悲しみ・・・ 

April 14 [Fri], 2006, 4:21
何をしても何を手に入れても悲しみしかやってこない・・・
笑顔でいてもなにも得ない
得るのは悲しみと切なさと辛さだけ
もう過去を捨てたい気分だ・・・
裏切りや損失ばっかだった日々を・・・
心から笑える日々が来るのだろうか
君を失った辛さからいまだに立ち直れない
そんな弱さに苛立ちながら
自分の全てをいかせるだろうか・・・

誰か、、、俺の心を、、、
モ ト ニ モ ド シ テ ク レ

なんてねw
暗い事かいちゃった・・・w
まぁそんな気分じゃないからご安心を

新しく始まる季節
繰り返し訪れる春というなの季節
言葉は同じでも中身は違う
繰り返す世界と共に変わり行く
誰もが取り残されることを拒み
先へ行く事を望む
一歩進んだところには壁
二歩進んだところには道
三歩進んだところには崖
さまざまな障害が立ちはだかる
一二三と繰り返される輪廻
止まる事を知らない時と共に
永遠を
終焉を
始まりを
全てを
見せ付けるかのように始まる新たな季節
果たして終焉や永遠、始まりを新たに迎える時
この春という季節のある世界はどうなっているのだろう
全ては『時』のみぞ知る・・・

光の指す方へ 

January 02 [Mon], 2006, 2:58
暗闇の中 頼れるものも無く
ただ目指すものしかなくて
誰も信じていなかったあの時
ただ光を捜し求めていたあの時間
そんなものは無駄だ・・・と思っていた自分
その自分こそが暗闇の正体だと気づかずにいた
光は探し求めるものじゃない
自分で照らすものだと
自分の照らした道を
光の指す方へ進み創っていくものだったんだ・・・

一期一会 

December 28 [Wed], 2005, 0:31
人はそれぞれ自分の道を持ってる
その道を選ぶのはその人達
自分自身で道を決めてる
だから今まで知り合いだった人
好きだった人、友達だった人
その人たちも自分の道がある
だから気がつけば側に居ないことも
失ってることも・・・
それが人生・・・一期一会なんだよな
俺の道は俺の道
君の道は君の道
支えることが出来ても干渉はしてはならない
干渉なんてできやしない
誰にも邪魔されない
だからこそ自分の道
自分がどう言う結末で終わるのか
それはそのときの自分しか知らない
人生は結末を見てこその人生だよな

星に願いを 

December 26 [Mon], 2005, 16:50
夜空から降り注ぐ星
一つ一つに思いと願いを込めて
君へ届けたい
この思いと願いを
君を失いたくない
君の側にずっと居たい
その儚い望みを
数え切れない流れ星に
全ての希望をたくして
この聖なる夜の
降り注ぐ星に思いと願いを込めて・・・

忘れたい物 

December 26 [Mon], 2005, 16:44
昔すれ違いで別れた君
君はたまに僕の夢に出てくる
そして僕を苦しめる・・・
その夢を見て目が覚めるたび
寂しさと辛さ、苦しさがこみ上げてくる
あの日君を会わなければよかった・・・
君と出会わなければよかった
そんな事ばかり思ってしまう
いくら思ったって無駄だけど・・・
だけど何かひとつ忘れれるなら
君の事を忘れたい


冬の風 

December 26 [Mon], 2005, 15:36
肌を切るような冷たい冬の風
いつも側に感じていた君のぬくもり
そのおかげで僕はその寒さにも耐えれた
だけどそのぬくもりは・・・
もう側にはいない・・・
優しさが足りなかった僕に残った思い出は
君に暖められていた冬のぬくもり
僕はこれからどうすればいいのだろう・・・?
この凍えるような寒さの中で

空を掴む想い 

December 19 [Mon], 2005, 16:39
手に入れようとして空に手を伸ばす
そらは近いようで遠い
つかめたと思えばまた遠くなる
この想いを伝えても
届いているのに叶わない
いくら望んだって手に入れる物は
この想い
届いたようで届かない
いつか本当に掴める日は来るのだろうか・・・

この悲しみ 

December 19 [Mon], 2005, 16:35
この悲しみ
誰も理解なんて出来やしない
僕は心を閉ざしているから
絶対に理解なんて出来ない
出来るのはもうないだろう
自分の心すら見えなくなっているから・・・
もう僕の心は自分でさえも届かない
この世界で手に入れる物なんて
もう僕にはない
捨てれるものはこの体だけ・・・
もう捨てる物はないから・・・

君への想い 

December 17 [Sat], 2005, 12:51
いつもの様に目が覚めて
いつもの様に君に口付けて
いつもと同じこの部屋の風景
たまに喧嘩して
するたび仲直りして
より好きになっていく
だけどいつもと違うこの部屋
それは君がいない・・・
君が帰ってくると信じて
僕は君を待ち続ける
僕は君の事を愛しているから・・・

close my heart 

December 12 [Mon], 2005, 23:49
閉ざされた心を開くため
人は何を求め何を願うのだろう
そして誰の心を開くのだろう?
誰にも分からない
自分にも
大切な人を知るため
自分をもっと知るため
他人を思いやる気持ち一層深めるため
僕は何のために自分の心を開くのだろう
そしていったい誰の心を開くのだろう
誰が僕の心を開けてくれるのだろうか・・・
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:close-my-heart
読者になる
Yapme!一覧
読者になる