しのぶちゃんだけど堀本

February 03 [Wed], 2016, 10:26
事実、アトピーで出る症状は大変に我慢できない症状になります。

暑かろうが寒かろうが一年中耐え難いかゆみとの闘いになります。
夏は汗のせいでかゆみが増し、空気の乾燥する冬場も痒みが増します。また、アレルギーがあることも多く、誤って摂取してしまうと、かゆみだけで終わらず腫れたり、酷い時には呼吸困難になる恐れもあります。



私自身にとって乳酸菌サプリと言えば、何てったってビオフェルミンです。昔からあったサプリメントであり、下痢だったり便秘だったりはたまた腹痛だったりした時も、いつだって私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。


CMでは「人には人の乳酸菌」と伝えていますが、効果を実感できる乳酸菌サプリは、ビオフェルミンとなります。
妻は花粉症になってしまったから仕方なく、乳酸菌を取り入れるようにしました。



二年前に花粉症になってしまい、くしゃみと鼻水がでっぱなしです。

お薬を飲むことはしたくなかったので、テレビで取り上げられていた乳酸菌飲料を試用してみました。現在の段階では、花粉症を抑えられています。

病気のインフルエンザに感染してしまうと学校に出席することが5日間できなくなります。

インフルエンザに感染したとしても、発熱は数日で治まるので、つい、登校する気になってしまうかもしれません。
熱が下がったあとでもセキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、他人にうつしてしまう危険性があります。とにかく出席停止の期間を厳守することが集団感染予防には必要なことです。

この前、インフルエンザになってクリニックに行きました。

どれくらい潜伏期間があるのかはっきりしませんが、インフルエンザにかかっている人と接触の機会があって感染したのだろうなと考えられます。
高い熱が3日わたって出て大変苦しい思いをしました。
インフルエンザは高い熱が続くので、通常の風邪より辛いですね。腸や体の健康のために乳酸菌が役立つのは誰でもわかっています。
しかし、乳酸器は胃酸が苦手なので、せっかく食べても胃で死滅して効果が出ないのではという考えを持つ人もいます。実は乳酸菌が生きているかどうかは重要なことではなく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、従って身体全体の健康に大変役立つのです。
一般的な乳製品以外にも、乳酸菌入りの食品があると知り、乳酸菌とは一体何か調べてみました。



いろいろ探してみたら、実は乳酸の菌という意味ではなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類のことになるのだそうです。



このことを知ってましたか?30年余り生きて来て、生まれて初めて知った事実です。夜中に熱が上がって、40℃ほどまで上がって体調が悪化したので、翌日受受診しました。インフルエンザの検査が実施できますよと確認なさいました。
私も、もしかして、インフルエンザだったら、適したお薬を接種できるので、調べたいと願いました。便秘に効く食料品は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食品といわれています。

しつこい便秘の方は、便が強固で腸内に停滞した状態に落ち着いています。

この状態を改善することで、、トイレにいきやすくするため、まず水分と水溶性の食物繊維を摂り入れながら、乳酸菌などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。私の子供がアトピーだと医者からいわれたのは、2歳を迎えた頃です。かゆみがしょっちゅうあり、診断を受けた皮膚科の医者からはステロイドを処方されました。そうしてステロイドを2年と少し続けて、気をつけて様子を見ていたのですが、かゆみや皮膚の赤みは一旦ひいてもまたすぐにぶり返し、ぜんぜん良くなりません。


そのため、ステロイド剤を漢方薬の投与に変更し、食事の見直しも行ってみたら、ようやくそれらの症状も落ち着きました。



アトピーの治療には食べ物も有効です。アトピーに対して効果的な食べ物を心がけることで良い状態の肌へと生まれ変わることができるでしょう。



胃腸などの消化器系へ配慮して免疫力を良くする成分としてヨーグルトならびに大豆食品などを毎日一定量摂取するとアトピーの改善に効き目があります。昔から、乳酸菌が身体に優しいのは有名な事実ですが、一方で効果のない説もあって当然ですよね。
この説も事実かもしれません。
それは、体質には個人差があるほか、あくまでも乳酸菌は菌であって、絶対に、効果が期待できる薬ではないからです。まず、合うかを試してから考えてください。


娘のインフルエンザの予防注射に伺いました。


注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、6歳ながら、注射の針を視認して注射を接種しています。
予防接種の後は怖かったーと表現していました。
見ているからさらに怖いんじゃないかな?と想定しましたが、何も口できませんでした。インフルエンザをあらかじめ防ぐために乳酸菌が効果があるといわれています。

1年くらい前に、テレビで児童に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べてもらったところ、インフルエンザに罹患する子供の人数が大幅に減少したという番組を見たことがあります。
娘がちょうど受験の時期だったので、それ以来、ずっとヨーグルトが食卓に並んでいます。

乳酸菌が腸までたどり着くタイプのヨーグルトが断然いいそうです。



インフルエンザにかかってしまったら、最初に栄養をしっかりと、摂らなければなりません。薬や病院ももちろん大切ですが、栄養を補給することも大切です。

とにかく早くインフルエンザを治すためにも、水分と栄養の補給は忘れずに行いましょう。

朝昼晩と食欲がわかなくても、消化しやすく栄養があるものをできる限り食べてください。最近は毎年恒例のように冬になるとインフルエンザが大流行することが続いています。



年ごとに予防注射をする人も増えてきているようですが、都市部ではとても多くの人が感染しています。
感染の経緯は色々と考えられますが、特に電車や街中、仕事先など、大人数と接触する空間で感染することが考えられます。

乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を作るという部分では一緒なのですが、ビフィズス菌の方はそれに加えて、とにかく酢酸という菌をやっつける成分も作り出す力があるのだそうです。


そう考えても、ノロウィルス対策に適しているとしているのですね。近頃は、いろんな感染症の話を耳にするので、とにかく積極的に摂るといいと思います。



お腹が便で膨れて苦しんだ事って一生のうちに必ず一度は誰もが体験することの一つだと思います。


私もその一人で、大変な時は一週間便が出ないこともあります。

便秘に効果的な薬もありますが、私はアレが身体に合わないみたいなので、便秘改善に穏やかな効果を期待できるオリゴ糖を愛用しています。
お腹に優しく作用してくれるのがいいですよね。乳酸菌を選ぶ方法としては、まずは、気になった乳酸菌を含む商品を試してみることが良いでしょう。最近では、乳製品の味をしていない乳酸菌飲料もありますし、乳酸菌サプリも販売されています。私は腸まで届くような乳酸菌飲料を初めて口にした時、あくる日は、便所から出られなくなったので、休日前に試すといいでしょう。


便秘にいい食物を毎日食しています。ヨーグルトです。



日ごと朝食べています。


食事するうちに、便秘が解消してきました。



あんなにも頑固で、大変だった便秘がなくなってコーラックなどの薬を飲むことも消えうせました今ではポッコリしていた腹部も、痩せてきていて嬉しいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruto
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/clnte5ao9koirl/index1_0.rdf