肌荒れ原因の1位はクレンジング

November 25 [Tue], 2014, 9:46
【肌荒れ原因の1位はクレンジング】

メイクが落ちるしくみや、
自分のクレンジング方法を見直してみませんか。

肌への負担を最小限に抑える。
こするのも、拭き取るのも肌にとってダメージに。


◇自分のクレンジング方法を見直してみると、肌が「きれい」になります。

クレンジングはメイクアップ料の
「油性の汚れ」を「界面活性剤」の力を借りて落とすものです。

クレンジングに含まれている界面活性剤は、
肌に少なからず悪影響を及ぼしますが、
メイクを落とすためには必要なものです。


だからこそ、
クレンジング料の選び方や
クレンジングの方法が大事になってきます。


■メイクが落ちるしくみ

肌にメイクアップ料がついている状態

最近のメイクアップ料は崩れにくく水をはじくので、水で洗い流そうとしても、十分に

落とすことができません。


油分で油汚れを浮かせ界面活性剤で乳化

メイクアップ料にクレンジング料の油分をなじませて汚れを浮き上がらせ、さらに界面

活性剤で乳化します。



乳化した汚れが水で洗い流せる

界面活性剤によって乳化した汚れは水になじみ、ぬるま湯で流せばきれいに洗い流せます。



【肌荒れ原因の1位はクレンジング】

スキンケアのラインの中で、
クレンジングだけは特別な存在です。


なぜならば、他のスキンケアは毎日のお肌のケアとして使用されていますが、
人工的にのせたメイクアップを無理やり落とすために使うクレンジングは、
「肌の表面へのの負担が大きい」からです。


ですから、クレンジングの種類や使用方法を間違うと、
お肌のトラブルにつながりやすくなってしまいます。

正しいスキンケアには、クレンジング選びがとても重要になります。


では、どのようなクレンジングが肌の負担が少ないのでしょうか?


■オイルクレンジング・・・△
 1、油分が多い
 2、界面活性剤が多く肌荒れしやすい
  (メリット:メイクとはなじみやすい)


■シートクレンジング・・・△
 1、界面活性剤そのものでできている
 2、シートで拭くときにお肌に小さな傷がつく(そこからニキビや湿疹ができ易くなる)
  (メリット:シートで拭けて手軽)


■ミルクタイプクレンジング・・・△
 1、水分が多く、メイクとなじみにくい
 2、やわらかすぎて肌を摩擦させる


■クリームタイプクレンジング・・・○
 1、油分と水分のバランスがよい
 2、メイクの汚れを浮かせやすい


さらに、クリームには過度な硬さがあるため、
クレンジングをするときにクッションとなり、
肌を強くこすらずにすむところもメリットです。



■総合的に考えると、
肌に負担をかけないクレンジングタイプのベストは
「クリームタイプクレンジング」 です。

ただし、お肌に悪さする洗浄成分が入っていることには変わりありませんので、
顔をこするというより、お湯を手のひらにすくって、
顔をお湯につけるような感じで、すばやくすすぐのがベストです。


時間は、約30〜40秒以内でクレンジングできるように心がけてください。

肌の負担は、肌を何回もこすること大きくなり、肌を傷めます。

さらに、クレンジングのあと、
コラーゲンなどは、体内から摂取するようにしましょう。

最近では、コラーゲンをナノサイズまでにした
fアガロコラーゲンEXという美味しいドリンクがあります。

このドリンクは、腸内環境まで整えるfアガロという成分がお腹もスッキリさせ、ダイエットにもなります。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:はなみずき
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる