CMでは「人には人の乳酸菌」と伝えていますが、私にとって

June 06 [Mon], 2016, 22:06

乳酸菌がお腹や体の健康に良いのは誰でもわかっています。







ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、しっかり食べても胃酸で死んでしまって効果はあまり期待できないのではという考えを持つ人もいます。







でも実際のところ乳酸菌が生きていることが重要ではなく食べるだけで腸の免疫機能をアップさせて、ひいては体の健康増進に大変効果的です。







主に一歳から五歳くらいの子どもがインフルエンザ感染し、高熱が出た後、突然けいれんや異常行動、意識障害などの症状を引き起こすのがインフルエンザ脳症なのです。







インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、回復の後に後遺症の残ることもありうるのです。







私はアトピーに最適な化粧水を使い続けています。







友人からすすめられた化粧水は、とても気にしていた私のアトピーを大変きれいにしてくれたのです。







毎日鏡を覗くのが、とても嬉しくなりました。







顔を触る度にスベスベ素肌になったことを喜びに感じます。







私にとっては乳酸菌サプリメントといえば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。







子供の頃から存在していたサプリであり、便秘や下痢やお腹が痛む時でも、変わることなく私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。







CMでは「人には人の乳酸菌」と伝えていますが、私にとっては効果がある乳酸菌サプリとはまずはビオフェルミンなのです。







最近、インフルエンザに罹らないようにするために乳酸菌が効果的だといわれています。







約1年前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大きく減ったというプログラムがありました。







うちの娘が受験を控えておりましたので、それからというもの、ずっとヨーグルトを食べさせています。







乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが格別にいいそうです。







実際、便秘になっても、薬を飲めばいとも簡単に、解決することができるとは思いますが、薬頼りになってしまうのはよくないので、やはりまず最初に食生活を見直してみてください。







特に食物繊維を豊富に含んだ食品を摂ることが効果的で、不溶性水溶性、両方の食物繊維をあわせて摂るのが大切です。







野菜やきのこ類、海草類を多めに食べましょう。







インフルエンザは風邪とは違うもの言われているようです。







その症状は、1日から5日程度の潜伏期間を経過して、急激な高熱となって、3日から7日程度それが続きます。







型によって、筋肉痛、腹痛や下痢など少々違いが見られます。







時として、肺炎を併発したり、加えて脳炎や心不全を起こす事もあり、恐ろしくもある感染症です。







ここ最近、乳酸菌がアトピー改善に効き目があることが見つかってきました。







引き起こすものはいろいろありますが、感じるストレスや乱れた食生活によって引き起こされる場合もあります。







多くのアトピー患者は腸の状態が整っていないため、乳酸菌の力で腸内環境を整備することがアトピーを治す第一歩となります。







アトピーに効果があると噂されている入浴剤をサンプルで受け取りました。







どんな商品でもそうですが、実際、試しに使用してみないと結論を出せないものです。







サンプルの入浴剤はとても肌に馴染んで、使用感が良好でした。







ヒリヒリする事もありませんし、皮膚がつっぱるような感覚もなくて、潤いを保ちます。







便が出ない事って生きていれば必ず一度は誰でも体験するものだと思います。







私もその一人で、最悪の場合は一週間お腹が張った状態のままなんてこともあります。







便秘薬も売られていますが、私はアレをあまり飲みたくないので、ごく自然に便秘を解消できるオリゴ糖で改善しています。







効き方が穏やかなのが安心ですね。







乳酸菌には多くの効果があるようですが、とりわけ、整腸作用に良く効くといわれているようです。







腸内善玉菌の数を多くすることで腸内が活発になり体の中に溜まっていた便がより排出されます。







ですので、便秘や下痢がよくなるといわれています。







乳酸菌を常用することで内臓、腸を整える効果が高まります。







運動不足は筋肉の衰退していくだけでなく、体調不良も引き起こします。







中でも女性に頻繁に症状として見られるのは便が何日も出ないことです。







他お手場、通勤時にエレベーターをやめて階段を使用したり、食事の時に食物繊維が多いものを増やしたりするのが良い方法です。







できるのならば、便秘予防のためにも、週に1、2回は歩いたり、自分好みの運動をして体を動かした方がいいです。







事実、アトピーで出る症状は大変にキツイ症状になります。







季節関係なしに1年中我慢しがたいかゆみとの格闘になります。







夏場の汗はかゆみを増大し、冬は冬で乾燥のせいでかゆみが増します。







また、アレルギーがあることも多く、知らずに摂取してしまうと、痒みの症状だけで済まずに腫れたり、呼吸困難に陥ることもあります。







いつ乳酸菌を摂れば良いのかですが、決まった用法がないのです。







指示が書いてあるところがありますから、目安はそれにして下さい。







摂取するのに比べて、効果を実感できます。







近頃は毎年のように冬になればインフルエンザが大流行しています。







年々予防注射で予防する人も上昇しているようですが、都市部では結構な数の人数がインフルエンザになっています。







感染経路は様々考えられますが、通勤中の電車や街中、職場など、大人数と触れる場所で感染することが考えられます。







おなかの環境を正しく整えると肌がキレイになると知って、実を言うと、ヨーグルト同様に食品だそうです。







「乳」という文字があることから、てっきり乳酸菌は摂取は乳製品からだけしかできないと思っていました。







恥ずかしい気持ちです。







乳酸菌を食べたり飲んだりすると色んな効用があります。







まず、腸内にいる善玉菌を増殖させて悪玉菌を抑え、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。







結果、免疫力が上がり、沢山の健康に対する良い効果が得られます。







アトピーに良い効果があったり、インフルエンザ等の感染症予防にも効果が期待できます。







乳酸菌は身体の健康をより良くする働きかけが高いと言われています。







1才から5才程度の年齢のお子さんがインフルエンザというものに感染し、発熱を起こした後、急に意識障害や痙攣、異常行動などの症状が現われるのがインフルエンザ脳症といったものです。







インフルエンザ脳症は、命にも関わってくる深刻な疾患であり、治癒した後に後遺症が残ってしまう場合もありうるのです。







乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るという点では一緒なのですが、ビフィズス菌にはそれ以外にも、酢酸などの成分も、作る能力があるのだそうです。







だから、ノロウィルス対策に有効だということなのですね。







このごろは、様々な感染症の話を聞くので、とにかく積極的に摂るといいと思います。







腸や体の健康に乳酸菌が良いというのは誰でも理解できます。







しかし、乳酸器は胃酸が苦手なので、積極的に食べても胃酸で死んでしまって効果は期待薄ではという疑いを持つひともいます。







でも実際のところ乳酸菌が生きていることが重要ではなく摂取するだけで腸内の免疫機能を充実させて、従って身体全体の健康に繋がっていくのです。








http://q6ahh2o.seesaa.net/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:clgku9d
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/clgku9d/index1_0.rdf