ヴィーデル・インフォメーション

January 02 [Tue], 2018, 16:43
「家に帰っても、ヘアスタイルを楽に仕上げたい」「手間を掛けなくても、ふんわり再現したい」
そんな要望から生まれたヴィーデルの「デ・コワフェ・カット」
フランスの「あえて、崩す」と言う発想から、仕上がりを想定した、「仕立ての良いカット」が生まれました。
カット・・・・・¥4950
カラー・・・・¥6200〜(メッシュ、ウイービング、スライシング、特殊は除く)
カラー・・・・¥5700〜(根元を染める)
パーマ・・・・¥6200〜(部分パーマは¥2750〜)
縮毛矯正・・¥13600〜

シャンプーブロー・・・・¥3300(アイロンカール/¥4350)
アップスタイリング・・・・¥4700
ヘッドスパ・・・・・・・・・・¥2200(20分) ヘア・トリートメント・・・・・・・・¥2600

(上記施術料金に一律消費税が加算されます/消費税抜きの料金です)


ヴィーデルではパーマ、カラー施術にナノ・スチーム/パルッキーを使用して、ダメージの軽減や、トリートメント成分の補給を行っています。















ノンフィクションが多い俳優

April 28 [Fri], 2017, 9:04
安全策よりも利益を優先した結果の大惨事。
そして深刻な事態が続く。
日本のどこかでも起こったような気がする。
2010年に石油掘削施設で発生した事故の真実と、死に直面した作業員らの事故対応や脱出の様子を描く。
そして監督と主演「ローン・サバイバー」のコンビ。
今作でも、その衝撃と痛みを想像せずにはいられない。
スマートなエリートより実直な肉体労働者が似合うウォールバーグは、泥と油と血にまみれながら一人でも多くの仲間を救おうと奮闘する主人公を熱演。
そして今後は2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件を地元刑事の視点から描く「パトリオット・デイ」でもタッグを組む。
今作も今後の映画も骨太さがにじみ出ている作品。
実話は見ごたえがある。


3/3

April 27 [Thu], 2017, 6:30
僕の店からダッシュで10秒の複合飲食施設さん。
こちらは炉端...と書いてありますが、現代では炉端などは本当に存在せず、炭火焼の店ですか?








手軽なものを炭火焼で、そんな感じです。
大体は何でも焼けるから、好き嫌いはなさそう。








こちらもチョイ飲みには最適ですね。

on DVD

April 26 [Wed], 2017, 2:35
本音。
普通なら表に出すことはないだろうと思えるブラックな本音。
100%その方向の気持ちになれて、そう思えるのか?
わずかながらも、正反対の考えを持っているのではないか?
ある、一線を越えたことのない人にとっては、それは越えられることのできない「本音」という世界かもしれない。
亡くなった妻から残されたダイイング・メッセージ。
「なぜ父ではなく母なのか」と吐露する少年のわずかながらの本音。
冷え切った関係だった夫婦。
涙さえ流れなかった妻との別れ。
共感ではなく、「こんなふうに考えてしまう人間」の脆さや愚かさを決して否定しない、それをも見つめてもらえる優しいまなざしがある。
今までの行いを恥じようとも、反省しようとも、誰にどう償ってよいかわからない贖罪の道。
むしろ妻への冷たさや、浮気ですら責め立ててほしい。
謝る機会も、許してもらえる機会も永遠に失い、罪悪感の落としどころが見つからない。
ベビーシッターを始めたことで気づいた自分。
泣くこと、忘れることの大切さを人に諭すことで、それができない自分の内面にも気づく。
自転車で登り切った坂道での達成感、伸ばしっぱなしの髪の毛。
10あるうちの1は気づいたかもしれないが、残りの9はこれから気づくこともあるのだろう。
それがこれからの彼にとっての贖罪なのかもしれない。

2/3

April 25 [Tue], 2017, 6:29
僕の店からダッシュ10秒の集合体の飲食店さん。
こちらは、白湯モツ鍋に餃子。
博多の屋台風ですか?








鍋以外なら気軽に行けそうな内容なので、チョイ飲みには向いていそうです。

イヴィチャ・オシム

April 24 [Mon], 2017, 8:42
ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ。100年前に第一次世界大戦の引き金となった重大な事件が起こったことは世界史で習っていても、周辺諸国による占領・統治が繰り返され、民族的にも複雑なこの国についてよく知らないというのが私を含め大半ではないか。
もちろん、歴史的民族的背景をある程度把握しておくほうがより理解できそうな台詞も多いが、知らなければ楽しめないというほどでもない。
深刻なテーマを扱いながら、タノビッチ監督らしいユーモアもあり、ホテルでスリリングに進行する群像劇の面白さに引き込まれる。
監督はボスニア紛争を描いた「ノー・マンズ・ランド」をはじめ、常に社会的弱者や権力に翻弄される個人の側に立ってきた。民族対立、貧困、労働者の搾取といった問題はけっして遠い世界の話ではない。
この映画を入口に、当地について調べたり、監督の過去作をさらに観賞してみるのもありだと思う。

1914年に発生したサラエボ事件は、第一次大戦が勃発した原因としても有名だ。
しかし事の背景はあまりに複雑で、本作を紐解く前にある程度の概略を頭に入れて臨んだ方が良いかも。
というのも、『ノー・マンズ・ランド』のダノヴィッチ監督が放つこの異色作は、まさにそのサラエボ事件から100周年目のメモリアル・デイに様々な研究家や論客がこの地に集って特別報道番組のインタビューを受ける中、その舞台となる高級ホテルでは賃金の不払いに不服を唱える従業員がストライキを企て・・・といった、一筋縄ではいかない内容が展開するからだ。
この100年間、事あるごとに火薬がくすぶり続けてきたこの地の過去と現在が、ホテル内のあらゆる場所の対立として仄かに集約され、煙を立ち上らせていく。
本作が伝えるのは、歴史がまだ終わってなどいないということなのか。
それとも人類はこの諍いのメビウスの輪から逃れることなどできないのだろうか。
見終わった後にズシリと重みが増していく作品だ。

1/3

April 23 [Sun], 2017, 6:27
表からは想像がつきませんが、相当に奥行きの広い店らしいです。
だから3店舗が共同で運営されています。
まずはそのうちの一つ。
京都駅前にも本店があります。








屋根のついたテラス席がありますが、屋外なだけでナンチャッテ風。








洋食なんだろうけれど、昭和な洋食では無く、イタリアンとフレンチの折衷?
小皿料理と書いてあるところがタパスならぬスパニッシュ風?








何せ僕の店からダッシュで10秒なので便利は良いですね〜

Traveling to Japan,Fun in Japan

April 22 [Sat], 2017, 7:49
Traveling to Japan.Fun in Japan.
Diversion en el viaje a Japon.
Fun au voyage Japon.

Japan has good security.
La seguridad de Japon es buena.
La securite du Japon est bon.

And food in Japan is safe and tasty.
Y Japon es tambien seguro de alimentos deliciosos.
Et le Japon est la nourriture aussi delicieuse en toute securite.

Where is the price cheap and you can eat delicious things?
?Donde cosas deliciosa precio barato puede comer?
Ou faire des choses delicieux prix pas cher peut manger?

It's a small market anywhere in Japan.
Es un pequeno mercado situado en cualquier lugar en Japon.
Il est un petit marche situe partout au Japon.









the name is "Lowson","7eleven","Family-mart"
El nombre "Lowson","7eleven","Family-mart"
Le nom "Lowson","7eleven","Family-mart"









There are "Ramen",sweets,bread,side dishes etc in the small market.
En su pequeno mercado,fideos"Ramen",dulces,pan,hay una guarnicion o similares.
dans son petit marche,des nouilles"Ramen",des bonbons,du pain,il y a un plat d'accompagnement ou similaires.







We recommend a variety of breads.
Recomienda una amplia variedad de pan.
Recommande est une grande variete de pain.

The destination food is one of the pleasure of traveling.
destino de viaje de la comida es tambien uno de la diversion de los viajes.
Destination Voyage de la nourriture est aussi l'un des plaisir de Voyage.

Have a nice trip!
!Buen viaje!
Bon voyage!

April 21 [Fri], 2017, 8:26
攻殻機動隊は漫画も劇場版、TV版アニメも結構出ています。
独自の電脳(昔はパソコン、今はA.I)世界観を持つ最高傑作です。
それは実は原作を土台にスピンオフした結果、TV版や劇場アニメ版と広がっている。
そしてハリウッド版の実写が加わりました。
しかも、この実写版、なんか続けられそうな雰囲気。
新しいDCコミックやマーベルに続くスカーレットの代表作にもなりそうです。
で、スカヨハは、ドはまり役。
主人公本来の魅力や冷徹さを体現しています。
日本人では....キャストが思いつきません。
予告編でたけしが荒巻課長?と思いましたが、終わればこれはこれでありかな。
キャスティングは細部を知っている攻殻のファンならバトーの犬を見た段階でも納得の布陣。
またアニメ版攻殻ファンとしては、田中敦子、大塚明夫の吹替え版で観ましたが個人的には大正解。
エンディングも初版劇場用のアニメの楽曲が使われていたのもGood。

新京都タワー

April 20 [Thu], 2017, 2:31
けっこうな短期間で、小規模的な階層のみに終わった京都の名所。
でも行ってみると結構変わった印象があった。









昭和のうさん臭さがやっと消え、2020年に合わせてきた感じ。
もちろん京都での有名店も路面にデェ〜んと。








そしてタワーにまつわる新しい銘菓が。
このアイデアはかわいい。
それも代金は券売機で。
そして抹茶のシロップ。
これも意外に新しいかも。
祇園にあるパフェでの有名店もうかうかしていられませんぞ。








で、地下のフードコートは有名店がどっさり。
それも地元に愛され系でディープな店まで。








ただ、お金が足りなかったのか、中途半端に1階裏口は昭和のままなので必見です。
2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヴィーデル 代表
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
ワイドなラウンドバング(甘) と大人の艶色(辛)な 07
目指すは「最高のホスピタリティー」
技術、空間は当然の事ながら、それ以外でも「最高の”おもてなし”」を追求しています〜
季節や時期によっても幸せを感じる感覚って変わりますよね〜
そんな事に敏感でありたく精一杯生きています〜
モテるお手伝いを!
KUKI45              いつまでたっても、技術に対して真摯に取り組む気持ちは忘れていません。常々「頑張る」と言うのがモットーです。
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cloverinfo/index1_0.rdf