ヴィーデル・インフォメーション

January 02 [Tue], 2018, 16:43
「家に帰っても、ヘアスタイルを楽に仕上げたい」「手間を掛けなくても、ふんわり再現したい」
そんな要望から生まれたヴィーデルの「デ・コワフェ・カット」
フランスの「あえて、崩す」と言う発想から、仕上がりを想定した、「仕立ての良いカット」が生まれました。
カット・・・・・¥4950
カラー・・・・¥6200〜(メッシュ、ウイービング、スライシング、特殊は除く)
カラー・・・・¥5700〜(根元を染める)
パーマ・・・・¥6200〜(部分パーマは¥2750〜)
縮毛矯正・・¥13600〜

シャンプーブロー・・・・¥3300(アイロンカール/¥4350)
アップスタイリング・・・・¥4700
ヘッドスパ・・・・・・・・・・¥2200(20分) ヘア・トリートメント・・・・・・・・¥2600

(上記施術料金に一律消費税が加算されます/消費税抜きの料金です)


ヴィーデルではパーマ、カラー施術にナノ・スチーム/パルッキーを使用して、ダメージの軽減や、トリートメント成分の補給を行っています。















祇園 祝日

March 22 [Wed], 2017, 9:16
祇園と言えば水商売じゃなく笑売。









あちらこちらに、こういった方がいらっしゃいます。
でも、僕たちからしたら日常の風景なので普通だ。









シゲジイよりも、メダカちゃん派。








で、そんなところにも個人のコーヒー店。
こういったコーヒー店は、ビールやウイスキーなどアルコールもあります。
食べ物は見逃しましたね〜
また近くに来たときはこちらで休憩しよう。
味は濃い目の京都好み。

おしゃれ と言うよりは

March 21 [Tue], 2017, 9:10
おしゃれ... や、アメリカン... と言うよりは...
僕にとってはこう言ったスタイルは「堀江」スタイル。
なんか大阪のおしゃれ系はこういったのが多そうで。








地下の商店街では、売れないアイドルが営業をしていて...








クラフトビアーとこういったダイナミックなサンドイッチが売りです。
サンドイッチは御値段は御高めですが、結構満足な内容。
種類も多いので、珍しくまた来そうです。
飲んでいないクラフトビールもあるしね。
☆☆

ジャッフル

March 20 [Mon], 2017, 9:08
祝日と言うのは理解できますが、普通の土日祝日はこんなんなんだ〜なんてわかりました。
それほど、どこもかしこも混んでいますね。
しかしこちらの喫茶店に至っては、ずいぶんと前に訪問したので、今更...なんてかんじ。








でも、そのすぐ近所のできた店舗ところは空いています。
これぞ情報力の勝利!!!








こちらの気持ちが良いのは、会話は英語で...みたいな。
オーナーがオーストラリア人だから。








で、ワイン付きのジャッフルのランチで。
ジャッフルと言うのはホットサンドのことらしいですね。
けっこう種類もありました。
なかなか良いですぞ。
☆☆

ネタ切れ中〜

March 19 [Sun], 2017, 8:26
しばしお待ちを....

カエル DVDにて

March 18 [Sat], 2017, 8:23
心の底まで土足で踏み入られ、鑑賞中も鑑賞後も胸がザワザワしっぱなし。
映倫Gなのは驚きだが、随分と残虐な描写を見せられたようでありながら、実は直接的な描写は皆無なのかも。
だとしたら、本作そのものが愉快犯のごとく規制線をギリギリのところでかいくぐり我々の想像力を大いに弄んでいるみたいで、むしろそっちの方がゾッとする。
かくも表現の限界にまで挑んだ本作だが、それを構築している小栗と妻夫木という二大巨頭の魅せる凄みと人間的迫力、その狭間に柔和な存在感を差し込む尾野や野村も印象深い。
そして何よりも、細部に至るまで役者陣が全員野球のように本気でうごめく迫力はまさに大友作品ならではと言っていい。
ここまで緊張感を高め、なおかつ観客を絶望の淵へいざなう作品はあまりお目にかかれない。
とはいえ、怖いものが苦手な人にはいささか強烈すぎる場面もあるので、方々、くれぐれもご注意を。

再燃 京都チョコレート戦争

March 17 [Fri], 2017, 8:21
スイスブランドの上陸。
開店から連日の長蛇の列。








でも、アウトレットに出店という情報を聞くと行く気が失せました。
アウトレットにはない商品もあるそうなのですが。









ただ、ほかのチョコレート3店もまだまだ混み合っています。
やはり女性中心に混み合っていますので、スイーツ野郎としては躊躇しますね〜









とか何とか言っているうちに、行く気も失せるのかな?

昨日との比較

March 16 [Thu], 2017, 8:16
二日続けてのイタリアン。
どんな食事でもそうなんだろうと思いますが、笑顔で幸せを感じながらすること=食事。
楽しく出来ること、気軽であること=イタリアン
そんな構図。
なんか緊張しながら、斜に構えていただく和食は僕にとっては窮屈。
楽しくなければ食事じゃない。
緊張して、美味しいの押し付けも嫌だ。








で、こちら。
見た目の彩は楽しさ倍増、話も弾む。









カラスミがスライスなのは口内の上側に張り付くので食べにくかっただけで、食事に関してはベスト。
価格も良い。
でもね〜、
サービスと食事のバランス。
これはオーナーの力量なので難しいですね〜

ビスマルク将軍

March 15 [Wed], 2017, 8:13
写真を魚眼レンズにミニチュアにしたら、なんか雰囲気出てきた。
そんなわけで、今日はオーナーシェフの「今日はこれ食っとけ」シリーズで。






オーダーはそれだけなので、何が出てくるやら〜
でもこういった注文って、慣れていないとできないですよ。
で、チーズのような香りがする、塩分が少ない生ハム。
そしておすすめ鮮魚のカルパッチョ。
確かにお勧めするだけはある!









で、これが季節野菜のビスマルク。
その昔、ビスマルク将軍がステーキに卵をかけて食べたのが始まりだとか。
軍艦でも有名な名前ですね。









で、春キャベツに細かく卸されたカラスミがかかったパスタ。
そして煮込み肉。
食べている様子なども細やかにチェックされていて、おなかの加減の様子を見ながら出してくれるのが良いですね。
オープンキッチンならではデス。
☆☆☆

こんなにあったとは

March 14 [Tue], 2017, 4:49
大変つまらないネタです。
加勢大周×シン加勢大周(坂本一生)
その他 商標登録された加勢大周
東京 加勢大周  
続 加勢大周  正調 加勢大周  加勢大周 1号  加勢大周 2号  帰ってきた 加勢大周
日本 加勢大周  男 加勢大周  加勢大周 A  ヤング 加勢大周  加勢大周 X  加勢大周 Jr
加勢大周 22才  生涯一 加勢大周  そして 加勢大周  加勢 & 大周  加勢大周 王子
ザ 加勢大周  人生 加勢大周  加勢大周 ゴールド  ゆかいな 加勢大周  あなたの 加勢大周
息子 加勢大周  加勢大周 Z  加勢大周 ロックンロール  南国の 加勢大周  俺 加勢大周
我ら 加勢大周  ニュー 加勢大周  加勢大周 スペシャル  加勢大周 王国  加勢大周 まつり

2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヴィーデル 代表
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
ワイドなラウンドバング(甘) と大人の艶色(辛)な 07
目指すは「最高のホスピタリティー」
技術、空間は当然の事ながら、それ以外でも「最高の”おもてなし”」を追求しています〜
季節や時期によっても幸せを感じる感覚って変わりますよね〜
そんな事に敏感でありたく精一杯生きています〜
モテるお手伝いを!
KUKI45              いつまでたっても、技術に対して真摯に取り組む気持ちは忘れていません。常々「頑張る」と言うのがモットーです。
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cloverinfo/index1_0.rdf