無添加自然派 

August 22 [Sat], 2009, 17:00
無添加化粧品とか自然化粧品を好んで購入する人って周囲にも結構居ます。
化粧品の成分を見ても何のことやら分からない数字や記号が羅列されている成分が記載されていますね。

同じ成分でもメーカーによって濃度が違ったりするので、化粧品を購入するのってある意味、冒険なんですよね。

私も以前、ある大手外資系の基礎化粧品をワンセット買って、まったく合わずに捨ててしまった経験があります。

サンプルは少量なので、一度使っただけでは自分に合うかどうかが分からなかったりするんですよね。

だから、最初から自然派や無添加化粧品を買った方が無難と考える人がいるってことです。

そして、もう1つの背景としては、敏感肌の人が非常に多くなってきた、ということがあげられます。近年では、花粉症の患者が急増したり、アトピー性皮膚炎を持っている人が増えたりしていますが、市販の化粧品で、肌荒れを起こしてしまう敏感肌の人が多くなってきているのです。そういった方は、これまで化粧品を使うことさえ出来ませんでしたが、無添加の化粧品が世に送り出されるようになってから、これなら使えると言う人が増えました。その化粧品を落とすためには、やはり無添加のクレンジングが必要なわけで、今では、多くの無添加クレンジングが販売されています。無添加とは、鉱物油、防腐剤や保存料などが含まれていない、天然の成分がそのままの状態のことを言っています。以前なら、クレンジングにさえ多くの肌に対する有害成分が含まれていて、なかには皮膚呼吸を止めてしまう化学原料も使われていました。使い続けるとかえって肌トラブルの原因になったりしていたんです。だから今、無添加クレンジングに人気が集まっています。無添加クレンジングの種類もどんどん増えてオイルとジェル、それにクリームなどが販売されています。