対立を恐れてはいけない 

January 14 [Thu], 2016, 10:00
まさに、これこそが話し合う意味です。



相互作用を使って互いの考え方を変えることで、新しい人と組織を築いていくのです。



ですから、ファシリテーターは対立や衝突を恐れてはいけません。



チームを分裂させるような決定的な対立は好ましくありませんが、適度な対立はチームにとってプラスに働きます。



対立は、チームに活力と新しい視点を与え、関心や好奇心を刺激してくれます。



チームに緊張関係が生まれ、それを解消する過程で、可能性のある全てのアイデアが検討されます。



また、異なる考えがぶつかりあうことで、創発的に全く新しい考えが生み出される可能性もあります。



うまく使えば一人では考えつかない創造的な問題解決ができるのです。



本章では、話し合いの終盤に必要となる合意形成のスキルについて述べていきます。



「終わりよければ全てよし」という言葉があるように、ここをうまく乗り切れないと、今までの議論が台無しになってしまいます。



まさに、ファシリテーターの腕の見せ所であり、その良し悪しで合意の質が大きく変わってしまいます。



今まで培ったスキルの集大成として、合意形成に全力を傾けてみてください。



渋谷 会議室でいい会議を!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cloud48
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる