クリアフットヴェールが繰り返す水虫にアプローチ

April 14 [Thu], 2016, 13:33
治ったと思っていたのに、
またいつの間にか足の指の間の皮がむけていたり、
小さな水ぶくれが潰れてぐじゅぐじゅになっているのを見つけて

ショックを感じたことのある方も少なくないと思います。



水虫はカビの一種である白癬菌が皮膚の中の角質層に侵入して増殖し、
寄生することで発症します。


そしてヒトからヒトへと感染する場合が多々あるわけですが、
これは、水虫を発症した人の皮膚からはがれ落ちる角質(アカ)の中に
白癬菌(水虫菌)がまだ生息しているためであって、

それを素足で踏んだり触れたりすると
白癬菌が付着して感染へとつながります。


最近は、医療機関で処方される水虫薬と同じ成分を含む市販薬が
ドラッグストアなどでも売っているため、
病院にはいかず、セルフケアで治してしまおうとする人もたくさんいます。

しかし、このような市販薬の多くは殺菌にばかり重きを置いているため、
効果の強い薬を日々塗り込んだ足の裏の皮膚は、
あまり健全な(免疫力が整った)状態とはいえません。


そのため、上述したように、自分の足からはがれ落ちた
白癬菌つきのアカを素足で踏んだために、

抵抗できずふたたび水虫にかかってしまう、
などという笑い話のようなこともあるそうです。


そんななか、クリアフットヴェールは殺菌だけではなく、
菌からの防御のことも考慮されたジェルクリームです。

東証一部上場企業である株式会社北の達人コーポレーションという会社が
開発製造を行っていますが、
医薬品ではないので、効果・効能をここでは紹介できません。

ですが、免疫力をバックアップする物質として
いま大注目されているCPL(環状重合乳酸)を配合。

足の裏の皮膚を健康な状態に整え、
「悩みのタネ」が再度侵入してくるのをブロックします。

また現在、足の角質で生息している「悩みのタネ」に対しては、
竹酢液が活動を抑制し、どんどん外へと追い出していきます。

つまり、今ある「悩みのタネ」を追い出しつつ、
もう二度と「悩みのタネ」を寄せ付けないようブロックする、
そんな働きが期待できるジェルクリームなのです。

気になる方は、下記の画像をクリックして、
詳しい情報をご確認ください。
↓  ↓  ↓