あすか(アスカ)で北澤

February 10 [Fri], 2017, 23:11
引っ越しして住民票を動かすと、それに伴う手続きの筆頭といえば、自動車などの運転免許証を住所変更することです。多くの場面で運転免許証を写真付き身分証明書として使うので、住所変更の申請も、早めに済ませましょう。引っ越した先の警察署を訪ね、運転免許証にプラスして、本人分の住民票(写し。住所変更後の健康保険証、公共料金領収書なども可)を窓口に出し、必要事項を書いて出せば手続きは完了です。電話回線の移動手続きも、引っ越しの時にはよく考えてみましょう。今どき、固定電話は絶対必要とは言えませんが、引っ越しても生活に電話回線が必要だったら、電話会社との契約、あるいは転出転入などのやりとりを進めなければなりません。書類の往復に手間取っていると、電話が使えないことで生活の一部が不自由になるので、引っ越しの多い時季には先手を打って必要な作業を進めていきましょう。どのような場合でも引っ越しの際にはダンボールを使うわけで、名前入りのダンボールを業者が無料提供することもありますが、業者によっては、お金を取るところもあります。ダンボールが足りなければ、スーパーなどで不要になったダンボールをもらえるはずです。その場合、サイズは一定していません。車に乗せるとき、ダンボールは縦にも横にも積み重ねられるため、同一サイズでない場合、搬出で積み重ねるとき注意してください。どの世帯でも、引っ越すときには使うものがあります。荷造りをするときに使うもので、ダンボールの他、テープ、ひもなどは絶対必要です。どこでも手軽に買えるものですが、引っ越し業者に依頼した場合、契約時にこうした梱包材を無料でもらえるという話もよく聞きます。契約が成立すれば無料なのに結局ダブってしまったと後悔しないよう、まずは見積もり依頼の時に確認するのを忘れないでください。引っ越し専門業者として伝統もあり、実績を知られているのは引っ越しのサカイだといわれています。支店の数は全国170社以上に及び、自社の保有車は3500台超で、大手らしく、充実したサービスを行うことが可能です。幅広いニーズに応えられるよう、スタッフ全員がきちんと仕事をするという評判を維持しており、いろいろなケースも信頼して任せることができます。快適で安全な住環境を構成しているのは家や部屋の中だけではありません。近所との関係も住環境を構成しています。円滑な関係作りのためにも、引っ越したら、ご挨拶を欠かさず行ってください。おみやげを用意した上で訪ねることが大事です。長々と訪問する必要はありませんから良い印象が伝わるようにしましょう。まずは第一印象です。一人暮らしの方が引っ越しすると新居でもベッドを使うかどうか迷ってしまいます。特にワンルームに引っ越す場合はベッドがあるとそれだけで狭く感じられます。さらに、引っ越し業者がいろいろ技を使っても、転居先のドアからベッドの搬入ができないという話も耳にします。余計な心配をしなくて済むよう、まずは布団だけにしてスタートしてみるのも家の中がすっきりしていいかもしれません。地方から上京してきて、今まで3回引っ越しました。引っ越しのきっかけは進学、就職などですが、荷作りにはいつも時間がかかります。私の実感として、単身者の場合は、値が張るのは覚悟して、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うと荷物が丈夫になり、運びやすくなります。スーパーのダンボールやクラフトテープは手軽に入手できますが、強度の差は明らかです。壊れない頑丈な荷物にするために欠かせないものなので、妥協せず手に入れましょう。職住接近したい、家族が増えたり減ったりした、などの理由で引っ越しを検討する世帯が多いかもしれません。この際だからと、不要なものや着なくなった服など思い切って処分して、少しでも身軽になって新しい生活に入ることが多いと思います。ただ、布団を処分したという話はあまり聞きません。引っ越しても同じものを使うことが当たり前になっています。毎晩使っているので引っ越しが手放す機会にならないと思われます。私たち一家の引っ越しの時は子供はちょうど1歳でした。子供でも、引っ越しを経験して環境の変化はわかるものでストレスを感じることもあったようです。子供のものも知らぬ間に増えていたのでもう使わないものを片付けていきました。そんな作業の合間に母子手帳の今までのところを読んでみたんですが、それほど昔のことではないのに、ずいぶん懐かしく感じました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Souma
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる