開けて入ってきました。

「こんにちは、初めまして」

一日間空いて 

September 13 [Thu], 2007, 13:35
しかも別の話です。

最近歯が痛くて、でも歯医者嫌いでなかなか行く気にならないのですが。
あ、別に痛いからとか怖いからとかではないですよ。
どうにも歯医者ってのが信用出来なくて。
どうもヤブばかりに出会うようで。

でも最近良い歯医者を見つけてこれなら続きそうだと思っていたんです。

ただ私の生活リズムだとちょっと時間合わせるのが大変だったりもしまして。
で、今日、急に歯が痛み出して、でそのお気に入りがまだ開いてないもんで。
仕方なし急遽別の歯医者に行くことにしました。

でもどうせなら良い医者にと思って。
ネットで歯医者の口コミ、みたいなところを探して(実は先のお気に入りもそこで探しました)で近場の評判の良い医者に行くことにしました。

さてさて 

September 11 [Tue], 2007, 16:50
ということで2回目の体験記です。
ところでいきなり話がそれますが、ちと困ったことに気付きました。
今はまだ過去の体験記が書けるので良いのですが、実は当分突撃できない状況にあります。
何故かというと。
とっても情けない理由ですが。

お金がない

お金さえあれば私のようなどうにもならん男でも女性に相手してもらえることに気付いたわけですがお金が無くてはどうすることも出来ず。。。。
困った。

と、先のことはとりあえず後で困るとして。

前回の経験でキャンパブが選択肢から消えた私が次に探したのは「ソープ」でした。
やはり風俗の王様と言ってもいいわけで(まだそのころはお金に余裕がありました)突撃しようと思ったわけです。
基本前もって嫌と言うほど色んな情報を見て吟味に吟味を重ねてからしか動けない男ですのでもうたっぷり悩んだ記憶があります。

ちなみにソープそのものは若い頃に2度ほど行ったことがあります。
正直あまり良い想い出はないのですが。

で色々見て回っていたのですが。

当然ソープに限らず色んな風俗の情報も出てきたりするわけで、でその中に一つ気になる風俗を見つけてしまいました。

それは。
「デリバリーヘルス」です。

俗に「箱ヘル」と呼ばれる物もですが、ヘルスと名の付く物はまだ未経験でした。
多分利用することはないだろうと思っていたのですが。
理由はまずその内容にしては「高い」ということ、箱ヘルはちょっと離れたところ(あまり土地勘に明るくないところ)にしかないこと、デリヘルはホテルに一人で行って待っているということに恐怖心があったから、とそんな感じです。

ですが色々見て回っているうちに「駅待ち合わせ専門」なんていう言葉を見かけました。
文字通り駅で待ち合わせて一緒にホテルへ行くって感じですね。
これなら私でもいいかな、とそこからはそれ専門に探し始めることとなりました。
で又吟味に吟味を重ねた結果。
決めました。

「○○人妻隊」

はじめまして 

September 10 [Mon], 2007, 11:40
ではないんですが。
いきなり思い立って又書き始めました。

まあ読む人がいたとしてもきっと始めましてですのでまずは自己紹介から。

40をついに越えてしまった独身の男であります。
×無し彼女無しというとっても人には言えない生活をしております。
まあハゲでデブで貧乏で、と女性にもてない要素満載の男ですので当然といえば当然ですが。
で、ですね。

まあそんなんでも一応人間で男ですので当たり前ではありますが女性が好きです。
だから女性とお話ししたいと思うしデートもしたいしキスもしたいし体触りたいしS○Xもしたいわけです。

でも全く女性に相手にされないんで困ったもんなんですが、しかし今の世の中そう捨てた物でもありません。
そんな私でも女性といちゃいちゃする方法があるわけです。

そう
風俗

もう有りとあらゆる風俗がしかもひしめき合っているわけです。
すばらしい!

ということでここでは私の風俗体験記を中心に皆さんにお話ししていこうかな、と思っております。

で、第一回目。
P R
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:clown39
読者になる
カテゴリアーカイブ