FairyTale 【side O−U】 

March 17 [Mon], 2008, 1:04
見えない魔法にかかってしまった。

この魔法は、きっとあの人にしか解けない。


FairyTale 【side O−U】


ダブルス2
不二・河村 ― 宍戸・鳳


心臓が止まるかと思った。
不意打ちにもほどがある。
だってあの人は大抵がシングルスじゃないか。
よりによってこんな時にぶつかるなんて…

「不二…か」

直接耳に伝わる名前に思わず肩を揺らす。
聞き慣れているはずのパートナーの声。

「天才だかなんだか知らねーが、俺達の努力の方が上だって証明してやろーぜ」
「え…ぁ、はい…」

意気込み告げられた言葉にも曖昧な笑みでしか応えられない。

「…?どうしたんだよ。まさかびびってんじゃねーだろーな?」
「ち、違いますよ!頑張ります!勝ちましょう!!」
「おっ、そうこなくちゃな」

慌てて返した言葉に安心したような笑みが向けられる。
この笑顔を失望の色で染めるわけにはいかない。

そうだ、俺達はいつだって二人で試合を乗り越えてきたんだ。
こんな俺の気持ちでチームの勝敗が左右されて堪るもんか。
こんなことが知れたら宍戸さんに顔向け出来ない。
がっかりされてしまう。


そしたらやるべきことは一つ。

いつもと何ら変わらない、いや、それ以上のプレイをしてみせるのみだ。





***





しかし試合は散々なものだった。
何が散々だったかって…もちろん俺の、と言いたいところなんだけど。

不二さんも調子が悪かったらしく、ダブルスの試合というよりシングルスで。
河村さんと宍戸さんのシングルス。
ダブルスの試合として見られたものじゃなかったというわけだ。


宍戸さんは試合が終わってから機嫌が悪い。
試合結果も然ることながら、俺が本当にボロボロだったから。

「今日はもういい。帰って休んどけ」

それだけ言って、一人で打ちに行ってしまった。
先輩達にも顔向けできなかった俺は、言われた通りにまっすぐ家へと帰る。


このままじゃいけない。


そんな気落ちばかりを抱えながら。
夕暮れの街並みの中、俺はある決心をした。

それしかもう方法は残されていないんだと、本気で思ったんだ。



*****

遅くなっちゃってごめんねみやびちん!
今回もまぁ謎ですがあえてつっこみません(´∀`)

私もそろそろシロップ祭り開催しなきゃ♪

Fairy Tale 【side O】 

March 06 [Thu], 2008, 22:10
気のせいだと思いたかったんだ。


FairyTale side O


「鳳長太郎くん…だよね?」

確かそんな風に声を掛けられた。

何で?どうして?
そんな気持ちばかりが先行して、隣に座っても上手く話なんて出来なかった。



青学の不二さんには前から憧れていた。
初めて試合を目にしてから、綺麗なテニスをする人だなって思ってた。

まるで魔法みたいにボールを操って。
そんなテニスはどうやったら出来るんだろうって一生懸命考えた。
それで宍戸さんに聞いてみたら

「天才、だからだろ」

ってあっさり返されたっけ。

それでも俺には何処か引っ掛かって…
それ以来ずっと不二さんを見てきたわけだ。

変な話だけど。
何と無く自分とは違う世界に立っている人のように感じていたのかもしれない。だけどそれを気のせいだと思い込むことで、今日まで誤魔化してきたのに。



「でも僕は君のサーブ、好きだよ?」

そう言われた時、自分でも驚くほど胸が高鳴るのを感じた。
目が合って…気付いてしまった。
俺はこの人に惹かれている。
テニスだけじゃない気持ちが動き出している。


気のせいじゃなかったんだ。
やっぱりこの人は…


俺は動揺した。
こんな気持ちになったのは初めてだったから。
思わず固まってしまって、身動きがとれなかった。

すると不二さんは

「じゃ、じゃあ…僕行くね!」

と言って慌てたように立ち上がる。
俺が上手く話を出来なかったせいだろうか?
固まってしまったから?

嫌だ…っ

咄嗟にそう思った俺は、戻ろうと駆け出した不二さんの腕を掴む。

「………今度、会いに行ってもいいですか?」

言ってしまってから後悔した。
第一印象すら良くないのに、よくこんなこと…

しかし俺の不安を他所に、
返ってきたのは


魅力的な微笑み。



どうしようもなく加速する気持ちを抱え、
それ以上何を言える訳もなく、

俺は背中を見送るしかなかった。






それがつい先日の試合の日の出来事。
会いに行く決心がつかないまま、毎日を悶々と過ごしています。

います。

って俺…いますじゃねーよ……


練習に身が入らなくて先輩達には怒られるし、
毎日ボーッとしちゃって勉強にも身が入らないし、


これはもう会いに行くしか…!?

と思い立った当日。


「青学との練習試合が決まった」

と跡部部長から聞かされた。



これが吉と出るのか凶と出るのか。
今の俺にはわからないけど。

「よっし!頑張ろーな、長太郎!」

バシッと叩かれた背中の痛みよりも
胸の奥で弾む気持ちの方が気になって

「おい、聞いてんのかよ」


やっぱり上手く言葉に出来なかった。



*****

鳳不二小説の二話目‥になるのかな?
わけわかんなくてすみません。自己満なんです。

一話の不二くん視点が気になる方は、リンクからみやびさんのブログへ飛んでみてくださいねっ☆ミ

企画! 

March 06 [Thu], 2008, 21:51
突然ですが。
ちょうマイナーCPで小説始めます。

みやびさんとのリレーです☆ミ
鳳×不二です☆ミ



(´∀`)


ははは。
話の経緯はですね。
バイト帰りに恒例OTKトークをしていた時です。
相変わらずお互いの好きCP(鳳宍&塚不二)について。笑

不二受けなら割と何でもいけるというみやびさんに提案しちゃったんです。

「とりふじとかってどうですかねー?」

みたいなwww

最初は冗談のつもりだったんですけどね。
この二人でくっつけてみたらもう真っ白な世界が広がっちゃいまして…

お話がぽんぽん出てくるんですよ!!爆笑



まぁそんな訳です。笑

決して長太郎攻めなら誰でもいいわけじゃないですよ!
基本的には宍戸さんオンリー!ですからねっ。
たまたま盛り上がっちゃったんですからね!!

むしろ誰でもいいのは長太郎受けの方…←



はぁー。
でも小説とか久しぶり過ぎて難しかった。
あんまり文章になってない。
ううう…ごめんみやびちん……

ペットバトン02 

March 04 [Tue], 2008, 20:28
時間差で変態さんバトン再び!
今回は【鳳宍編】(あなた=宍戸)です☆



1:あなたは今日からご主人様のペットです。
  何の動物ですか?

にゃんこ。黒猫です。
ツンデレなんです(*´∀`*)


2:ご主人様の性格や人間設定は?

鳳長太郎以下略。笑


3;ご主人様はよく自分をしつけます。
  どんなしつけをされましたか?

「宍戸さん、めっ!」

って怒る。←萌え
でも絶対手はあげないんだよ!
たまに叩く真似とかするんだけど(スッて手を上げる)、
それに対してビクッてなる宍戸さんに「きゅん‥」ってして叩けない。笑


4:ご主人様にしかられました。
  どんな体罰を受けましたか?

「そんなにお仕置きされたいんですか?」

って破廉恥なことされちゃう。←
長太郎の意地悪心がうずうずしちゃう瞬間なんです★
そんなに鬼畜なことはしないけどね。
優しく攻めますよ★にやにや


5:ご主人様に誉められました。
  どんな風に何処をなでなでされましたか?

頭をよしよしって。
「宍戸さんかわいーーーっ(*´∀`*)」
って言うと宍戸さん怒るんだけどね。照れて。笑


6:ご主人様と散歩に行きます。
 ご主人様は自分に服を着させる?着させない?

もちろん着てます。
尻尾がゆらゆらしてるのが可愛くて仕方ない長太郎。


7:ご主人様がなんだか悲しそうにしています。
  ペットとして、慰めてあげましょう。
  どこら辺をぺろぺろしますか?

最大級の勇気を振り絞ってほっぺをペロッ。
ぺろぺろは出来ない。
恥ずかしいから・・・ね!


8:いつもどんなエサをもらっていますか?

長太郎とおんなじご飯〜♪


9:ご主人様がさらに新しいペットを連れてきました。
  3P状態ですが、自分はどんな反応を示しますか?

「別に俺は構わないぜ?」
みたいな感じなんだけど、実は長太郎独り占めできなくて寂しい。
夜になって寝静まった状態で普段はしないのに引っ付いてきたり。
誰も見てない隙にごろごろ甘えるんですよ。
さみしーよーって(´・ω・`)
気付いた時の長太郎がどれだけ幸せかっていったら…


10:ご主人様と自分、
  これからどんな関係を築いていきたいですか?

今まで通り幸せに☆
幸せに過ごしてるのは大前提ですから!


11:ペットが好きそうな方へこのバトンを渡してください。
  (否・強制)

ご自由に♪

ペットバトン 

February 28 [Thu], 2008, 11:46
さっそく変態さんバトンだよ♪

mixiで見つけて
「これはみやびさんに伝えなければ…!」
と即送ったバトン。笑

好きカプでやろうってことで
アスシンと鳳宍両方やろうと思います☆ミ



【アスシン編】あなた=シンたん


1:あなたは今日からご主人様のペットです。 何の動物ですか?

わんちゃん
耳は微妙に上の方が垂れ耳だといい。
ぴょこ♪って曲がってる感じ…かわいい!!


2:ご主人様の性格や人間設定は?

アスラン・ザラ
10月29日生まれ O型 174cm
優秀かつルックスもいいので無自覚だがモテる。
真面目で堅物な印象だが、実は極度のヘタレで意外と乙女。


3:ご主人様はよく自分をしつけます。 どんなしつけをされましたか?

かなり甘い。
こんなに甘やかされていいの?って本人が思うくらい。
なのでしつけっていうしつけもしません(ダメダメ)
てゆーか愛情を持って接すればいつか伝わると思ってます。
完全に間違ったしつけの仕方です。

…そりゃあ本当にいけないことしたら怒るけどね☆


4:ご主人様にしかられました。 どんな体罰を受けましたか?

いつもへらへらしてるのが嘘みたいに血相変えて怒る。
でも手は上げないんだ。
アスランさん優しいから。

でもご飯抜きとか誰もいないお部屋に放置とかされる。
すぐ出してくれるけど。(1時間が限界)


5:ご主人様に誉められました。どんな風に何処をなでなでされましたか?

頭とか耳を優しくなでなでって。
目を細めて優しい声で誉めてくれます。
シンは嬉しいけど恥ずかしくって素直に喜べないんだけど。
黙っちゃったり。かわい……


6:ご主人様と散歩に行きます。ご主人様は自分に服を着させる?着させない?

どんなプレイですか・・・!(ぉぃ
普通に着せてくれます。てか、設定的に半獣なので。笑
普段着に耳としっぽなだけね。
でも露出の高い服は着せないよ☆
キラさんあたりにばったり会うと怖いのでww


7:ご主人様がなんだか悲しそうにしています。ペットとして、慰めてあげましょう。
どこら辺をぺろぺろしますか?

ほっぺ。
普段絶対しないのにすごい心配そうに見上げて。
「どうしたの?どううしたの?」って感じに(あ、言葉は話せない設定)
そんでびっくりするアスランの唇とか舐めちゃって。
アスランさらにびっくり。嬉しいけど内心パニック。笑


8:いつもどんなエサをもらっていますか?

普通においしいご飯作ってくれます。
アスランさんと一緒のやつを一緒に食べる。


9:ご主人様がさらに新しいペットを連れてきました。
3P状態ですが、自分はどんな反応を示しますか?

すごい威嚇する。
睨むわ唸るわ無視するわでどうしようもない。
自分から打ち解けようなんて絶対にしない。

でもアスランさんに嫌われたくなくて、渋々和解するんだろうけど。
アスランも馬鹿だから「預かっただけ」って言わない。笑


10:ご主人様と自分、
これからどんな関係を築いていきたいですか?

仲良く楽しく、一緒にいるのが当たり前な関係。


11:ペットが好きそうな方へこのバトンを渡してください。(否・強制)

だから私がもう一回やるって。←





妄想って最高に楽しいNE!!
宍戸にゃんこ編もおったのしみに⌒☆




(´∀`)

にゃんにゃん 

February 28 [Thu], 2008, 11:35
ついにブログ開設。
ちなみにOTKオンリーブログ★


ここでは自重しないwww


mixiの方で出来ないバトンや日記、
ときめきお題で小説なんかも書いてきたいと思います。
(いつき王子に良いお題サイト教えてもらった^^)

…小説とかいつになるかわかんないけど。笑
考えるだけが楽しいんだよーうん。



とりあえず公開交換日記みたいになりそうだww
よろしくみやびちん!!笑
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:めろこ
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
SEEDとテニスに愛。
へたれ×つんでれが大好物。

アスシンと鳳宍にもえもえです。
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像めろこ
» FairyTale 【side O−U】 (2008年03月24日)
アイコン画像みや
» FairyTale 【side O−U】 (2008年03月19日)
アイコン画像めろ
» 企画! (2008年03月07日)
アイコン画像みや
» 企画! (2008年03月07日)
アイコン画像康之
» にゃんにゃん (2008年02月28日)
アイコン画像めろこ
» にゃんにゃん (2008年02月28日)
アイコン画像みやび
» にゃんにゃん (2008年02月28日)
http://yaplog.jp/clover91/index1_0.rdf